omniture

ACCと常石造船、世界最大の造船所太陽光発電所開発で合意

Asia Clean Capital (ACC)
2016-04-21 10:00 581

【舟山(中国)2016年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】アジアクリーンキャピタル株式会社(Asia Clean Capital Ltd.、ACC)は21日、中国浙江省舟山市にある常石集団(舟山)造船有限公司に20メガワットの太陽光発電所を開発すると発表した。合意書によると、常石は屋上スペースを提供し、ACCが設計・建設する太陽光発電システムが生み出す電力を購入する。ACCはシステムコストを全額負担し、設計、建設のほか、長期メンテナンスを担当する。

ACCと常石造船、世界最大の造船所太陽光発電所開発で合意
ACCと常石造船、世界最大の造船所太陽光発電所開発で合意

このシステムは完成すると(1)世界最大の造船所太陽光発電システム(2)世界最大の屋上BIPV(建材一体型太陽光発電)設備(3)浙江省最大の屋上太陽光発電事業――-になり、この分野における最高のシステムになる。

ACCが低グリッドレートで常石に提供する太陽光発電システムによる電力は、システムの耐用年数である25年を通じ、運用費削減を確保できる。経費の節減に加え、20メガワット太陽光発電システムは持続可能性の目標の達成を後押しする。システムは耐用年数の期間中に約60万トンの二酸化炭素排出、もしくは2億5000万リットルのガソリン相当量を削減できる。

ACCのトーマス・ラップハム最高経営責任者(CEO)は「ACCは常石と世界最大の造船所太陽光発電システム開発で協力できることをうれしく思っている。世界でも大手の造船業者である常石がこのような企業とフラッグシッププロジェクトを開発することは、造船業界の持続可能性への注力を奨励することにもつながる」と語った。

▽アジアクリーンキャピタルについて

アジアクリーンキャピタル株式会社(Asia Clean Capital Ltd.、ACC)は中国全土で大手多国籍企業や国内企業にクリーンエネルギー・ソリューションのサービスを提供する主要開発企業。屋上太陽光発電事業に重点を置いており、事業費の100%を投資し、太陽光発電システムの設計、エンジニアリング、機器、政府承認、設置、長期メンテナンスを提供している。生産される電力は全て、現地の送電網よりも安価な合意価格で顧客に提供される。代表的な事業用地は、1-20メガワットの電力需要を有する大規模生産施設。香港を拠点とし、中国の北京に営業所がある。

 ソース:Asia Clean Capital

メディアの連絡先が

投資家ら连络先だった

ACCメディアの広报部の

ACC投資家の広报部の

+8610 5869 1319

+852 2805 7070

mediarelations@asiacleancapital.com

investorrelations@asiacleancapital.com

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160420/0861602645

ソース: Asia Clean Capital (ACC)