omniture

グッドマンとCPPIBは中国におけるパートナーシップを強化し、共同出資額を合計10億米ドルまで増額

CPPIB
2012-08-30 11:00 1486

2012年8月30日シドニー /PRニュースワイヤ・アジア/ --

グッドマングループ(「グッドマン」もしくは「グループ」)とカナダ年金基金投資委員会(「CPPIB」)は、グッドマン・チャイナ・ロジスティクス・ホールディング(「GCLH」)に対し、5億米ドルの追加出資を行うことを発表しました。追加出資額のうち4億米ドルはCPPIB、1億米ドルはグッドマンがそれぞれ拠出することに合意しています。

GCLHは、中国における好立地の高品質な物流施設に対する投資を目的として、2009年に組成されました。2012年6月30日時点で、GCLHは上海、北京、天津、昆山、成都、蘇州を含む6都市で12棟の物流施設を所有しています。与信力の高い優良テナント様にご利用いただいており、ポートフォリオの入居率は100%です。

本日発表した増資により、GCLHに対する両社の出資額は倍増して合計10億米ドルとなり、物流不動産の投資開発を今後も積極的に行っていく意向です。

グループ最高経営責任者であるグレッグ・グッドマン氏は次のようにコメントしています。「中国の主要な市場における高品質な物流施設の需要は高まっています。直近3カ月で上海、昆山、北京、および天津の物件に対し、合計約10万平方メートルの新規賃貸借契約を締結しました。今後も中期的に物流スペースの供給が需要を下回ると予想され、当社の主要顧客からのニーズは引き続き堅調に推移するものと思われます。中国における当社のビジネスは急速に拡大しており、戦略的物流立地に400万平方メートル超の開発用地を取得済み、もしくは取得交渉を進行中です。現在100万平方メートル超の物流スペースに対するお客様の引き合いがあり、そのうち約400,000平方メートルの新規開発プロジェクトが進行中です。また今後12ヶ月以内に、800,000 平方メートル以上の開発を着工することが可能です。」

CPPIBアジア社長の マーク・マシン氏は、「中国における消費財の需要は依然増加基調にあり、近代的かつ効率的な物流施設の需要がますます高まりを見せています。このような市場動向を考慮し、CPPIBは今回の追加出資に合意しました。今後もグッドマンとともに、急速に発展する中国市場に対する長期的な投資を行い、GCLHが良好なパフォーマンスを継続的に達成することを期待しています。」と述べています。

グッドマン氏は、「今回発表した追加出資により、当社とCPPIBとのグローバルな連携はさらに強化されます。中国グッドマンの経験豊富な315名の社員が、今後も中国の主要な市場で近代的かつ高品質な物流施設を提供し、お客様のニーズにお応えしていきます。」とコメントを加えています。

グッドマングループについて

グッドマンに関する詳細はwww.goodman.comをご参照ください。

カナダ年金基金投資委員会について

CPPIBに関する詳細は www.cppib.ca.をご参照ください。

本件に関するお問い合わせは、下記にご連絡ください。

Goodman
Besy Leung
Marketing Director, Asia
+852-2249-3149
besy.leung@goodman.com

CPPIB
Linda Sims
CPPIB
+1-416-868-8695
lsims@cppib.ca

出所:グッドマングループ

ソース: Goodman Group