omniture

シンドラー・トランジット・マネジメント・グループがmyPORTを発表

Schindler Transit Management Group
2014-12-04 12:12 1095

【香港2014年12月4日PRN=共同通信JBN】

*建築環境を移動する際に利用できる全く新しい手段で、これからの建築デザインにとって大きな意味がある

シンドラー・トランジット・マネジメント・グループ(Schindler Transit Management Group)は3日、ビル所有者のセキュリティーを大幅に向上し、居住者の自由度を大幅に高めるスマートフォン用のアプリケーションmyPORTを発表した。

myPORT allows building owners much greater security and occupants much more freedom than ever before
myPORT allows building owners much greater security and occupants much more freedom than ever before
Dr Paul Friedli, Schindler’s Head of Advanced Research unveils the latest myPORT application
Dr Paul Friedli, Schindler’s Head of Advanced Research unveils the latest myPORT application
Unlocking a myPORT phone with a fingerprint or PIN code, provides the user with a pass to obtain entry.
Unlocking a myPORT phone with a fingerprint or PIN code, provides the user with a pass to obtain entry.

myPORTアプリをインストールしたビル居住者は、単にPINコードかTouch IDを使って電話を作動し、それを読み取り機にかざすだけで、当該の建物に入ることができる。利用者にとっては簡単に見えるが、実際にはシンドラーが背後でタイミング、ビルディングトポロジー、マルチデータチャンネルの組み合わせを使って4段階のセキュリティー認証を行い「電子バンキング水準」並みのセキュリティーが確保されている。このスマートフォンの所有者がビルにひとたび入ってしまえば、極めて高い信頼性が与えられる。すなわち、スマートフォンをポケットから取り出さなくても、ドアの開閉、あらかじめプログラムされたエレベーターの利用など、生活全般の利便性の向上がすべて可能となる。

myPORTは、訪問者がmyPORTアプリをインストールしていようがいまいが、スマートフォンを所有する人にはだれでもアクセスを許可する訪問者コントロールシステムを提供する。簡単なフォームを使用するmyPORT電話の訪問者機能によって生成されるSMSを送信することによって、訪問許可が与えられる。訪問者がビルに到着した際、SMSの中に含まれるリンクをクリックすると、それが妥当な訪問であれば、立ち入り許可を得るために入場PORTに表示する特別なビデオコードが訪問者に送信される。使用するビデオコードはシンドラーが考案したもので、電話を読み取るPORTカメラに対して特定の方向や特定の距離で電話機を動かずに掲げる必要がなく、迅速なアクセスが可能である。

myPORTはPORT技術ビジターステーションと組み合わせた使用が可能で、例えばロビーにいる訪問者はビルの中にいうようが外にいようが、訪問相手のmyPORT電話に自分の映像や声を直接送信することができる。このため、アパートの居住者が訪問を許可したいならば、myPORTにあるボタンを押すだけで、外側のドアが開き、的確な階にあらかじめプログラムされたエレベーターを割り当て、さらに必要ならば最終的には部屋のドアも開錠できる。

myPORTを使えば、身体障害者は自分が熟知しているスマートフォンによって道順がコントロールされるので、難解なビルのコントロールシステムを詳細に知っておく必要がなくなる。シンドラーは、サンフランシスコにあるIndependent Living Resource Centerと緊密に協力している。このIndependent Living Resource Centerは、障害のある人々が家族の中でもアクセス可能なコミュニティーの中でも、社会的かつ経済的に完全なパートナーであることの実現を使命としている。この協力の目標は、障害者向けのmyPORTの機能が実際にそれを利用する人々によって設計され、可能な限り最善であることを実現することにある。

日常的な利用において、myPORTは人々の生活を大幅に便利かつ安全にすること約束する。シンドラーの先端研究責任者でPORT技術の生みの親であるポール・フリーデリ博士が指摘するように、それはさらに大きな意義を持つ。同博士は「PORT技術とmyPORTを組み合わせることによって、当初はエレベーター部門の必要性から規定されてきたセントラルコア、フロアプレート、クラッディングなど従来の建築構造モデルはもはや必要ではなくなる。これを実現するために、シンドラーは建築コミュニティーとのコラボレーションを推進し、次世代の都市環境を設計する際にこれらの制約を除去することによって生まれる機会を会得してきた。こうしたことが持つ意味合いは多様であり、極めてエキサイティングなもので、急速な都市化の必要性がわれわれの都市で現在もたらしている多くの問題を解決する方策を提供する可能性がある」と語った。

▽シンドラー(Schindler)について

1874年にスイスで創立されたシンドラーグループはエレベーター、エスカレーター、その関連サービスを提供する世界のリーディングカンパニーである。シンドラーのモビリティー・ソリューションは世界で毎日10億人の人々に利用されている。同社の成功のために、100カ国以上で5万3000人以上の社員が働いている。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141203/8521407199-a
Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141203/8521407199-b
Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141203/8521407199-c
Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141202/8521407199LOGO-a
Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20141202/8521407199LOGO-b

ソース:Schindler Transit Management Group

ソース: Schindler Transit Management Group