omniture

ブリッジワイズ(Bridgewise)がグローバルETFと投資信託のAI主導分析を開始

Bridgewise
2024-07-11 08:00 557
  • ブリッジワイズの画期的なファンド分析ソリューションにより保有銘柄ベースの分析が可能になり、ファンドのリスクとパフォーマンスを詳細に把握します
  • このソリューションは、機関投資家に投資オプションを検討して情報に基づいた売買の意思決定を行うためのユニークでインタラクティブな体験を提供します
  • ブリッジワイズは受賞歴のあるETF業界のベテランであるDeborah Fuhr氏を諮問委員会に加え、ETFセクターにおける同社のネットワークと信用を深めています

シンガポール, 2024年7月11日 /PRNewswire/ -- 本日、グローバル証券向けの金融リサーチインテリジェンスプラットフォームであるブリッジワイズは、ファンドとその原資産を深掘りするために新しいファンド分析ソリューションの発売を発表しました。ブリッジワイズは、機械学習や高度な言語モデルなどのAIを活用しており、市場に出回っているファンドのほぼ90%を幅広く取り扱い、保有ファンド、過去のパフォーマンス、手数料体系の詳細な分析を初めて可能にしています。これにより、機関投資家が投資の精度を高め、原資産が不明なファンドのリスクとパフォーマンスを分析するためのデータ不足という長年の課題を克服することを実現します。

ブリッジワイズは、ETFGIのマネージングパートナー兼創設者であるDeborah Fuhrを諮問委員会に任命しました。
ブリッジワイズは、ETFGIのマネージングパートナー兼創設者であるDeborah Fuhrを諮問委員会に任命しました。

ブリッジワイズは、そのネットワークと信用を深める一環として、ETFGIのマネージングパートナー兼創設者であるDeborah Fuhr氏を諮問委員会に任命しました。氏は、上場投資信託 (ETF) と投資戦略分野での30年近くの経験を持っており、その洞察力と戦略的ビジョンでブリッジワイズの継続的なイノベーションと拡大をサポートすることができます。

ETF、投資信託、その他の同様のビークルは投資家にとって最も人気のある選択肢の一部となっており、2023年にはETFは世界的に年間24%という目覚ましい成長を遂げています[1]。APACでもETF業界は2024年2月に8,463億8,000万ドルの投資を行っており、2023年に記録された記録を上回り、新たなマイルストーンを達成しました[2]。ただし、ファンドに保有する資産の数が非常に多いため、世界の証券の20%未満は、プロのアナリストによって扱われています。包括的な分析が不足して、投資家が適切で情報に基づいた意思決定を行うことは困難です。

ブリッジワイズの最新のファンド分析ソリューションは、取り扱っているグローバル株式の機械学習分析とカスタムマイクロ言語モデル (MLM) という、デュアルAIテクノロジーを利用しています。ファンドを構成資産に分解し、各ファンドの詳細な分析と売買に関する推奨事項を提供します。さらに、ブリッジワイズは、その分析をあらゆる言語で提供することができます。これは、グローバルファンドの障壁を埋めるのに役立ちます。このことは、多様な企業構造と言語の壁が外国人投資家に二の足を踏ませているアジアでは、特に重要です。

ブリッジワイズの共同創設者兼CEOであるGaby Diamant氏は、「これまで、ファンドアナリストは困難な課題を抱えていました。特に一部のファンドが何千もの個別株で構成されている場合、人気のあるファンドのすべての資産を、人間が詳細なファンダメンタル分析を提供できる方法はありませんでした。このような分析を完了するのに丸1年以上かかる可能性があります。当社のAIテクノロジーは、前例のないレベルのファンド分析を可能にするだけでなく、ファンドのほぼ普遍的なカバレッジも可能にしており、それぞれが同じレベルで、詳細な分析と、ファンド内の個々の株式の売買の推奨を行っています。これはAIが、利用可能なデータと豊富な分析情報が含まれたインサイトとのギャップを埋める可能性を特に示しており、市場のダイナミクスと投資機会をより完全に理解できます。」

ETFGIのマネージングパートナー兼創設者であるDeborah Fuhr氏は次のように述べています。「ETFは、世界中の個人投資家やファイナンシャルアドバイザーの間での人気がますます高まっており、グローバル市場、地域、国、テーマに関するシンプルで、流動的で、透明性があり、費用対効果の高い、多様なエクスポージャーを提供しています。5月末の調査によると、世界のETF業界は、60か月または5年連続で月間純流入があり、世界のETF業界に投資された資産は、過去最高の12兆8,900億ドルに達しています。ブリッジワイズでは、個人投資家が十分な情報に基づいた意思決定を行えるよう、投資信託とETFに関する詳細な情報へのニーズの高まりを満たすソリューションを開発しています。」

投資家にとって、新しいファンド分析ソリューションは、インタラクティブな要素、コンテキストレーティング、そして、目標に完全に一致する投資機会を見つけるのに役立つように設計されたその他の機能を備えた、ユニークな体験を提供します。特徴は次のとおりです:

  • 保有銘柄分析 - すべての原資産と、ファンド保有がセクター、国、エクスポージャー、およびその他の要因にどのように配分されているかに関する詳細なインサイトを引き出せます。
  • オルタナティブ分析 - 投資家は、オルタナティブファンドのインタラクティブな比較により、自分に合うファンドを簡単に選択することができます。
  • 売買の推奨事項 - ブリッジワイズは、分析するすべてのセキュリティに関する推奨事項を提供して、必要な規制コンプライアンスに従ってこれを行います。
  • カテゴリーベンチマーク - カテゴリーベンチマークとの段階的な比較を通じて標準的な業界指標にコンテキストを供給することで、あらゆる経験レベルの投資家を支援します。
  • 資産の発見 - 投資家は、ファンド内から追加の原資産に基づいてさらなる機会を追求できます。

ブリッジワイズについて:

ブリッジワイズは、50を超える機関投資家を含む、15か国22言語以上で機関投資家および個人投資家の投資決定を支援するグローバルな金融調査テクノロジー企業です。独自の生成AIベースのテクノロジープラットフォームでは1,000万件以上の分析を提供しており、世界の株式や証券に関する包括的な分析情報を提供しています。

2019年に設立したブリッジワイズは、投資の世界における知識のギャップを埋め、金融市場情報へのアクセスを民主化することを目指しており、以前は大手金融機関のみが利用できた理解しやすく包括的なエクイティリサーチを提供しています。

その偏りのない分析、スコアリング、リサーチは、証券プラットフォームやその他の金融機関のインフラストラクチャーにシームレスに統合でき、オーダーメイドの投資戦略とともにグローバル株式の即時分析を提供し、世界中の多様な投資家が、情報に基づいた投資決定を行うことを可能にします。

ブリッジワイズの詳細については、こちらをご覧ください

[1] ETFGI 202312

[2] ETFGI20243

 

ソース: Bridgewise