omniture

メンタルヘルスの問題に積極的に取り組むZ世代

Scape Australia
2024-07-10 11:12 2008

しかし、新しい研究によれば、若者の身体的自信の欠如、ADHD、そして全体的な目的意識の欠如が蔓延している

シドニー、2024年7月10日 /PRNewswire/ -- 若者向けデジタルエンゲージメントプラットフォーム「Year13」が、学生向け宿泊施設(PBSA)を運営するオーストラリア最大の企業である「Scape」との提携で実施した全国的な若者のウェルビーイング研究によると、Z世代の半数以上がメンタルヘルスセラピーを求めるようになっており、不安や抑うつに悩むオーストラリア人全世代へのサポートが必要であることが示されました。新しい研究では、オーストラリアの若者の間で身体醜形障害(21%)とADHD(27%)の発症率が増加していることが明らかになり、65%が目的を持っていないと述べているように、将来に対する幻滅感が広がっていることも示されています。しかし、前向きな点として、18歳から24歳の若者の全体の53%がメンタルヘルスの治療を受けたことが判明し、彼らがメンタルウェルビーイングに積極的に取り組んでいることが明らかになりました。


2024年5月に実施された「2024年Z世代ウェルビーイング指数」は、18歳から24歳までの2,000人以上の若いオーストラリア人と1,000人のScapeの居住者を対象に、メンタルヘルス、運動、睡眠、食生活のパターンを調査し、この調査は、学校を卒業した若者層を代表し、2023年の開始以来の進捗を追跡しています。この報告書の結果により、Scapeは自社の学生居住者のウェルビーイングを全国の若者と比較することができ、両者は同時に同じウェルビーイング調査を受け、その結果、Scapeに滞在している若者の方が、一般の若いオーストラリア人よりも平均して良好な状態にあることが示されています。

2024年の調査では、オーストラリアの若者の3分の2以上が「十分な睡眠を取れていない」(69%)と述べ、半数以上が「不安に苦しんでいる」(56%)と答えています。また、5人に2人が「友達を作るのに苦労している」(40%)、3分の1が「孤独を感じている」(35%)と回答し、全体として、ほぼ半数が自分のメンタルヘルスを「良くない」または「悪い」(43%)と評価しています。

調査によると、オーストラリアの若者の約3分の2が「十分な時間を屋外で過ごしていない」(67%)、「十分な健康的な食事を摂っていない」(64%)、「十分に身体を動かしていない」(61%)と述べています。若者の約半数が、友人(49%)や家族(46%)と十分に交流できていないと述べています。

2024年における若者のウェルビーイングに対する主なネガティブな影響も明らかになっており、オーストラリアの若者の半数以上が「将来の見通し」(56%)、「疲労やエネルギーレベル」(56%)、「生活費の上昇」(53%)、「燃え尽き症候群」(51%)がウェルビーイングに悪影響を及ぼしていると述べています。

オーストラリアの若者の5人に2人は「自己肯定感の低下」(43%)、「身体イメージの悪化」(41%)、「社交的な不安」(40%)に苦しんでいることを明らかにし、さらに3分の1以上が「うつ病」(35%)に苦しんでいると述べています。

そして、今日の大きな関心事について言えば、若者の半数以上(53%)が女性に対する暴力を懸念しており、これは生活費の高騰(77%)、住宅や賃貸の手頃さ(63%)に次いで、Z世代が懸念する第3位の問題となっており、気候変動(49%)よりも上位です。

調査結果について、Year13の共同創設者であるWill Stubley氏は次のように述べています。「若いオーストラリア人が直面している最も切迫した課題を理解することは、国として若者に対して実質的かつ意義のある支援を提供するための基盤となります。明らかなことは、若者の一世代全体がウェルビーイングに対する継続的な支援と、実行可能なウェルビーイング戦略やレジリエンス構築の支援を必要としているということです。これにより、彼らが健康で幸せな生活を送ることができるようになります。」

「私たちの毎年の若者のウェルビーイング測定は、彼らの課題や成功を理解する手助けとなり、対処が必要な重要な懸念事項を浮き彫りにすることができます。これにより、オーストラリアの若者全体の健康とウェルビーイングを向上させ、ひいてはオーストラリア全体のウェルビーイングを向上させることができます。」と同氏は付け加えました。

専用の学生宿泊施設の利点を裏付ける形で、2024年Z世代ウェルビーイング指数の結果は、Scapeの建物に住む若者にとって著しくポジティブなものであり、積極的なウェルビーイング対策を講じた専用の学生宿泊施設に引っ越すことが、全体的な若者のウェルビーイングを向上させる上で重要であることを示唆しています。

例えば、Scapeの学生は、より良い社会的つながりを報告しており、優れた社会的健康(17%対全国平均の13%)、包摂感と帰属意識(77%対69%)を挙げ、全体的なウェルビーイングが大幅に向上したと感じています。不安を感じる割合(35%対56%)、うつ状態(17%対35%)、孤独感(25%対35%)、社交的な不安(24%対40%)も少なくなっています。

過去1年間で、ScapeはZ世代のウェルビーイングを向上させるために大きな進展を遂げており、学生の全体的な包括的な体験と居住者のウェルビーイングを支援するために、「Safe TALK」というScapeの居住者専用のピアツーピアの自殺予防ワークショップシリーズや、健全な身体的、感情的、精神的な関係を育むことを目的とした「Velocity Empowermentワークショップ」などのプログラムを導入しています。

Z世代にとって重要な社会的つながりとコミュニティを強化するために、Scapeは2024年の前半だけで500以上の学生イベントを開催し、10,000人以上の学生が参加しました。また、Scape専用のセーフティ&ウェルビーイングアプリ「Sonder」の利用は前年同期比で驚異的な533%の増加を記録し、これまで以上に多くの居住者が関与しています。

Scape Australiaの最高経営責任者であるAnouk Darling氏は、「2024年ウェルビーイング指数の結果は、Scapeが行うすべてのステップが意図的であり、Scapeを自宅と呼ぶ学生たちのためにより良いものにするためであることを強く裏付けています。Z世代が前例のない時代の変化の中で周囲の世界を乗り越え、最も脆弱で圧倒されていると感じているこの時期に、私たちは安全な避難所、すなわち「自宅」と呼べる場所、そして快適に生活できる場所を提供しています。私たちは、ウェルビーイングコースからフィットネスや栄養に至るまで、複数のプログラムを用意しています。また、食事の提供やリラクゼーションゾーン、居住者が成長するための設備も整えています。」と述べています。

「彼らはより良い睡眠を取り、メンタルヘルスも改善し、より多くの繋がりを持ち、毎日栄養豊富な食事でエネルギーを得ています。これらの研究結果は、適切に設計された学生寮が若者の生活をより良く変えることができるというさらなる証拠です。」と同氏は付け加えました。

2024年Z世代ウェルビーイング指数の全文は、以下をご覧ください:https://www.scape.com.au/genzwellbeingindex/ 

詳細情報や画像のリクエストについては、Cassette PRまでお問い合わせください。
Claire Pope、シニアコンサルタント、claire.p@cassette.com.au、0422 227 894
Merilla Colovic、戦略ディレクター – プロパティPR、merilla@cassette.com.au、0405 435 248
Ian Walker、PRマネージャー、Year 13、ian@year13.com.au、0401 855 086
Annie Mulders、ナショナルパートナーシップ、annie.mulders@year13.com.au、0418449711
ディレクター、Year13

SCAPE AUSTRALIAについて

Scapeは2014年にオーストラリアで設立され、それ以来、学生向け宿泊施設(PBSA)の最大の所有者および運営者となりました。Scapeは、オーストラリアの4つの主要教育地区(シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード)にわたり、36棟の建物に17,000床以上を有しており、また、計画および開発中の8棟の建物があり、2025年までにポートフォリオは22,000床に達する見込みです。

Scapeは700人以上の従業員を雇用しており、2018年以降、80億オーストラリアドルの資本を投資してオーストラリアの高等教育セクターにおける最大の投資家となっています。

YEAR13について 

2011年に設立されたYear13は、エドテック企業および出版社であり、若者がより幸せで健康的かつ充実した生活を送ることを支援することを目的とし、学校から仕事への移行を改善することを使命としています。Year13のキャリアプラットフォーム「Career Tools」は、オーストラリア最大の学校から仕事への移行プラットフォームであり、1250校以上の学校が利用しています。2023年、Year13はGood Education Groupを買収しました。このグループは、オーストラリアで最も包括的なK-12の学校、大学、TAFEおよび登録訓練機関向けの教育プラットフォームであり、将来の学生や保護者向けの情報を提供しています。

調査について

国別回答数:2,091人(女性48%、男性49%)。Scapeからの回答数:1,421人(女性61%、男性36%)。

 

ソース: Scape Australia