omniture

CGTN:中国とカザフスタンが友好関係を大切にしてさらなる協力を誓う

CGTN
2024-07-05 13:37 1597

北京, 2024年7月5日 /PRNewswire/ --中国の習近平国家主席は火曜日、カザフスタンスカヤ・プラウダ(Kazakhstanskaya Pravda)紙とカジンフォルム国際通信社(Kazinform International News Agency)の署名入りの記事で、中国とカザフスタンは常に互いに支え合い、困難な時期にも常に連携してきたと述べた。

習主席は5度目となるカザフスタン訪問で、空港でカザフスタンのカシム・ジョマルト・トカエフ大統領に歓迎を受け、さらにカザフスタンの国旗の色であるブルーカーペット(中国とカザフスタンの友好関係を象徴するものとしてカザフスタン人が歓迎する色)と中国の歌「祖国への頌歌」を歌うカザフスタンの学生グループも迎えられた。

また、習主席の訪問は2022年9月の前回の公式訪問に続き、2年足らずで2度目の訪問でもある。さらに、習主席とトカエフ大統領は2023年10月に北京で会談している。

中国とカザフスタンの友好関係は、外交関係樹立後の32年間の協力によって強化された数千年前の古代シルクロードに根ざしており、恒久的な包括的戦略的パートナーシップの高レベルに達していると、習主席は水曜日のトカエフ大統領との会談で述べた。

中国とカザフスタンは1992年に国交を樹立して以来、2005年に戦略的パートナーシップを締結し、2011年に包括的戦略的パートナーシップを締結し、2019年には恒久的な包括的戦略的パートナーシップを締結するなど、関係を着実に強化してきた。

中国とカザフスタンの相互信頼と政治的結びつきの深化は、過去30年間、両国の貿易・経済協力の目覚ましい成長を伴ってきた。

中国は2023年のカザフスタンの最大の貿易相手国であり、双方向貿易は前年比32%増の410億ドルに達した。カザフスタンから中国への主な輸出品には、原油、金属、農産物が含まれている。カザフスタン政府のデータによると中国はカザフスタンに機械、電子機器、消費財を供給している。

駐中国カザフスタン大使のShakhrat Nuryshev氏は、人民日報とのインタビューで、両国間の貿易・投資協力がますます拡大している一帯一路構想(BRI)に言及した。

2014年にBRIの下で最初のプロジェクトが開始された中国・カザフスタン(連雲港)物流協力基地から、西中国・西欧高速道路まで、両国は道路・鉄道輸送の開発を通じてより緊密な接続性を推進してきた。さらに、ザナタス風力発電所やトゥルグスン水力発電所など、最近完成・委託されたベンチャー企業は、再生可能エネルギープログラムを通じて低炭素経済を発展させるという両国の決意を強調した。

中国とカザフスタンは、貿易、投資、相互接続性、エネルギーなどの伝統的な分野で協力を継続的に深めていくと、習主席は水曜日のトカエフ大統領との報道陣との合同会談で述べた。

習主席は中国とカザフスタンが双方向貿易を早期に倍増させるという新たな目標を設定したことに言及し、双方は重要鉱物、科学技術イノベーション、航空宇宙、デジタル経済などの分野での協力のための新たな成長ポイントを共同で育成することを付け加えた。

過去数年間、中国とカザフスタンは文化交流と人的交流も深めてきた。たとえば、ルバン・ワークショップや中国伝統医学センターなど、二国間文化協力プログラムが実施されている。3月には、中国でカザフスタン観光年が正式に開始された。

水曜日、習主席とトカエフ大統領は、アスタナ国際大学の北京言語文化大学分校を発表した。

習主席は記者団に対し、人的交流をより一層強化するため、中国は中央アジアの国で第2回ルバン・ワークショップを開催し、2025年にカザフスタンで中国観光年を開催することを決定したと述べた。

習主席は、二国間関係の強化に加えて、中国は、カザフスタンがBRICS協力構想に参加し、国際舞台で「ミドルパワー」の役割を果たし、グローバルガバナンスに対してしかるべき貢献をするよう支持していると述べた。

習主席は、中国とカザフスタンが国際問題で引き続き緊密に協力し、国連、上海協力機構(SCO)、中国・中央アジアメカニズム、その他の多国間枠組みの枠組みの中で調整と協力を強化することを約束したと付け加えた。

習主席は、木曜日のアスタナ・サミットは完全に成功し、SCOを新たな発展レベルに引き上げると信じていると述べた。

https://news.cgtn.com/news/2024-07-03/China-Kazakhstan-cherish-friendly-ties-vow-further-cooperation-1uWoBOrQ53y/p.html

ソース: CGTN