omniture

ICANN DNSフォーラム:国際協力強化のためインターネット専門家がバリ島に集結

ICANN
2024-05-18 03:35 732

3回アジア太平洋DNSフォーラム、2024723日から24日まで開催

ジャカルタ、インドネシア, 2024年5月18日 /PRNewswire/ -- Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)とPengelola Nama Domain Internet Indonesia(PANDI)は、2024723日から24日まで、インドネシアのバリ島で第3回アジア太平洋(APAC)ドメインネームシステム(DNS)フォーラムを開催します。ICANNは、DNSを調整し、グローバルで相互運用可能かつ安全なインターネットを確保する上で重要な役割を果たしている国際的な非営利組織です。PANDIは、.idの指定国コードトップレベルドメイン管理者です。

バリで開催されるAPAC DNSフォーラムは、「橋の建設:インターネットの未来を形作るコラボレーションの強化」をテーマに、地域および国際的な専門家を招集し、インターネットの機会を捉え、その課題に取り組むための協力強化を模索します。技術的なバックボーンとして、DNSはグローバルインターネットとそれが生み出す機会とイノベーションを支えています。DNSが将来にわたってこの重要な役割を果たし続けるためには、市場、技術、利害関係者の協力が不可欠です。この協力がなければ、全員が当然と思っているグローバルに相互運用可能なインターネットが危険にさらされる可能性があります。 

想定されるドメイン名分野の拡大は、経済的機会を解き放ち、言語の障壁を取り除くことで、つながっていない人々をつなげることができると期待されています。フォーラムでは、APAC地域がこのような機会をどのように活用し、デジタルトランスフォーメーションに貢献できるかを探ります。また、立法措置がインターネットに与える影響や、インターネットガバナンスにおけるマルチステークホルダーモデルの重要性についても議論します。

「今年のテーマに沿って、PANDIとICANNはインドネシア、グローバルなインターネットエコシステム、そして地域コミュニティの架け橋となっています。このような協力と関与は、インターネットの将来にとって非常に重要です。このイベントは特に、グローバルなインターネットガバナンスの適切かつ文脈的な範囲において、ブロックチェーン技術をどのように展開し統合するかについての探求を含め、インターネットの将来にとって重要な言説を提供します」とJohn Sihar Simanjuntak氏、PANDI理事会会長は言います。「このイベントを支援してくださっているインドネシア通信情報省に感謝いたします。」

ICANNは地域パートナーとともに、アフリカ、東欧・中央アジア、中南米・カリブ海地域、中東でDNSフォーラムを開催してきました(ICANNとグローバルなDNSコミュニティが、ドメイン名業界とインターネットの将来について協力し、ネットワークを構築し、意見を交換するという目的は同じです)。

「APAC DNSフォーラムをインドネシアで開催し、この地域フォーマットの成功に貢献できることを誇りに思います」とJia-Rong Low氏、ICANN APAC副社長兼マネージングディレクターは言います。「インターネットが私たちの地域に提供する機会と課題を分析することに興奮しており、フォーラムが参加者にとってこれらの洞察から利益を得るためのソートリーダーイベントになることを願っています。」

ハイブリッドAPAC DNSフォーラム2024は、The Westin Resort Nusa Duaで開催されます。

参加登録は、直接参加とバーチャル参加の両方で受付中です。APAC DNSフォーラム2024の開催に先立ち、6月と7月にフォーラムのテーマに関連した4つの事前ウェビナーが開催されます。全スケジュールは2024年5月末までに発表されます。

スポンサーシップの機会もあります。APAC DNSフォーラム2024の詳細および参加については、イベントウェブサイトをご覧ください。

ICANNについて
ICANNの使命は、安定した、安全で統一されたグローバルインターネットの確保を支援することです。インターネット接続で他の人に連絡するには、お手元のコンピュータやその他のデバイスにアドレス(名前または数字)を入力する必要があります。その場合のアドレスは、コンピュータがお互いを見つけられる場所を認識できるよう、一意でなければなりません。ICANNは、世界中で、この一意の識別子を世界中で調整し、サポートする活動をおこなっています。ICANNは、1998年に非営利公益法人として設立され、世界中から参加するコミュニティを総括しています。

PANDIについて

Pengelola Nama Domain Internet Indonesia (PANDI) は2006年に設立され、2013年に.idのレジストリとしてIANAから再委任を受けました。PANDIは、政府、インターネット事業者、学識経験者など、マルチステークホルダーから構成される団体です。.idの登録数は、2023年12月31日時点で951,421ドメイン名となり、東南アジア最大のccTLDに成長しました。.idドメイン名は、インドネシア、アイデンティティ、アイデアなどを表すもので、PANDIが直接管理する独自のドメイン名紛争解決機関を持っています。

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1810953/ICANN_Logo.jpg?p=medium600 

ソース: ICANN