omniture

Yellow.aiが業界初のOrchestrator LLMを発表、トレーニングなしで状況に応じた人間のような顧客との会話を実現

Yellow.ai
2024-05-09 02:41 480
  • Orchestrator LLMは、正確なクエリの識別、会話履歴の保持、チャンネル間のシームレスなコンテキスト切り替えにより、顧客との会話が途切れる問題に対処し、顧客満足度を60%向上させます
  • 顧客の意図を理解し、マニュアルトレーニングなしで適切なツールを起動するため、運用コストが60%削減されます

サンマテオ(米カリフォルニア州), 2024年5月9日 /PRNewswire/ -- 生成AIを活用した顧客サービス自動化のグローバルリーダーであるYellow.aiは7日、パーソナライズされた状況に応じた会話を行いながら、最適な次のステップを決定する業界初のエージェントモデル、Orchestrator LLMを発表しました。コンテキストを保持することで、この生成AIエージェントモデルはより迅速かつ正確な問題解決を可能にし、その結果として顧客満足度が60%以上向上します。

従来のチャットボットは、文脈認識や過去のやりとりの記憶が欠如していることが多くありました。それでは会話が支離滅裂になり、顧客の不満につながりかねません。これらの限界は、意図や発話に関するトレーニングが不十分なため、プログラムされた応答を超えるクエリを処理する能力に限りがあることに起因しています。しかし、大規模言語モデル(LLM)の登場により、自動化された顧客体験におけるパーソナライゼーションの強化がますます実現可能になってきました。このイノベーションをリードするYellow.aiのOrchestrator LLMは、こうした課題に以下のような方法で直接対処します:

  • 高度なコンテキスト切り替えによる顧客体験の向上:Orchestrator LLMはコンテキストの切り替えに優れており、雑談を行い、クエリ間のスムーズな移行を保証し、途切れることのないユーザー体験を提供します。会話を巧みに分析し、複数の意図を認識し、コンテキストを維持することで、突然の終了を最小限に抑えながら、ユーザーを主たる目標に導きます。Orchestrator LLMは、過去の対話をメモリーウインドー内に保持し、元のクエリを再検討することで、より包括的で人間的な会話を促進します。
  • トレーニングなしで業務効率を最大化:Orchestrator LLMは事前のトレーニングを必要とせず、顧客のニーズに合わせた最適なソリューションを提供します。ユーザーのリクエストに応じて、適切なエージェントワークフローや対話型フローのアクティブ化をリアルタイムで決定します。例えば、このモデルは会話のコンテキストを保持しながら、ナレッジベースから情報を取得するか、新しい対話フローを開始するか、あるいはライブエージェントにエスカレーションするかを即座に決定することができます。こうしたプロセスの効率化により、運用コストの60%もの大幅な削減が可能になり、エージェントの生産性を50%向上させることができます

Yellow.aiRaghu Ravinutala最高経営責任者(CEO)兼共同創立者LLMの潜在力を最大限に引き出すには強力なオーケストレーションフレームワークが必要です。当社のOrchestrator LLMは中心的なインテグレーション・ハブとして機能し、さまざまなAIツールやバックエンドシステムとシームレスに連携して、よりまとまりのある、パーソナライズされた顧客体験を実現します。私たちのコミットメントは、社内で複数のLLMを開発し、人間のような体験を自律的に提供するAIファーストのソリューションを使い、顧客サービス分野を再定義するという当社の使命を推進することです。今回の発表は、そうした当社の取り組みを明確に示しています」と述べました。

Waste ConnectionsEric Hansen最高情報責任者(CIOOrchestrator LLMは、顧客サービス業界に真の革命をもたらします。顧客のニーズを予測し、即座に適切な応答を提供するその能力は、顧客ロイヤルティーと運用効率を高めるでしょう」と述べました。

Yellow.aiは、多様な顧客サービスのユースケースに対応する複数の自社LLMの開発で大きく進歩しています。同社は、11以上の地域言語によるインドネシア初の顧客サポートモデルであるKomodo-7Bとともに、ゼロセットアップ、目標指向の会話、要約、Q&A回答を提供するYellowG LLMを立ち上げました。これらのLLMは、幻覚症状率が1%未満、平均応答時間が0.6秒で、企業が設定する厳格な基準を満たすように設計されており、安全かつ正確で、パーソナライズされた顧客とのやり取りを確実に行います。さらに、同社は150以上の企業向け生成AIボットの展開に成功しており、その強固な生成AI機能を示すとともに、顧客サービス向けにAIファーストのソリューションを提供することに注力しています。

デモの予約は( https://yellow.ai/orchestrator-llm/ )をご覧ください。

Yellow.aiについて

Yellow.ai は、生成AIを活用した顧客サービス自動化プラットフォームを通じて、企業が顧客と記憶に残る会話を生成できるようにします。同社のビジョンは、比類のない効率を実現し、運用コストを大幅に削減する未来の完全自律型顧客サポートの実現を推進することです。サンマテオに本社を置くYellow.aiは、ソニー、ドミノ・ピザ(Domino's)、ヒョンデ(Hyundai)、Ferrellgas、Waste Connections、ランスタッド(Randstad)など85カ国超の1100社以上の企業にサービスを提供しています。同社のプラットフォームはマルチLLMアーキテクチャーに基づいて構築されており、年間160億を超える会話で継続的に訓練されているため、企業は高度な体験を提供し、永続的な顧客関係を構築できます。2016年に創業し、6カ国にオフィスを構えるYellow.aiは、優良投資家から1億200万ドル以上の資金を調達しました。

▽問い合わせ先
Anujaa Singh
anujaa.singh@yellow.ai 

Logo: https://mma.prnasia.com/media2/2061481/4450110/Yellow_ai_Logo_Logo.jpg?p=medium600

 

ソース: Yellow.ai