omniture

ファーウェイがアジア太平洋地域でインダストリアルインテリジェンスを実現する一連のF5G-A製品とソリューションを発売

Huawei
2024-05-07 14:07 589

【バンコク2024年5月7日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)初のGlobal Optical Summit (GOS) — Asia Pacific(グローバル・オプティカル・サミットーアジア太平洋地域)がこのほど、「F5G-A, the Foundation for Industrial Intelligence(F5G-Aはインダストリアルインテリジェンスの基盤)」をテーマにバンコクで開催されました。このイベントには、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアなどの国々から300人を超える顧客とパートナーが参加しました。サミットでは、ファーウェイはアジア太平洋地域向けの一連のF5G Advanced(F5G-A)製品とソリューションを発表し、世界中でOptiX Clubメンバー募集イベントを開始し、アジア太平洋地域でのインダストリアルインテリジェンスを実現しました。

Bob Chen氏は開会のスピーチで「光コネクティビティーとセンシングは、インテリジェントなインダストリアルトランスフォーメーションの基礎となってきました。インダストリアルインテリジェンスは、光産業にFiber-in Copper-out、fgOTN-in SDH-out、Optical-Sensing-in Hard-Work-outの3つのトレンドをもたらします。ファーウェイは業界に深く関与し、インダストリアルインテリジェンスを可能にする革新的な光技術を継続的に研究してきました」と述べました。

Huawei Launches a Series of F5G-A Products and Solutions
Huawei Launches a Series of F5G-A Products and Solutions

サミットで、ファーウェイのエンタープライズ・オプティカル・ビジネスドメインのプレジデントであるGavin Gu氏は「インダストリアルインテリジェンスは、光学業界に3つの新しいトレンドをもたらします。F5G-Aは、これらのトレンドに対する明確な技術進化のロードマップを示しています。顧客、パートナー、ファーウェイの共同努力により、インダストリアルインテリジェンスによってウィンウィンの結果が得られると、私は確信しています」と語りました。

家庭やキャンパスでは「Fiber-in Copper-out」が採用されており、銅ケーブルを光ファイバーに置き換える必要があります。ホームブロードバンドテクノロジーは、ファイバー・ツー・ザ・ホーム(FTTH)からファイバー・ツー・ザ・ルーム(FTTR)までに発展しており、家庭のデジタルライフに究極の体験を提供しています。このような状況を背景に、ファーウェイはFTTR時代に向けてISPのオールオプティカルターゲットネットワークを立ち上げました。

キャンパスネットワークの「Fiber-in Copper-out」向けに、ファーウェイは次世代FTTO 2.0ソリューションを発表しました。このソリューションでは、ファーウェイはXGS-PON ProおよびWi-Fi 7テクノロジーを使用して、帯域幅、ネットワーキング、O&Mをアップグレードし、グリーンな10Gbpsのオールオプティカルキャンパスを構築するために、部屋への12.5/25GおよびAPへの10Gを実現しました。さらに、ファーウェイは業界初の商業用途向けの50G POLソリューションを発売し、高性能キャンパスシナリオの要件を満たしました。

電力業界および運輸業界の「fgOTN-in SDH-out」では、ファーウェイはfgOTN規格をサポートする業界初のオールオプティカルネットワークソリューションを発表し、業界向けに強固で信頼性の高い通信ネットワークを構築しました。

3番目のトレンド「Optical-sensing-in Hard-work-out」では、インテリジェントな遠隔操作を活用して現場での手作業の作業量を大幅に削減し、スマートトラスポーテーションやペリメーターインスペクションなどのシナリオで従業員が屋外の現場からオフィスに移動できるようにします。ファーウェイは、ビジョン、レーダー、光ファイバーのセンシング機能を高度なインテリジェントモデルと統合し、業界をリードする多次元センシングソリューションを構築し、生産と運用を促進します。

今回のサミットでファーウェイは、Installation Process and Construction Guidance for Passive Optical LAN and fgOTN Technical White Paper(パッシブオプティカルLANの設置プロセスと構築ガイダンスとfgOTNテクニカルホワイトペーパー)を発表し、顧客とパートナーをさらに支援し、オールオプティカルネットワークの業界標準化を促進し、アプリケーションの実装を加速しました。最後に、ファーウェイはOptiX Clubメンバー募集イベントを世界中で開始すると発表しました。業界の技術コミュニティーを構築することで、ファーウェイは地域のインダストリアルデータインテリジェンスの促進を目指しています。

ソース: Huawei