omniture

ユビキタスインテリジェンスをつなぐF5.5Gオールオプティカル・プレミアムコンピューティングネットワーク

Huawei
2024-04-18 13:41 543

【深セン(中国)2024年4月18日PR Newswire=共同通信JBN】第21回Huawei Analyst Summitの期間中、「Building F5.5G All-Optical Target Network, and Ushering in 10 Gbps UBB Intelligent Era(F5.5Gオールオプティカルターゲットネットワークを構築し、10Gbps UBBインテリジェント時代を切り開く)」フォーラムが開催されました。同フォーラムでは業界関係者が、F5.5Gオプティカルテクノロジーを家庭や産業のインテリジェンス構築にどのように適用するかについて討議しました。また、同フォーラムでファーウェイ・オプティカルビジネス製品ライン(Huawei Optical Business Product Line)のBob Chenプレジデントは次のように述べました。「これからの10年でインテリジェント時代に向けて力強く歩むには、高品質のコンピューティングベアラーネットワーク、つまりF5.5Gオールオプティカル・プレミアムコンピューティングネットワークを構築し、そのコンピューティングパワーは99.9999%の可用性で常時接続され、1ミリ秒の遅延で瞬時にアクセスできることが必要です。ユビキタスな10Gbpsアクセスにより、そのネットワークはどこからでもコンピューティングパワーにアクセスできるようになり、ユビキタスインテリジェンスを接続することで、さまざまな産業におけるインテリジェンスが実現可能になります」

Bob Chen, President of Huawei Optical Business Product Line
Bob Chen, President of Huawei Optical Business Product Line

AI基盤モデルなどの技術は、さまざまな産業に急速に統合されつつあります。また、インテリジェント時代において、インテリジェントなコンピューティングデータセンターは、これまでの一元型から離れてマルチレイヤーの分散型アーキテクチャー開発を加速しており、ネットワークに新たな課題と要件を提起しています。

F5.5Gオールオプティカル・プレミアムコンピューティングネットワークがコンピューティングパワーをもたらす最良の選択肢であることは間違いありません。それは次の3つの要素で構成されます:

まず、3Dメッシュ・バックボーン・コンピューティングネットワークです。3Dメッシュアーキテクチャー、400G/800Gの超高帯域幅、99.9999%の可用性を備えるこのネットワークは、インテリジェント・コンピューティングデータセンター間のノンブロッキング相互接続とロスレスコラボレーションを実現し、事業者、産業、データセンター、インターネットのコンピューティングリソースを効率的に接続します。

2に、ワンホップのメトロ・コンピューティングネットワークです。フルメッシュのメトロ・コアネットワークによってインテリジェント・コンピューティングデータセンター間の最短パスが可能になり、相互接続の遅延が1ミリ秒まで短縮します。さらに、エッジOTNはオールオプティカルスイッチング、サービスのワンホップ伝送、ネットワークアクセス時のコンピューティングアクセスを実行し、個人、家庭、企業の1ミリ秒以内のコンピューティングアクセスの要求を満たします。

3に、10Gbpsインテリジェント・アクセスネットワークです。家庭への50G PONと室内への10G FTTRにより、10Gbpsの超広帯域パイプが形成されます。さらに、アクセスサービスのインテリジェントな識別、インテリジェントなハードスライシング、アップストリームOTNハードパイプとの相互接続により、クラウドPCやクラウドレンダリングなどの高いコンピューティングパワーを必要とするサービスに、ローカライズされたエクスペリエンスを提供します。

さらに、複雑なネットワークの効率的なO&M(運用・保守)を実施し、コンピューティングパワーの高速アクセスをサポートし、コンピューティングパワーが常時オンであることを保証するために、インテリジェントな管理・制御プラットフォームが構築されています。

業界全体の協力を共同で推進する目的で、業界の代表者がスピーチに招かれました。WBBAのMartin Creanerディレクターゼネラルは「世界のギガビット・ブロードバンドサービスの加入率は2028年までに44%以上に達するでしょう」と予測し、「業界は協力し、各地域のブロードバンドインフラ整備の不平等に対処するとともに、OTNのボトルネックを解消してギガビットのユーザーエクスペリエンスを保証する必要があります。AI時代の到来に伴い、業界も10ギガビット社会への準備を始めるべきです」と述べました。

Martin Creaner, Director General of WBBA
Martin Creaner, Director General of WBBA

Optical Network Alliance(ONA)Gao Hongfu副マネジングディレクターは「F5.5G規格のリリースにより、Wi-Fi 7は将来のキャンパス構築に使用され、10Gbpsのアップグレードが加速するでしょう。キャンパスネットワークにとって、銅線ではなくファイバーを採用する動きは避けられません」と提起しました。

最後に、フォーラムの参加者全員が、F5.5Gオプティカル産業の発展のチャンスを活用し、それと同時に10Gbps UBBインテリジェント時代を迎え入れることに向け、シナリオに応じたアプリケーションと体験の高度化に関して業界全体で緊密に協力することを支持しました。

ソース: Huawei