omniture

Bloomageは日本の PMDA 実地監査に合格し、世界的な品質管理の卓越性を実証しました

Bloomage
2024-04-15 08:30 2153

東京、2024年4月15日 /PRNewswire/ -- この度、Bloomageは日本の医薬品医療機器庁(PMDA)のGMP監査に合格致しました。PMDAは日本の医薬品および医療機器の品質、安全性、有効性に責任を負っています。この監査結果は、Bloomageのグローバル品質管理体制の優れた実績が再び国際的に認められたことを示しています。


日本のPMDA監査に加えて、Bloomageは米国FDA、韓国MFDS、中国NMPAなどの主要な規制機関の検査も合格しています。さらに、ISO9001、ISO13485、ISO22000などの国際認証を取得し、米国cGMP、中国GMP、ICHQ7の基準に適合した高品質な生産ラインを構築しました。また、CEP、KOSHER、HALAL、VEGANなどの登録資格も取得し、製品の品質と信頼性を広く認められるようになりました。

Bloomageは、品質管理の重要性を外部の認証にとどまらず、企業の核心理念を貫いております。同社は研究開発、生産、検査など全工程を包括的にカバーする品質管理体制を確立し、研究開発から上市に至るまで厳格な基準を満たした製品を提供するために最高品質責任者制度を設けています。

現在、Bloomageは世界に5つの子会社を持ち、ビジネスは70以上の国と地域に広がり、4000社を超える医薬品、医療・美容、化粧品、食品などの企業に高品質なサービスを提供しています。

将来、Bloomageは「すべての生命を生き生きと」という企業使命の下、技術力、商品力、ブランド力を核に企業競争力を高め、より高品質の生理活性物質原料の研究開発を行い、コアバイオテクノロジーを活用した更なる発展を目指してまいります。

ソース: Bloomage