omniture

最先端技術のパイオニア: ハイエンド医用画像開発企業VITAL HealthCareがCMEFデビュー

VITAL HealthCare
2024-04-13 20:00 558

【上海2024年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】VITAL Groupの5つの中核事業部門の1つVITAL HealthCareが2024年4月11日、上海で開かれた第89回中国国際医療機器展(China International Medical Equipment Fair、CMEF)で鮮烈なデビューを飾りました。VITAL HealthCareは、同グループの研究開発のコアコンピタンスと豊富な最高品質の原材料、デバイス、モジュール、システム研究開発リソースを活用し、初出展ながらその将来を見据えた製品開発計画で注目を集めました。

VITA PCCT
VITA PCCT

同展示会でVITAL HealthCareは、先進的な画像処理ソリューションのポートフォリオを明らかにしました。ラインアップの筆頭は、開発中の光子計数CT(PCT)システム「VITA PCCT」で、画像診断の未来を再定義する次世代CT画像処理技術です。また、いずれも現在準備中の超高磁場MRI「VITA 7.0T」と「VITA PET/CT」、さらに既に市販されている超電導MRI「ASTA 1.5T」も紹介されました。それぞれ独自の強みを持つこれらの製品は、病状の早期発見と正確な診断を支える柱です。それらは、医用画像の最先端の開拓と、ハイエンド医用画像製品業界全体のマトリックス構築に対する、VITAL HealthCareの献身的取り組みの好例でもあります。

従来のCT技術に革命を起こすPCCTは、光子計数とエネルギー分析にCZT(テルル化亜鉛カドミウム、CdZnTe)検出器を使用した光子計数ベースの断層撮影法を採用、通過する各X線光子の正確な測定と記録を可能にし、内部構造の比類ない詳細を明らかにします。PCTTの革新的な直接画像処理は、クロストーク、電子ノイズ、エネルギー混合といった従来のCT画像の制約を超越し、微細な異常をピンポイントで特定するための基本である画像解像度を大幅に向上させました。さらに、PCCTの高感度化と光子計数精度は、より少ない放射線被曝でより良い画像を提供、患者が直面する放射線リスクを最小限に抑えます。PCCTは、光子のさまざまなエネルギー特性によって物質や組織を区別する能力により、実際のマルチスペクトルイメージングにも優れています。変化とイノベーションの時代において、ハイエンド医用画像はチャンスと課題の2つの状況に直面しています。VITAL HealthCareは、研究開発投資を強化し、技術的優位性を研ぎ澄ますことで、相乗的なパートナーシップを通じて世界の医用画像業界全体の成長を促しつつ、市場参入範囲を広げていきます。

ソース: VITAL HealthCare