omniture

BuildTech Asia 2024は、将来を見据えた建設セクターに向けて地域の協力、専門家の育成、知識の向上を推進

Constellar
2024-03-12 17:12 1037

【シンガポール2024年3月12日PR Newswire=共同通信JBN】アジア太平洋地域の建築・建設業界をリードするプラットフォームであるBuildTech Asia(BTA、ビルドテックアジア)は、2023年3月19日(火)から21日(木)まで、Singapore EXPO Hall 2で、その第13回目を開催します。Constellar(コンステラ)が主催する今年のBTAは、持続可能性の課題と生産性の最適化に取り組むことで、アジア太平洋地域の建築・建設業界が未来に適応することに焦点を当てます。BTA 2024は、Digital Solutions for the Built Industry(建築業界向けデジタルソリューション)、Innovative Materials & Finishes(革新的な材料と仕上げ)、Integrated Facilities Management(統合施設管理)、SMART Building & Construction(SMARTビルディング&建設)、Sustainable Construction(持続可能な建設)という5つの重要な側面を深く掘り下げます。参加する国・地域はシンガポール、オーストリア、カナダ、中国、フィンランド、ドイツ、香港特別行政区、イタリア、マレーシア、ノルウェー、韓国などです。


中国機械エレクトロニクスショー(CMESS2024シンガポールとともに地域への影響を促進

中国企業から東南アジア企業までに及ぶ建築・建設バリューチェーン全体への地域的アクセスを可能にすることを目的に、中国機械エレクトロニクスショー(CMESS)2024シンガポール(China's Machinery & Electronics Show in Singapore(CMESS)2024)がBTA 2024と同時開催されます。100社を超える中国企業が参加して同時開催されることで、この地域の建築環境と建設セクターでの最新イノベーション、トレンド、チャンスを紹介する戦略的プラットフォームが確立します。これには、電気機械のイノベーションから最先端の建築技術、材料、仕上げソリューションまでが含まれます。BTA 2024とCMESS 2024を合わせて150社以上が出展し、3日間で5000人を超える参加者が見込まれます。

BTA 2024の主要カンファレンスのテーマ:スマートテクノロジー、職場の安全、持続可能な実践

BTA 2024は、次の機関と協力し、6つのカンファレンスで40超のセッションを開催します。Asia Pacific Assistive Robotics Association(APARA)、The Chartered Institute of Building(CIOB)、International Powered Access Federation(IPAF)、Royal Institution of Chartered Surveyors(RICS)、Specialists Trade Alliance of Singapore(STAS)、Singapore International Facility Management Association(SIFMA)、Workplace Safety and Health Council(WSH Council)。これらのカンファレンスとセッションの目的は、AIとロボットの統合、安全なMEWP(移動式高所作業台)の実践と強化、業界のための持続可能なアプリケーションとグリーンマーク認証における専門的な開発と知識の向上を目指す建築専門家を支援することです。参加者は洞察に富んだセッションを期待することができ、CPD(継続的専門能力開発)やその他の専門家認定ポイントを獲得することができます。これらのセッションには以下が含まれます。

 Day 1:建築環境変革フォーラム(Built Environment Transformation Forum

* 建築建設庁(BCA)のTan Chee Kiat副最高経営責任者(Deputy CEO)が基調講演を行い、建設バリューチェーン全体における卓越性と相乗効果を達成するためのコラボレーションの影響力と推進力に焦点を当てます。
*「Realising the Future: How AI and Connected Technologies are Transforming Construction for Enhanced Productivity, Safety and Sustainability(未来を実現する: AIと接続技術がどのようにして建設業を変革し、生産性、安全性、持続可能性を高めるか)」–AI SingaporeのLaurence Liewディレクター
* パネル討論会「The Role of BIM (Building Information Modelling) in Building Resilient Construction and Collaboration回復力のある建物の建築とコラボレーションにおけるBIM建築情報モデリングの役割」。パネリストはAndi Sanjaya Tjong氏(Singapore Chapter)、Persatuan Insinyur Indonesia氏(PII)、Lean Construction Institute, Indonesiaの社長兼創設者Budi Utomo氏、Lendleaseのデジタルエンジニアリング・リードRenee Jain氏。司会はTurner & Townsendのデジタル担当ディレクターSiti Norman氏。

 Day 2、午前:建築環境におけるAIロボティクス(AIBotics @ Built Environment

* 基調セッション「New Developments on Adopting Technologies in the Built Environment建築環境における技術導入の新展開)」–Tech Capital(マレーシア)の会長でGlobal Robot Clusters副社長のIshikandar Baharin博士
*「Buildings as Carbon Sinksカーボンシンクとしての建物)」–Soletair Power Oy(フィンランド)CEO、Petri Laakso氏、「The Future of Build Environment - a Technology Perspective建築環境の未来-テクノロジーの視点から)Global Robot Clusters(シンガポール)のOliver Tian副社長

 Day 2、午後:IPAF MEWP安全シンポジウム(IPAF MEWP Safety Symposium

* 「Managing Safe Use of Machinery and Eliminating Downtime機械の安全使用管理とダウンタイムの排除)」-TrackunitのアジアDBディレクター、Bernard Tan氏
* 「Tech Talks-MEWP Safety Enhancements(テックトークス–MEWPの安全性強化)」Terex Singaporeの東南アジア担当ゼネラルマネジャー、Sharon Foong氏、Haulotteのアジア太平洋製品マーケティングマネジャー、Julien Micheli氏、APC TechnologiesのCEO、Jasling Ong氏、LGMGのアジア太平洋MEWPビジネスディレクター、Jinlong Lee氏

 Day 3、午前:建設業界のESGの波に乗る(Riding the ESG Wave in the Built Industry

* オープニング基調講演「Building a Greener Future, Digitally and Definitively(デジタルで確実に、より環境に優しい未来の構築)」-Singapore Green Building CouncilのLee Ang Seng会長
* パネル討論会「An Application Perspective on Sustainability in the Built Industry建築業界での持続可能性応用の展望)」-パネリストはAISの持続可能性&ビジネスアドバイザリー部門ディレクター、Ternasser Chwee氏、C&W Servicesの販売&イノベーション部門責任者、Kheng Hwa Cheong氏、CapitaLand Investmentのグループ持続可能性担当副社長、Darren Teoh氏、PAGの実物資産、資産管理アジア担当エグゼクティブディレクターのAndrew Nicholson氏

 Day 3、午後SIFMAサステナビリティーブートキャンプ – ネットゼロ国家に向けて(SIFMA Sustainability Boot Camp – Towards a Net Zero Nation

* 注視すべきセッションとしては、BCAによるグリーンマーク2021の最新情報、Guocolandによるグリーンマーク・プラチナ認証への道のり、L-QuBE Pte Ltdによるグリーンマーク2021のエネルギー効率に関する話題などがあります。

また、シンガポール中国商工会議所(SCCCI)と中国機電産品進出口商会(CCCME)は、CMESSとともに2024 Conference on International Industrial Cooperation(Singapore)(2024年国際産業協力会議(シンガポール))を開催します。セミナーの討論テーマには、グリーンエネルギーとデジタル化、国際的な産業と教育の統合、コーポレートガバナンスとコンプライアンスの実践、産業投資と協力などが含まれます。

職場の安全におけるイノベーションを強調する新しい体験ゾーン

展示会場では、BTAとIPAFおよびWSH Councilの協力による、職場の安全のためのイノベーションとテクノロジーも展示されます。WSH Technology Experience ZoneWSHテクノロジー体験ゾーン)では、参加者は安全監督者の役割を担い、建設現場でよく見られる安全上の危険を特定する能力を試すことができます。参加者はポータブルカメラやビデオ分析を操作して安全上の危険をリアルタイムで検出したり、360カメラを使ったスマート点検を実施してプロジェクトの進捗状況を追跡し、作業現場の最初の撮影では検出されなかった安全上の危険を特定したり、電子作業許可証の申請を完了することができます。それにより、現場で進行中の危険性の高い作業活動を統合表示し、矛盾する作業の特定が容易になります。

 IPAF Safety ZoneIPAF安全ゾーン)では、参加者はGalmon Singapore、LGMG、 Modern Singaporeといった業界大手による最先端機械のデモンストレーションに参加し、安全性と効率性を調和させた高度な機能についての洞察を直接得ることができます。また、わくわくするような賞品が当たる双方向ゲームに参加したり、業界の主要な関係者とつながりを持ったり、ネットワークを構築して将来の協力関係を模索したりすることもできます。

BTA 2024は生産性を高めるための革新的かつ持続可能なソリューションを強調

BTA 2024で注目すべき新発表は以下の通りです。

 AMPD Energy Singapore Pte LtdAmpd Enertainerは次世代の建設プロジェクトに、ディーゼルに依存しない電力を供給する先進的なエネルギー貯蔵システムです。

 Creaform × Flow Wayの産業用携帯3DスキャナーであるMAXシリーズは、約1×1mの3Dスキャンエリアを提供し、大きく複雑な、あらゆる表面の正確な3D測定を実行するために開発されました。

 Doxa Holdings International Pte Ltdの共同取引プラットフォームDoxa Connexは、建設セクターのバイヤー、サプライヤー、金融業者を結び付けるのと同時に、より優れた可視性、ガバナンス、コンプライアンスを提供します。

 Dynaset OYの最新の油圧機器とコンプレッサーは、移動機械、車両、船舶の油圧力を、建設現場で使用する高品質な電気と圧縮空気に変換します。

* 信頼性の高いバッテリーエネルギー貯蔵システムであるInfinity Cubeは、電力網、発電機、再生可能な太陽エネルギーなどの様々な電源に柔軟性を提供します。

 BIMAGE Consultingの先進的なAIソリューションは建設工程を変革し、効率を高め、ワークフローを最適化し、シームレスなAI統合によって意思決定を改善します。

 Wacker Neuson Singapore Pte LtdAPU3050eリバーシブル振動プレートは、全高が最も低く設計された炭素排出のない駆動システムで、溝やその他の狭いスペースでの締固めに最適です。

BTA 2024ではシンガポールパビリオンも設置され、20社を超えるシンガポール企業の革新的なソリューション、最新機器、持続可能で環境に優しい材料が展示されます。STASとの共同企画でシンガポールパビリオンに出展する企業は、Antbuildz Pte Ltd、AMPD Energy Singapore Pte Ltd、Bimage Consulting Pte Ltd、ConcreteAI Pte Ltd、Lingjack Digital Pte Ltd、PCSS Consultancy Pte Ltd、PDS International Pte Ltd、Planradar Singapore Pte Ltdなどです。

BTAとCMESS 2024は、2024年3月19日から21日まで、Singapore EXPO Hall 2と3で開催されます。

* 参加登録はこちらからお願いします
* 参加企業の確認はBTACMESS
* BTAのカンファレンスの追加情報はこちらをご覧ください

BuildTech Asia(ビルドテックアジア)について

BuildTech Asiaは、建築ライフサイクル全体にわたる最新のスマートソリューションと生産技術を紹介する、アジア太平洋地域における建築環境セクターのプレミアプラットフォームです。国際的なブランドと地域のブランドが、現場での建設機械・設備、建築材料・ソリューション、建築・高品質仕上げ、生産技術、施設管理、インフラソリューションなど、最も包括的な展示プロフィールを紹介し、建築環境セクターの迅速でスマートな建設を加速することを支援します。BuildTech Asiaは毎年開催されており、建築・建設業界の実務家、技術エキスパート、業界関係者、開発者、代理店、販売業者など、幅広い層の方々とネットワークを構築するためのアジアへのゲートウエーです。

Constellarについて

Constellarは持続可能なビジネスを成長させ、世界的なインパクトを与えるために企業を招集し、アイデアを厳選し、チャンスを創出するためのアジアで好まれるパートナーです。当社はシンガポールに本拠を置き、中国、インド、マレーシア、インドネシアの各地域で業務を展開し、主要な産業やセクターに向けて影響力のある貿易・消費者向けイベントを企画・開発し、持続可能な成長のために人々、グローバル市場、ネットワークを結び付けています。また、シンガポール最大の会議・インセンティブ・コンベンション・展示会(MICE)専用会場であるSingapore EXPOの運営も行っています。当社のビジョンは、MICE業界における知的財産(IP)の総合的なポートフォリオを通じ、業界を超えたコラボレーションとイノベーションを可能にするインパクトのあるネットワークを活性化し、アジアで生まれたグローバルリーダーになることです。より詳しい情報はconstellar.co をご覧ください。

ソース: Constellar