omniture

Kinnate Biopharma社、治験薬Pan-RAF阻害剤「exarafenib」を ピエール・ファーブル研究所に譲渡

Pierre Fabre
2024-03-04 23:19 651
  • Kinnate社とピエール・ファーブル・ラボラトリーズ社は、exarafenibおよびその他のpan-RAFプログラム資産の全世界における権利について、資産購入契約(APA)を締結しました。
  • 今回の契約は、Kinnate社が以前発表した戦略的選択肢の追求をさらに推進するものです。
  • この買収は、ピエール・ファーブル研究所がプレシジョン・オンコロジー分野での取り組みを推進し、RAFおよびRAS固形がんにおける標的治療を必要とする患者へのリーチを拡充する機会の提供を目的としたものです。  

サンフランシスコ、サンディエゴ、カストル, フランス, 2024年3月4日 /PRNewswire/ -- Kinnate Biopharma Inc(ナスダック:KNTE)(「Kinnate「(以下「当社」という)と、がん領域におけるグローバル企業であるピエール・ファーブル・ラボラトリーズ社(Pierre Fabre Médicament, SAS、以下「ピエール・ファーブル研究所」という)は、本日、両社が締結したAPAに基づき、当社の治験薬pan-RAF阻害剤であるexarafenibおよびその他のpan-RAFプログラム資産の売却に合意したことを発表しました。全世界における権利の売却は、当社が以前発表した戦略的選択肢の検討を進めるものです。

Kinnate社のCEOを務めるNima Farzan氏は、「ピエール・ファーブル研究所との提携を喜ばしく思います。同社は、RAFおよびRAS駆動型固形がんにおける標的治療薬の世界的な開発と商業化において重要な専門知識をもたらす会社です」。  「ピエール・ファーブル研究所に当社のexarafenibおよびpan-RAFプログラム資産を売却することで、このようなプログラムが世界的に拡大し、NRAS駆動型メラノーマおよびBRAF駆動型固形がん患者に対する標的治療のさらなる発展が期待されます。」 

「現在までに得られた臨床データおよび前臨床データに基づき、exarafenibは、現在承認済み標的治療薬がないNRAS変異メラノーマなどの固形がんを標的とするpan-RAF阻害薬として、クラス最高の製品特性を示す可能性があると考えています」と述べました。Kinnate社から当社に加わるexarafenibおよび他のpan-RAFプログラム資産は、encorafenibおよびbinimetinibによる既存のBRAFおよびMEK阻害剤ポートフォリオを補完するものです。ピエール・ファーブル研究所の医療研究開発部長のFrancesco Hofmann氏は、「今回の買収は、プレシジョン・オンコロジーにおける当社の取り組みをさらに拡大し、RAFおよびRAS固形がんにおける標的治療を必要とする患者さんへのリーチを広げる機会を提供するものです」と補足しました。 

APAの契約内容に基づき、ピエール・ファーブル研究所はexarafenibおよびその他のpan-RAF資産を買収し、これらの資産に関連する現在進行中のプログラムおよび費用を100%引き受けます。その対価として、Kinnate社は、exarafenibまたはその他の買収資産に関する最初の主要臨床試験における最初の患者の投与、またはexarafenibまたはその他の買収資産に関する米国食品医薬品局(FDA)の早期承認プログラムに基づく早期承認申請、またはexarafenibまたはその他の買収資産に関する薬事承認申請のいずれか早い方を条件として、締結時の50万ドルと3,050万ドルの合計3,100万ドルを受領します。加えて、ピエール・ファーブル研究所は、譲渡資産に対する500万ドルを上限とする仕入債務を引き受けます。本取引は締結条件付ではなく、署名と同時に成立しました。

Kinnate社の株主は、XOMA社(以下「XOMA社」という)との取引に関連して既に発表された通り、3,050万ドルの臨時支払金により支払われる純利益(XOMA社との取引に関連して締結される予定である条件付価値権契約(以下「CVR契約」という)に従い、適用可能な費用、経費、税金またはその他の控除を差し引いた後)の100%を受領することになります。なお、これは、仮にXOMA社との取引が完了し、CVR契約に基づき、当該契約締結日から5年以内に当該利益が受領された場合のこととします。  50万ドルの締結時支払いは取引経費に充当されるのみであるため、純利益はありません。

Lazard氏はKinnate社の財務顧問を、Wilson Sonsini Goodrich & Rosati社は法律顧問を務めました。

Kinnate Biopharma社について 

詳細は、Kinnate.comをご覧ください。また、最近の活動については、LinkedInをフォローしてください。 

ピエール ファーブル ラボラトリーズについて  

ピエール・ファーブル研究所についての詳細については、http://www.pierre-fabre.com およびX(旧Twitter)の @PierreFabreをご覧ください。 

重要な追加情報とその入手先

Kinnate社の買収提案に関連して、XOMA社またはその関連会社は、Kinnate社、XOMA社、およびXOMA社の完全子会社であるデラウェア州法人XRA 1 Corp.の間で締結された2024年2月16日付の合併契約および計画(以下「合併契約」という)に基づき、Kinnate社の発行済全株式を対象とする公開買付け(以下「株式買付」という)を開始する予定です。本株式買付はまだ開始されておらず、本通知は当社普通株式またはその他の有価証券の購入ないしは売却を推奨するものではありません。本公開買付の開始日に、XOMAおよびその買収子会社は、買付提案、送達状および関連文書を含むSchedule TOによる公開買付説明書を米国証券取引委員会(以下「SEC」という)に提出し、Schedule 14D-9による意見表明書をSECに提出する予定です。本公開買付けは、Schedule TOの一部として提出される買付提案、送達状および関連文書に従ってのみ、発行済普通株式の買付けを行います。投資家および証券保有者は、随時修正または補足される可能性があるため、本公開買付けに関する公開買付説明書(買付提案、送達状および関連文書を含む)および本公開買付けに関する公開買付説明書(買付提案、送達状および関連文書を含む)を読むことが求められます。また、意見表明書(Schedule 14D-9)は、本公開買付けの諸条件を含み、投資家および証券保有者が応募に関する意思決定を行う前に検討すべき重要な情報が含まれているため、公開買付説明書が入手可能になった時点で、随時、修正または補足される可能性があります。投資家および証券保有者は、SECが管理するウェブサイトwww.sec.gov、または公開買付説明書に記載される本公開買付の情報代理人に直接請求することにより、これらの説明書(入手可能な場合)およびSECに提出されたその他の書類のコピーを無料で入手することが可能です。投資家および証券保有者は、当社ウェブサイト(https://investors.kinnate.com/)の「財務情報」セクションの「SEC提出書類」サブセクションにて、当社がSECに提出または支給した書類を無料で入手することも可能です。

将来の見通しに関する記述についての注意事項

本発表には、本取引がピエール・ファーブル研究所に及ぼす意図された影響に関する記述を含むが、これらに限定されない将来の見通しに関する記述が含まれています:ピエール・ファーブル研究所の今後の活動に対する本取引の意図された効果に関する記述、当社の最高経営責任者およびピエール・ファーブル研究所の医療研究開発部長の発言、APAに基づき当社が受領する対価、ピエール・ファーブル研究所がAPAに基づき当社が受領する対価、APAに基づきピエール・ファーブル研究所が引き受ける債務、CVR契約に関する当社の確信と期待および声明、APAおよびCVR契約に基づき当社株主への収益が支払われる可能性がある場合、APAに基づくexarafenibまたはその他のpan-RAF資産 関連する純利益または偶発的支払いに関するもの。これらの記述は、「予想する」、「信じる」、「継続する」、「可能性がある」、「見積もる」、「期待する」、「目標」、「意図する」、「かもしれない」、「だろう」、「計画する」、「可能性」、「予測する」、「計画する」、「はずである」、「目標とする」、「予定する」、「たぶん」などを含みますが、これらに限定されない、将来見通しに関する用語の使用によって識別される可能性があり、また同様の表現は将来見通しに関する記述の識別を意図するものです。将来見通しに関する記述は、歴史的事実でも将来の業績を保証するものでもなく、リスクと不確実性を伴うため、実際の結果は、そのような将来見通しに関する記述によって予測、表明または暗示されるものとは大きく異なるものとなる可能性があります。これらのリスクおよび不確実性には以下を含みますが、それらに限定されるものではありません:本公開買付に応募する当社株主の割合に関する不確実性を含め、本合併契約に定める様々な完了条件が充足または放棄されない可能性、競合するオファーが出される可能性、当社が主要な人材を確保する能力、本公開買付け、Merger Subと当社との合併、および本合併契約およびCVR契約により企図されたその他の取引(以下、総称して「本取引」という)が適時に、または全く完了しない可能性があり、当社の事業および当社普通株式の価格に悪影響を及ぼす可能性があること、提案されている本取引に関連する多額の費用、本取引に関連する株主代表訴訟が多額の弁護費用、補償費用、および賠償責任をもたらすリスク、CVR契約に関連する活動が当社の株主に価値をもたらさないリスク、およびSECに提出された当社の最新の年次報告書および四半期報告書、ならびにその後のSECへの提出書類に記載されているその他のリスクおよび不確実性。このようなリスクや不確実性の結果、当社の実際の業績は、ここに記載されている将来見通しに関する記述で説明されている、または暗示されている将来の結果、業績、成果とは大きく異なる可能性があります。提案されている取引が実際に完結する保証はありません。投資家の皆様におかれましては、将来見通しに関する記述に過度に依存しないよう注意するようお願いします。

本通知に含まれる将来見通しに関する記述は、本書の日付現在においてなされたものであり、当社は、法律で明示的に義務付けられている場合を除き、今後の出来事や新たな情報などの結果であるかどうかを問わず、将来見通しに関する記述の更新義務を負いません。本書に記載の将来見通しに関する記述はすべて、この注意事項によってその全体が制限されています。

Kinnate社連絡先 

Investors@kinnate.com  

ピエール・ファーブル研究所 メディア連絡先  

Laurence Marchal
laurence.marchal@pierre-fabre.com

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2351631/Pierre_Fabre_Kinnate_logo.jpg?p=medium600

ソース: Pierre Fabre
Related Stocks:
NASDAQ:KNTE