omniture

サンダーソフトがMWC2024でスマートデバイス・イノベーションソリューションを展示

ThunderSoft
2024-02-27 15:28 345

【バルセロナ(スペイン)2024年2月27日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするオペレーティングシステム(OS)製品と技術のプロバイダー、サンダーソフト(ThunderSoft)は、MWC2024で革新的なスマートデバイス製品とソリューションを発表しました。これらの最先端ソリューションは、最新のインテリジェントIoTオペレーティングシステムを搭載、人工知能のパワーを活用することで数多くの新機能を使用可能にし、スマートデバイスのユーザー体験を大幅に向上させています。

新しいIoT技術、AI、エッジコンピューティング、クラウドコンピューティング、その他の先進技術をオペレーティングシステムレベルでシームレスに統合することで、サンダーソフトはさまざまなコンピューティングプラットフォームで比類のないシステム最適化を実現しました。これにより、イヤホン、スピーカー、PC、ARメガネなど幅広いスマートデバイスにおいて、カスタマイズされたシステム調整、アルゴリズムの最適化、容易なモデル展開が可能になります。その結果、自然言語に基づく人間とデバイスのスムーズなインタラクションが促され、デバイスや空間の間のパーソナライズされたインタラクションが助長されて、スマートデバイス向けインテリジェント体験の全く新しい時代が到来しました。

Rubik AIイヤホン・ソリューション

サンダーソフトは、Rubik大規模言語モデル(LLM)をイヤホンと統合し、ユーザーが自然言語理解、マルチターンチャット、コンテンツ生成機能のメリットを享受できるようにしました。この統合により、AIを活用した音声アシストが可能になり、ユーザーのための効率が向上しました。Rubik LLMは、クラウドベースのモデルで最適化されると、イヤホンで素晴らしい性能を発揮します。

Rubik AI PCソリューション

Qualcomm、インテル、AMDがより高い演算能力を持つPCチップを発売しており、AI PCのハードウエア基盤は整っています。従って、OEMが製品の差別化を図るには、システムの性能とソフトウエア・アプリケーションのスムーズさがより重要な戦場となります。最適化されたオンデバイス・モデルサイズ、クロスプラットフォーム機能、事前に統合されたコーディング支援Rubik Studio、その他のオンデバイスLLMアプリケーションを備えたRubik AI PCソリューションにより、OEMは包括的機能と優れた性能のAI PCを迅速に発売できるようになります。

Rubik ARアシスタント・ソリューション

ARメガネはマルチモーダルモデル向けの優れたハードウエアキャリアで、カメラ、ディスプレー、マイク、各種センサーなどの豊富な周辺機器を備え、多次元データの認知およびプレゼンテーションを可能にします。サンダーソフトは視覚モデル、言語モデル、音声モデルをARメガネと統合し、販売、観光、スポーツ、その他のシーンで応用可能な、パーソナライズされたインテリジェントARアシスタントをつくり上げました。

スマートデバイス・ソリューションとカスタマイズサービスの提供における専門知識が実証されているサンダーソフトは、オペレーティングシステムの大規模カスタマイズを成し遂げ、幅広いシーンで人工知能、エッジコンピューティング、クラウドコンピューティング技術の導入を加速し、スマートデバイス・イノベーションを実現できます。

▽サンダーソフトについて

インテリジェント・オペレーティングシステム製品と技術のプロバイダーとして知られるサンダーソフト(ThunderSoft)は、オペレーティングシステム分野で蓄積と革新を継続しており、事業をスマートフォンからスマート車両、AIOT、スマート産業にまで徐々に拡大しています。

ソース: ThunderSoft
Related Stocks:
Shenzhen:300496