omniture

「スペースデブリ」会議は、3つの示唆に富むパネルディスカッションと、宇宙監視と持続可能性の分野での協力で活動を締めくくる

Saudi Space Agency
2024-02-13 22:08 726

リヤド(サウジアラビア), 2024年2月13日 /PRNewswire/ -- Space Debris Conference(スペースデブリ(宇宙ゴミ)会議)の閉幕は、世界の宇宙経済を推進するために第4次産業革命によってもたらされた機会を活用しながら、宇宙ゴミがもたらす差し迫った課題に対処する上で重要なマイルストーンになりました。470人を超える専門家、講演者、業界リーダーが出席した最終日のセッションでは、宇宙活動の安全性と持続可能性を確保するために極めて重要な革新的ソリューションを掘り下げました。

Opening ceremony attended by Saudi Minister of Communications and Information Technology, H.E. Eng. Abdullah Alswaha, Saudi Space Agency CEO, Dr. Mohammed Saud Al-Tamimi and Secretary General of ITU, Doreen Bogdan-Martin.
Opening ceremony attended by Saudi Minister of Communications and Information Technology, H.E. Eng. Abdullah Alswaha, Saudi Space Agency CEO, Dr. Mohammed Saud Al-Tamimi and Secretary General of ITU, Doreen Bogdan-Martin.

オープニングセッション「Modern Technologies and Strategic Measures and Their Impact on Space Traffic Management(最新技術および戦略的措置とそれらが宇宙交通管理にもたらす影響)」では、宇宙交通管理技術の進歩に焦点を当て、宇宙交通の流れの向上と、予防的な回避戦略を発動するための潜在的な衝突予測における人工知能の役割が強調されました。

6番目のセッション「Focus on the Sky(空に焦点を当てる)」では、参加者は安全性と持続可能性を確保する上での宇宙認識の重要性について議論しました。参加者は宇宙物体の動きの追跡と予測の発展を検討し、宇宙認識の包括的なインフラストラクチャーを確立するための国際協力の必要性を強調しました。

最後のセッション「Towards Innovative Solutions for Space Debris Challenges(スペースデブリ課題の革新的解決策に向けて)」では、有効な法的枠組みと適応的な予防措置の必要性が強調されました。講演者らは、スペースデブリ課題に対処するためのロードマップを策定するために、学術機関、規制当局、民間部門、政府機関が協力するよう求めました。

参加者はサウジアラビアのデジタルトランスフォーメーションと先駆的な会議の主催におけるサウジアラビアの役割を称え、宇宙、技術、イノベーションにおける前進を推進してきたサウジ王国のデジタル能力の統合システムを認めました。

会議中、NorthStarおよびLeoLabsとの2つの協力了解覚書が署名され、それぞれ、宇宙状況認識および宇宙監視における協力強化を目的としています。これらのパートナーシップは、知識を交換し、宇宙探査における将来の機会を探求するというコミットメントを反映しています。

科学的な議論の結果、スペースデブリ課題に対処するための効果的なグローバルガバナンス・メカニズムのソリューションと戦略を説明する推奨事項と成果が得られました。Saudi Space Agency(サウジアラビア宇宙庁)がUNOOSA(国連宇宙部)およびCommunications and Space Technology Commission(通信宇宙技術委員会)と協力して主催したこの会議は、環境の持続可能性に対するサウジ王国の取り組みと民生目的の衛星分野におけるベストプラクティスの採用を再確認しました。

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/2338399/Saudi_Space_Agency.jpg?p=medium600

ソース: Saudi Space Agency