omniture

元JAXA宇宙飛行士の野口聡一博士がVoyager宇宙諮問委員会に加わる

Voyager Space
2024-02-09 16:11 1353

デンバ, 2024年2月9日 /PRNewswire/ -- 宇宙探査のグローバルリーダーであるVoyager Space(Voyager)は9日、野口聡一博士が同社の諮問委員に任命されたと発表しました。野口博士は航空技術者であり、元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士であり、宇宙から地球への3つの異なる方法での突入を達成した世界初の宇宙飛行士です。同氏がVoyager諮問委員会に加わったことは、同社の宇宙探査の取り組みを拡大し、人類にとってより良い未来を築く上でのもう1つの重要なステップになります。

日本出身の野口博士は、航空宇宙および工学分野で尊敬されるリーダーです。野口博士は、国際宇宙ステーション(ISS)のいくつかのミッションの乗組員およびフライトエンジニアを務めたほか、スペースシャトル・ディスカバリーのミッションSTS-114に参加し、3回の船外活動(EVA)を実施して軌道上でシャトルの熱保護システム・タイルの飛行中修理技術を実証し、2009年にはソユーズ宇宙船で日本人初の「レフトシーター」として飛行しました。同氏はISSで船外活動を行った最初の宇宙飛行士であり、最近では2020年にSpaceXのCrew Dragon(クルードラゴン)宇宙船に搭乗して宇宙に行った最初の米国人以外の宇宙飛行士となりました。

Voyager SpaceのDylan Taylor最高経営責任者(CEO)兼会長は「野口博士が宇宙で直に体験したことと、航空工学における彼の広範な経歴は、彼が当社の諮問委員会に非常に適している多くの理由のうちの2つにすぎません。野口博士は極めて重要な時期に私たちのチームに加わりました。私たちは彼を迎え入れることができてうれしく思っています」と語りました。

27年間の宇宙飛行士生活を経て、野口博士は、合同会社未来圏代表、国際社会経済研究所理事、株式会社IHIエグゼクティブ・アドバイザー、三菱商事サステナビリティアドバイザリーコミッティー、東京大学および立命館大学特任教授など、いくつかの役職を歴任しました。東京大学で航空工学の学士号と修士号を取得し、先端工学の博士号を取得しています。

野口博士は「宇宙探査の限界を押し広げ続けるVoyager宇宙チームに私の経験と視点をもたらすことを楽しみにしています。Voyagerはグローバル志向の企業になることに注力しており、このチームの継続的な成功を導くお手伝いができることを光栄に思います」と語りました。

野口博士は、そのキャリアを通じて、NASA Spaceflightメダル2回、NASA Distinguished Public Serviceメダル2回、ロシア連邦から友好章、JAXA Outstanding Service Awardなど、数々の賞や栄誉を受賞しています。

Voyager Spaceについて
Voyager Spaceは、宇宙と地球上で人類のより良い未来を構築することに専念しています。35年以上にわたる宇宙飛行の伝統と2000回を超えるミッションの成功により、Voyagerは商業宇宙革命を推進しています。Voyagerは、民間および国家安全保障機関、営利企業、学術研究機関などを含む世界の顧客ベースに、探査、テクノロジー、防衛ソリューションを提供しています。

将来の見通しに関する記述に関する注意事項
本プレスリリースには「将来の見通しに関する記述」が含まれています。Voyager Space, Inc.(当社)の使命宣言および成長戦略に関する記述を含む、歴史的事実の記述を除くすべての記述は、「将来の見通しに関する記述」です。当社の経営陣は、そのような将来の見通しに関する記述が合理的であると考えていますが、そのような予想が正しい、または今後も正しいことを保証するものではありません。これらの将来の見通しに関する記述には多くのリスクと不確実性が含まれており、当社の将来の業績が予想と大きく異なる可能性があります。潜在的なリスクや不確実性には、一般的な経済状況や当社が事業を展開する業界に影響を与える状況、規制要件と承認の不確実性、必要な資金を許容できる条件で調達する能力、あるいはまったく調達できないことなどが含まれます。将来の見通しに関する記述には、既知および未知の不確定要素や、場合によっては当社が制御できないその他の要素が含まれており、実際の結果、活動レベル、業績または成果に重大な影響を及ぼす可能性があるため、読者は将来の見通しに関する記述を過度に信頼すべきではありません。将来の見通しに関する記述は、将来の出来事に関する当社の現在の見解を反映したものであり、運営、運営結果、成長戦略、流動性に関するこれらのリスクおよびその他のリスク、不確実性および仮定の影響を受けます。当社は、理由の如何を問わず、これらの将来の見通しに関する記述を公に更新または修正する義務、または将来新しい情報が入手可能になったとしても、実際の結果がこれらの将来予想に関する記述で予想されるものと大きく異なる可能性がある理由を更新する義務を一切負いません。

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/2310476/4537931/Voyager_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Voyager Space