omniture

CGTN:中米友好を思い描く習近平国家主席、人々の役割を強調

CGTN
2023-11-18 01:53 486

北京、2023年11月18日 /PRNewswire/ -- 2023年10月、103歳になる米国の退役軍人パイロット、Harry Moyer氏が北京の万里の長城に挑戦しました。

Moyer氏は、第二次世界大戦中に中国南部で中国と共に日本の侵略に対抗した勇敢な奉仕をしたのち、約30人のメンバーからなる代表団とともに、フライング・タイガースの退役軍人の家族らと共に、80年ぶりに中国に帰国しました。

「私にとって、フライング・タイガースの精神とは友情を意味します」と、フライング・タイガースの退役軍人Clifford R. Long Sr氏の曾孫であり、訪問団の最年少メンバーであるJackson Long氏は語りました。

特に万里の長城への旅について、「帰国したら、中国での旅のことを友人に話すつもりです。私が撮った写真を見せようと思います」と、15歳の少年は興奮した様子で述べました。

水曜日、中国の習近平国家主席は、サンフランシスコで開かれた晩餐会で、「フライング・タイガースの物語は、血と火の試練に耐えた中国人とアメリカ人の友情が代々にわたって受け継がれることを証明しています」と述べました。

中米関係の希望は人々にある

習主席は、中米関係の未来は、両国の人々によって築かれるものであり、人と人との交流のためにより多くの橋を架け、より多くの道路を舗装するよう呼びかけました。

続けて、中国と米国は直行便の増便、観光に関する高次元の対話、ビザ申請手続きの合理化など、旅行を容易にし、人と人との交流を促すためのさらなる措置を展開する、と述べました。

習主席は、「私たちは、両国民がより多くの訪問、接触、交流を行い、新しい時代に新たな友好の物語を書くことを望んでいるのです」と語りました。

習主席は今年、米国のヘンリー・キッシンジャー元国務長官やビル&メリンダ・ゲイツ財団のビル・ゲイツ共同議長など、米国のゲストと会談し、中国と米国の関係の希望は人々にあり、その基盤は自分たちの社会にあると強調し、その未来は若者次第であり、その活力は国家レベルの交流から生まれると強調しました。

晩餐会では、アップルのティム・クックCEOやテスラのイーロン・マスクCEOなども、約400人の招待客の中にいました。

2人のビジネス界の大物は今年、ともに中国を訪問しています。5月に中国の王文濤商務相と会談した際、マスク氏は米中関係はゼロサムゲームではないと述べました。マスク氏もまた、中国市場に対する信頼を表明し、相互の利益のために協力をさらに深める意向を伝えました。

習主席は水曜日、「もっと多くの米国の州知事、議会のメンバー、さまざまな職業の人々が中国を訪れることを歓迎します」と述べました。

「人々との交流を増やすため、特に若者同士の交流を促進するため」として、習主席は、中国が今後5年間で5万人の若い米国人を交流・研修プログラムのために中国に招待する準備ができていることを発表しました。

中国は米国のパートナーとなり、友人となる覚悟がある、と習近平は語りました。

ウィン・ウィンの協力の余地は十分にある

また、習主席はウィン・ウィンの協力が中米関係の固有の性質であることを強調し、両国には協力の余地が十分にあり、互いの成功とウィン・ウィンの成果の達成を十分に助けることができると指摘しました。

さらに、「中国が提案する『一帯一路構想』やグローバル開発イニシアティブ、グローバル安全保障イニシアティブ、そしてグローバル文明イニシアティブは、米国を含むすべての国に常に開かれています」と、習主席は述べました。

水曜午前のジョー・バイデン米大統領との会談において、習主席とバイデン大統領は、協力を進め、米国が薬物乱用に取り組むのを支援するため、麻薬対策に関する作業部会を設置することで合意しました。

習主席は、中国はフェンタニルが米国民、特に若者に与えた苦痛に深く同情していると述べました。

また、両国のトップは教育、留学生、若者、文化、スポーツ、ビジネスコミュニティ間のさまざまな二国間の交流を拡大することについて、重要な合意に達しました。

「偉大な大義が成されるためには、人々に根付き、人々から力を得て、人々によって成し遂げられる必要があります。中米友好を発展させることは、そのような偉大な大義なのです」と、習国家主席は晩餐会で語りました。

https://news.cgtn.com/news/2023-11-17/Envisioning-China-U-S-friendship-Xi-highlights-role-of-people-1oMzxr4Fe5W/index.html

 

ソース: CGTN