omniture

デジタルで繁栄、電力向けインテリジェンスを加速

Huawei
2023-11-13 17:51 659

David Sunファーウェイ副社長兼Electric Power Digitalization BU最高経営責任者(CEO)

【深セン(中国)2023年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】デジタルの生産性を高めるには、中核機能を体系的に構築する必要があります。特にコンピューティング能力と送電容量の向上は、新しい電力システムの建設を加速させる上で極めて重要です。

1. 電力とコンピューティング能力を中心とした新しい電力システムの構築

新エネルギーは、従来の電力システムの形態、特性、メカニズムを大きく変えるでしょう。電源-送電網-負荷-蓄電システムの統合と共同開発により、インテリジェントな電力への要求が高まっています。一般的なコンピューティングからAIコンピューティングまで、そしてシングルポイント・コンピューティングからクラウドエッジとデバイスのコラボレーション・コンピューティングまで、デジタルインテリジェンスを実現し、利益を得るためには体系的なコンピューティング・アーキテクチャが必要です。電力企業に典型的なガバナンススタイルに基づき、クラウド-エッジ-デバイスのシナジーを持つSparkアーキテクチャを提案しました。このアーキテクチャは、電力会社がプロフェッショナルでサービス指向の本社、集中管理されたビジネスシステム、無人/最少人員の拠点を構築するのに役立ちます。

2. 強力な送電が保証

送電は通信の鍵です。より高度な送電能力を早急に準備する必要があります。ゲームの一歩先を行くことが重要です。同時に、さまざまなシナリオに適した通信技術を見つける必要があります。

オンデマンドで安全かつスムーズな接続があらゆる面で利用可能になって初めて、私たちはすぐにインテリジェンスを体験できます。

3. イノベーションは生産性向上の出発点。アーキテクチャのイノベーション、モデルのイノベーション、エコシステムのイノベーションが不可欠

アーキテクチャのイノベーション:企業のデジタルトランスフォーメーションのリファレンス・アーキテクチャから、コンピューティング・アーキテクチャやターゲット通信ネットワーク・アーキテクチャなどのテクニカル・アーキテクチャに至るまで、イノベーションはすべてのレイヤーに浸透していなければなりません。

モデルのイノベーション:ビジネスとデジタル技術を統合した新しいモデルを開発することで、ビジネスとデジタル技術のギャップを埋め、歴史的な業績を未来につなげ、急成長する電力会社のデジタル化を支援できます。重要なのは、最新の専門情報を持つパワー・エキスパートに権限を与え、デジタル化の敷居を下げ、全従業員の創造性を取り入れ、刺激することにあります。

エコシステムのイノベーション:James Moor氏が提案したオープンなコスタリカ・モードは、この業界にはるかに適しています。オープンなエコシステムモデルは、皆がそれぞれの強みを発揮し、共有することが可能であると同時に、すべての参加企業間で業界や業界横断的なケーパビリティー(特性・能力)を共有することを可能にします。

デジタルシナリオは、電力会社、シンクタンク、業界団体が共同で定義します。デジタル化は、有能なソリューションプロバイダーやインテグレーターだけでなく、ICTベンダーやパートナーも必要とする体系的なプロジェクトであり、すべてがこの困難なキャンペーンにおいて果たすべき役割を担っています。

ファーウェイはデジタルチャイナの礎を築き、世界にOne More Beautiful Choiceを提供することに尽力します。私たちは、デジタル分野で得意とすることに集中し、業界の顧客やパートナーと協力して、インテリジェントな電力のより良い未来を築きます。

詳細はhttps://e.huawei.com/en/industries/grid をご覧ください。

ソース: Huawei