海外向け配信. PR Newswire -世界最大のプレスリリース配信、メディアモニタリングサービスプロバイダ

日本人の春節旅行先トップはバンコク

2018-02-14 10:24

【シンガポール2018年2月14日PR Newswire=共同通信JBN】

*アゴダの予約データによると、アジア全体の旅行者の春節旅行先トップは東京

世界オンライン旅行予約プラットフォームのアゴダ(agoda)(https://www.agoda.com/ )によると、アジア旅行者の中国の旧正月(春節)行き先トップの座は2年連続してバンコクが占めていたが、2018年に東京がとって代わった。

 

▽アジア旅行者の春節行き先トップ10

2018年の春節の旅行先として、京都が初めてランクイン、大阪が2016年の9位から3位に上昇して、日本の3都市がトップ10入りした。リゾート地では唯一、タイのプーケットがトップ10に入った。

東京に近い横浜中華街はカウントダウンパーティー、伝統的な獅子舞、パレード、ランタンフェスティバルなど2週間のイベントを開催、その魅力が世界各地から旅行者を引き付けている。外国人訪問客の主要グループは台湾(26%)、韓国(15%)、中国本土(15%)である。

シンガポールは2016年の3位から2018年は8位、チェンマイは2016年の7位から2018年は12位にそれぞれランクを下げた。

 2016年                                2017年                              2018年

1. バンコク(タイ)               1. バンコク(タイ)             1. 東京(日本)

2. 東京(日本)                  2. 東京(日本)                 2. バンコク(タイ)

3. シンガポール                    3. クアラ(マレーシア)*   3. 大阪(日本)

4. クアラ(マレーシア)*   4. 台北(台湾)                  4. 台北(台湾)

5. 台北(台湾)                  5. 香港                                5. ソウル(韓国)

6. 香港                                6. ソウル(韓国)               6. 香港

7. チェンマイ(タイ)           7. 大阪(日本)                  7. クアラ(マレーシア)*

8. プーケット(タイ)            8. シンガポール                   8. シンガポール

9. 大阪(日本)                  9. チェンマイ(タイ)           9. 京都(日本)

10.バリ(インドネシア)     10. パタヤ(タイ)              10. プーケット(タイ)

*クアラはクアラルンプール

▽日本人旅行者の春節行き先トップ10

東京は春節にアジア各地の旅行者の大半を引き付けているが、アゴダの予約データは日本人の多くが今年は地元で祝わず、70%が長期休暇を利用して遠出することを示している。今年最も人気がある海外旅行先はバンコク、ソウル、パタヤである。国内にとどまる旅行者は東京、大阪、沖縄に出かける。

2016年                             2017年                 2018年

1. バンコク(タイ)          1. バンコク(タイ)       1. バンコク(タイ)

2. 東京(日本)               2. 東京(日本)          2. 東京(日本)

3. パタヤ(タイ)              3. ソウル(韓国)       3. ソウル(韓国)

4. ソウル(韓国)             4. パタヤ(タイ)        4. パタヤ(タイ)

5. マニラ(フィリピン)       5.マニラ(フィリピン)  5. 大阪(日本)

6. チェンマイ(タイ)        6. 大阪(日本)         6. マニラ(フィリピン)

7. バリ(インドネシア)     7. 京都(日本)         7.沖縄本島(日本)

8. 台北(台湾)               8. セブ(フィリピン)   8. バリ(インドネシア)

9. シンガポール                9. 札幌(日本)          9. 台北(台湾)

10.大阪(日本)            10. 台北(台湾)         10.セブ(フィリピン)

調査内容全体は以下を参照。

http://mediaroom.agoda.com/tokyo-ranks-top-destination-chinese-new-year-travel-2018/

▽調査について

旅行先予約データは2016、2017、2018年のアジア全域の春節時期を対象に収集。

▽アゴダについて

アゴダ(agoda)(https://www.agoda.com/ )(Nasdaq:PCLN)は、世界で最も急速に成長しているオンライン旅行予約プラットフォームの1つである。2005年に設立されたこの新興企業はアジアで急速に拡大し、2007年に世界最大の客室オンライン販売企業であるPriceline Groupによって買収された。アゴラはシンガポールに本社、30カ国以上の主要都市にオフィス53カ所を構え、世界にスタッフ3700人以上を配置している。アパートメント、ビラ、民家、ホテルなど180万軒以上の宿泊施設を抱え、1500万人以上が実際の旅行者のレビューを参考にしている。アゴダは当初から、域内全体のビラや民家-ホテル以外の宿泊施設を提供してきた先駆者である。

▽問い合わせ先

Hazel Watts
Tel: +66-2-625-9200
Email: hazel.watts@agoda.com

ソース:Agoda

マルチメディア のプレスリリース

検索
  1. 商品・サービス
  2. プレスリリース
  3. モニタリングSMM
  4. メディアサービス
  5. PRコミュニティ
  6. イベント・トレードショー
×