omniture

CGTN:「砂漠化の奇跡」: 中国の生態学的基盤を構築する北部国境の森林プロジェクト

CGTN
2023-06-08 14:08 1772

【北京202368PR Newswire=共同通信JBN】中国は、北部地域の砂嵐と土壌侵食に対処するため、「三北防護林プログラム」の長期的歴史的使命を適切に遂行するための継続的な取り組みを倍増しました。

2018年のデータによると、過去40年間に、このプログラムにより森林面積は3014万ヘクタール増加しました。

中国の「三北」(西北、華北、東北)地域にはゴビ砂漠を含む複数の砂漠があり、砂漠化が進んでいます。同国は1978年に「三北防護林プログラム」プロジェクトを開始しました。

習近平(Xi Jinping)国家主席は6日、国内の全体的な砂漠化の状況が広範で管理が困難であることを認め、北部国境沿いの砂漠化と闘う取り組みを称賛しました。

習主席は中国北部の内モンゴル自治区バヤンノール市の森林農場を訪問し、「三北防護林プログラムのような主要な生態学的プロジェクトの建設は、中国共産党(CPC)の指導の下でのみ可能になる」と述べました。

習氏は、北部の「生態学的な安全障壁」を強化するという基本目標に言及する一方、このプロジェクトを「北部国境の不滅の緑の壁」にするという新たな目標も強調しました。

中国は地球を緑化するための世界的な取り組みを主導しており、森林被覆率は最も高い成長を遂げ、人工林の面積も最大となっています。「Nature Sustainability」に掲載された2019年の調査結果では、米航空宇宙局(NASA)の衛星データに基づき、2000年代初頭以降の世界の植生拡大の少なくとも25パーセントが中国によるものであることが示されました。

生態系の回復

5日午後、習主席は世界の砂漠・半砂漠地域では珍しい大型草原湖であるウランスハイ(烏梁素海)湖を訪問し、そこでの生態系回復の取り組みを視察しました。

多くの人が黄河の「天然の腎臓」と呼ぶこの湖は、黄河の水調整、浄化、治水に重要な役割を果たしています。

1990年代以来、ウランスハイ湖では自然涵養水の減少、都市下水汚染、産業廃水汚染、生態系機能の劣化などが問題となっており、地元当局が保全運動を開始するようになりました。

公式データによると、生物多様性の継続的な回復で、達成の第2段階に到達しました。この湖には現在、264種類の鳥類と22種類の魚類が生息しています。

習主席は5日、湖の保全の重要性を強調し、継続的な努力を促しました。習氏は「ウランスハイ湖の保全は、中国北部地域の生態学的安全性の維持に重要な意味を持つ」と述べました。

中国国家主席は、将来の世代のために「美しい家」を築きたいと語りました。

科学的イノベーション

習主席はまた、6日にバヤンノールの河套かんがい区域にある監視センターを訪問し、情報化手段を視察し、地域のモニタリング活動と水資源の効率の促進について詳細な説明を受けました。

2200年前から行われているプロジェクトである河套かんがい区域は、中国北部内モンゴル自治区の河套平原の農地かんがいのために、黄河から水を分流してきました。同区域は中国の3大かんがい区域の1つで、7段階のかんがい排水システムを備えています。

習主席はプロジェクトの改善、特に同区域における科学的な分水を求め、社会全体の努力を求めました。中国には豊富な水資源があるものの、中国国家主席は依然として節水の重要性を強調しました。習氏はまた、地域の農業特性に合わせた「近代的で効率的な農業」へのさらなる取り組みを求めました。

https://news.cgtn.com/news/2023-06-06/Xi-inspects-Bayannur-City-in-Inner-Mongolia-1kpZX03Cw9i/index.html 

ソース:CGTN

ソース: CGTN