omniture

オムディア:2023年第2四半期の世界のディスプレイ工場の稼働率は74%に回復、OLED工場は平均60%以下

Omdia
2023-04-18 08:00 817

ロンドン, 2023年4月18日 /PRNewswire/ -- オムディア(OMDIA)のディスプレイ生産・在庫トラッカーの新しい調査によると、オムディアのLCDテレビ、ノートパソコン、モニターパネル、スマートフォンLCDパネルの受注急増により、ディスプレイ工場全体の稼働率は2023年第1四半期の66%から2023年第2四半期では74%へと回復していることが明らかになりました。 しかし、OLED工場の稼働率は依然として伸び悩んでおり2023年上半期のOLED工場の平均稼働率は60%未満になると予想されています。 

Fab utilization rate by major application
Fab utilization rate by major application

2022年の供給過剰により、LCDおよびOLED工場の稼働率は壊滅的な打撃を受けました。 2023年第1四半期の低稼働率の後、LCD工場は2023年第2四半期から徐々にガラス基板の投入を再開しています。 中国を中心とするLCDメーカーは、パネル価格の維持のために規律ある生産能力管理に従って慎重に生産能力を高めています。

2023年第2四半期では、受注の増加や駆け込み需要の急増があったとしても、ほとんどのLCDメーカーが80%以上の稼働率を設定しています。

オムディアのディスプレイ研究プラクティスのシニアディレクターのデイビット・シェー氏は次のように述べています。 「OLED工場は、成熟してスムーズに稼働しているLCD工場よりも低い稼働率となっています。 これらのパラメータには、TFTアレイバックプレーン数、OLED蒸発のリードタイム、複雑な製品への変更、タッチセンサーパターニングのリードタイム、OLEDモジュールフォームファクタのカスタマイズが含まれます」。

これらのパラメータにおいて、LCD工場のいわゆるフル稼働は100%ですが、OLEDの場合は設計時の総容量に対して80%~90%がフル稼働と見ることができます。

「OLEDの問題は、このようなプロセスパラメータよりも、需要の遅れにある」とシェー氏は言います。

オムディアの予測によると、スマートフォン用OLEDの需要は2023年1Hまでは完全に回復せず、OLED TV用工場は市場の需要低迷が続くとしています。 LGE、ソニー、パナソニック、TPV、ハイセンス、サムスンからのOLED TVパネルの受注は、Gen8.5 OLED工場で高い稼働率を維持するのに十分ではなく、一部の中国フレキシブルGen6 OLED工場は、不安定な受注とスループットに苦しんでいます。

LCDの回復が注目され、LCDの価格と生産能力を同時に維持するのに役立つことは明らかですが、OLEDは高級家電の需要がさらに回復するのを待つ必要がある」とシェー氏は結論付けています。

デイビット・シェー氏は、Touch Taiwan 2023Taiwan Tech Conference 2023にて講演予定です。

▽OMDIAについて
Informa Tech傘下のOmdiaは、テクノロジー調査・アドバイザリーグループである。同社はテクノロジー市場に関する深い知識と実用的な洞察を組み合わせ、企業がスマートな成長の意思決定を下すことを支援する。より詳しい情報はwww.omdia.com を参照のこと。

▽メディア問い合わせ先
Fasiha Khan / T: +44 7503 666806 / E: fasiha.khan@omdia.com

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/2054271/Omdia_Fab_utilization.jpg?p=medium600

ソース: Omdia