omniture

Xinhua Silk Road:中国の機械設備メーカー、ズームライオンがCONEXPO-CON/AGGで合計6億元を成約

Xinhua Silk Road
2023-03-23 15:44 743

【北京2023年3月23日PR Newswire=共同通信JBN】中国の機械設備メーカー、ズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.,)(Zoomlion、000157.SZ)は北米最大の建設展示会CONEXPO-CON/AGGに22製品を出展し、1週間の会期中の最初の3日間で合計6億元(約8710万米ドル)の成約と仮契約を獲得しました。

中国の機械設備メーカー、ズームライオンの展示エリア
中国の機械設備メーカー、ズームライオンの展示エリア

この展示会は3年に1度、ラスベガスで開催されています。前回と比較して、ズームライオンは今回、出展製品を60%近く拡大し、7つのカテゴリーの製品および部品をカバーしました。

ズームライオンは、コンクリート機械、移動式クレーン機械、タワークレーン機械の部門で、その実力を発揮しました。

例えば、コンクリート機械「50X-6RZ」は、安全で環境に優しく、操作も簡単です。また、ローカルシャシーを搭載しており、米国内の多くのプロジェクトで使用されています。

また、今回の展示会では、800トンクレーンの取引が行われ、中国の南米市場向け輸出の記録を容量面で更新しました。

また今年は、タワークレーン部門では、製品および設計の詳細なデモンストレーションが行われました。

また、新たに加わった土木機械部門では、ズームライオンは前回の2種類から7種類の製品を展示し、顧客の様々なニーズに応えました。

Zoomlion InternationalのBruce Liuゼネラルマネジャー補佐は、北米は同社のグローバル化戦略において重要な役割を担っていると語り、同社はグローバル市場でビジネスを展開する際に常にローカリゼーションを優先してきたと付言しました。同社は、より多くの現地顧客のニーズに応えられるような高品質の製品を提供することを心がけてきました。

同社は2007年に北米市場に参入したことが明らかにされています。現地で16年の歴史を有するズームライオンは、同地域に子会社を設立し、米国でコンクリート機械、タワークレーン、クローラークレーンなど様々な製品の販売を促進してきました。

CONEXPO-CON/AGGの大規模展示会は3月14日から3月18日まで開催され、建設のあらゆる分野で最新の機器の進歩と最新技術の応用を紹介しました。主催者によると、300万平方フィート以上の展示スペースをカバーする2023年の展示会には、36の国・地域から2400社以上の出展者が参加しました。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/333291.html 

ソース: Xinhua Silk Road