omniture

CGTN:習近平が「新章」を強調し、深まる中露関係

CGTN
2023-03-23 15:14 634

北京、2023年3月23日 /PRNewswire/ -- 中国の習近平国家主席が月曜日にモスクワに到着し、ロシアのプーチン大統領と会談した後、両国関係の新たな章が始まり、中露関係はより実質化されました。

習近平は今回の訪問を「友好、協力、平和の旅」と呼び、その目的はプーチンと共同で、今後数年間、中露の包括的戦略的協調パートナーシップの発展のために「新たなビジョン、新たな青写真、新たな措置を採用する」ことだと、訪問に先立って述べています。

両首脳は火曜日、「率直で実りある」対話を行い、中国とロシアのパートナーシップ全体を強化し、投資、エネルギー、その他の分野での協力を深めることを目的とした共同声明に署名しました。

今回の合意は、長年にわたる全面的な協力関係で達成された生産的な成果を背景にしています。 中国とロシアの貿易は大幅に拡大し、2022年には双方向の取引額が1900億ドルを超え、10年前と比べ116%増加した。 一方、科学技術革新、国境を越えた電子商取引、その他の新興分野における二国間協力は、強い勢いを示しています。

相互の信頼を強固に

習近平のロシア訪問は、10年前に中国の国家主席に就任して以来、9回目となります。 ロシアのマスコミが掲載した署名記事で、「中露関係の成長には、明確な歴史的論理と強い内的原動力がある」と述べています。

過去10年間、中国とロシアは政治的な相互信頼を築いてきたが、これは両国が同盟を結ばず、対立もせず、関係を発展させる上でいかなる第三者も標的にしないという約束に由来しています。 また、双方は永続的な友好と利益ある協力というビジョンを共有し、それぞれの国の実情に合った発展の道を歩むことをしっかりと支持しています。

習近平はプーチンとの会談で、ロシアが大統領として初めて訪れた国でもあり、過去10年間、ロシア側と緊密に連絡を取り合ってきたことに言及しました。 このような高官同士の交流は、協力の青写真の作成や国際問題についての適時の意思疎通を含み、中露関係をリードする戦略的役割を果たしたと習近平は述べています。

2013年3月、習近平はモスクワ国立国際関係研究所での講演で、人類の未来を共有する共同体の構築というコンセプトについて講演しました。 それ以来、習近平は、接続性が高まる中で、世界の平和と発展を促進することを目的とした一連の構想を提唱しています。

習近平が提唱する「世界安全保障構想」と一致するのは、ウクライナ危機に対する中国の立場であり、紛争解決のための政治的解決を求めるものです。 習近平は今回の訪問で、中国の「公平で客観的」な立場を再確認しました。 プーチン大統領側は、平和を推進する中国の努力を歓迎し、ロシアは和平交渉の再開にコミットしていると述べています。

https://news.cgtn.com/news/2023-03-22/China-Russia-ties-deepened-as-Xi-stresses-new-chapter-in-his-visit-1imB6pDd0FG/index.html

https://youtu.be/MTtXZHUDebE

ソース: CGTN