omniture

トリナ・ソーラー青海工場で初の210mm n型単結晶インゴットが生産ラインからロールオフ

Trina Solar Energy Development Pte. Ltd.
2023-03-14 16:28 721

【シンガポール2023年3月14日PR Newswire=共同通信JBN】中国北西部にあるトリナ・ソーラー(Trina Solar)の青海工場で2月中旬、最初の210mm n型単結晶インゴットが生産ラインから出て、同工場のフェーズ1が大きく進展しました。同工場は青海で最初のゼロカーボンパークを目指しています。

トリナ・ソーラー青海工場で初の210mm n型単結晶インゴットが生産ラインからロールオフ
トリナ・ソーラー青海工場で初の210mm n型単結晶インゴットが生産ラインからロールオフ

20GWの単結晶インゴット青海プロジェクトの建設は昨年7月1日に開始されました。それから8カ月余り、2月10日に最初の単結晶炉が焼成のために点火され、その2日後に正式に運転が開始されました。2月17日夜には最初の単結晶インゴットが生産ラインから出て、重要なプロジェクトを短期間で立ち上げるトリナの能力が再び実証されました。

210mm n型単結晶インゴットは、主にトリナ・ソーラーのn型モジュールの生産能力と品質を確保するために使用されます。生産ラインから出荷される210mm n型単結晶インゴットは、長さ3800mm、重さ542kgで、生産技術、品質、規模の面で世界のトップレベルにあります。

トリナ・ソーラーは、製造において常に高い基準と厳格な要件を維持しています。単結晶シリコン工場の空気1立方メートル当たり0.5μm以上の粒子の数は10万個未満、材料準備エリアの空気1立方メートル当たりの0.5μm以上の粒子の数は1万個未満と、業界標準を大きく上回っています。

青海工場はPV製造チェーンのほぼ全体をカバーしているため、トリナ・ソーラーの210mm n型モジュールの主材料の供給を確保するための主要工場の1つとなり、n型時代の顧客により大きな価値を創造するでしょう。最近改良された605Wと695WのAce Mix of Vertex n型モジュールは、山岳地帯、水面、砂漠、ゴビ砂漠など、幅広い複雑な環境で使用できます。トリナ・ソーラーのn型フルシナリオ・ソリューションは、このように、ユーザーが多くの環境で大きな利益を得ることを支援します。

トリナ・ソーラーは、グリーンと低炭素の開発コンセプトに基づき、青海省にソース・グリッド・負荷・貯蔵統合運用を特徴とする初のゼロカーボン工業団地の建設にコミットしています。青海省の資源や立地条件などの優位性と、技術や産業の優位性を統合し、青海省のゼロカーボン太陽エネルギーとエネルギー貯蔵を統合し、安定的で環境に優しいゼロカーボンエネルギーシステムを構築することを楽しみにしています。

www.trinasolar.com

ソース: Trina Solar Energy Development Pte. Ltd.