omniture

ハイセンス、2022年のテレビ出荷台数で世界2位を獲得

Hisense
2023-02-23 20:31 947

2022年の世界テレビ出荷台数が、ハイセンス史上最高を記録

チンタオ、中国、2023年2月23日 /PRNewswire/ -- 中国の大手産業の急速な回復と、特に世界の消費者家電分野における競争力は、大手市場研究所Omdiaの最新データによって認識が強まることとなりました。2022年におけるハイセンスのテレビの全世界出荷台数は、年間2,450万台を記録し、世界市場では前年比16.1%の成長率で第2位にランクされています。

2022年の出荷台数は史上最高を記録し、中国のテレビ業界における同社のグローバルな優位性のさらなる高まりを示すとともに、ハイセンスの前年比成長率は、この分野における全グローバル企業の中でトップ5にランクインしています。

2022 年の全世界のテレビ出荷台数
2022 年の全世界のテレビ出荷台数

レーザーテレビ業界の技術および市場リーダーとして、ハイセンスの2022年の世界出荷シェアは53.5%で、レーザーテレビ部門で1位を獲得しました。

競争が激化する市場において同社は、高品質の商品とサービスを開発すべく、絶え間ないイノベーションで進化し続ける顧客ニーズに重点を置きながら、国内のテレビ市場を拡大するとともに海外市場のシェアを拡大してきました。また、海外販売と革新を推進する研究開発への投資にも重点を置いています。

今後の成長戦略の重要な要素として、ハイセンスは、消費者が次のレベルの楽しさを体験できるよう、プレミアムソリューションの提供に従事することを強化していきます。

ハイセンスについて

ハイセンスは、中国青島に本社を置く企業です。同社は過去54年間「誠実、革新、顧客重視、持続可能性」という企業価値と「健全な技術基盤と強固な経営」という成長戦略を掲げてきました。マルチメディア、家電、IT知能情報、現代のサービス産業などの事業を展開しています。近年の急速な発展により、同社の事業は160以上の国と地域に展開されています。ハイセンスB2Cの中核事業であるスマートテレビの技術は世界産業の最前線に立っています。B2Cの他にもインテリジェント交通、精密医療機器、光通信などのB2B産業でも世界トップクラスに位置しています。

ソース: Hisense