omniture

Xinhua Silk Road:上海国際海運センターが包括的な発展の新たな段階に

Xinhua Silk Road
2022-11-25 15:41 638

【北京2022年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】2022年北外灘フォーラム(North Bund Forum)の参加者によると、上海国際海運(配送)センター(Shanghai International Shipping Center)は、グリーントランスフォーメーション(環境に配慮した変革)、デジタルインテリジェンス、強力な回復力を特徴とする包括的な発展の新たな段階に入っている。

11月22日の「2022年北外灘フォーラム」の開会式とメインフォーラム
11月22日の「2022年北外灘フォーラム」の開会式とメインフォーラム

上海で11月22日から24日まで開催されたこのフォーラムには、主要な海運・航空会社、国際機関の代表者と著名な専門家が結集し、国際配送業界の持続可能な発展について議論した。

12年連続コンテナスループット(コンテナ取扱量)で世界1位にランクされている上海港(Shanghai Port)は、グリーントランスフォーメーションを進めており、ますますクリーンで、省エネルギーで、効率的な最新鋭のハブ港(中継拠点港)になりつつある。

統計によると、上海港では、コンテナのwater-to-water積み替え比率が50%以上に達し、ship-to-ship同期LNGバンカリングサービスが正常な運用を実現し、稼働船の約97.95%がショアパワー(陸上電源)受入れ設備により改装された。

上海市のZhang Wei副市長は、上海市はグリーンシッピング(環境に配慮した海運)の発展を促進するパイオニアでデモンストレーションリーダーとしての役割を果たすためにあらゆる努力をしてきたと述べた。

一方、デジタル化は、上海国際海運センターの生産様式、事業モデル、組織形態、および運用秩序を再形成し、同センターの放射範囲を拡大している。

今年9月3日、上海港の空コンテナ移送センターが新たに開設された。これにより、空コンテナを揚子江デルタ地域や揚子江沿いの港に水路、高速道路、鉄道を通じて輸送できるようになり、国際海運ハブとしての上海港の資源配分能力をさらに強化した。

上海市交通委員会のYu Fulin主任は、サプライチェーンと産業チェーンの回復力を向上させるために、上海は揚子江デルタと協力して世界的な海運ハブの建設を加速し、スムーズで回復力のある海運の集配システムを改善するとともに、海運サービスとブランドの影響力を包括的に促進していると述べた。

今年初めからの3四半期で、上海港のコンテナスループットは3489万TEUに達し、前年同期比でプラスの成長を達成し、力強い成長回復力を示している。

オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/331297.html

ソース: Xinhua Silk Road