omniture

ハイドリック&ストラグルズの第2回Global DE&I Surveyによると、経営幹部の93%はDE&Iが3年前より重要と考えている

Heidrick & Struggles International, Inc.
2022-10-01 02:15 948

*経営陣は従業員をDE&Iに注力する最大の理由として挙げている

*経営幹部の52%が、多様性への取り組みがビジネスの成功に大きく貢献していると回答し、この比率は3年前の22%から増えた

【シカゴ2022年9月30日PR Newswire=共同通信JBN】

従業員が職場環境における平等性の進歩をますます重視するようになったため、グローバルリーダーは現在、多様性・公平性・包摂性 (DE&I) を戦略的ビジネスの必須事項と考えている。グローバル・リーダーシップ・アドバイザリーとオンデマンド人材ソリューションのトップクラスのプロバイダーであるハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)(Heidrick & Struggles )(Nasdaq: HSII)が29日リリースした新たなリポートによると、経営幹部の93%が、DE&Iが3年前よりも重要になっていると考えている。

「Employees at the Center: What It Takes to Lead on DE&I Now(従業員が中心:DE&I Now をリードするために必要なこと)」 (Employees at the Center: What It Takes to Lead on DE&I Now )と題するこのリポートは、8カ国の420人の経営幹部から得られた調査結果を明らかにしている。経営幹部の58%は、3年前には「最先端」と見なされていた、多様性・公平性・包摂性を明確に定義し、それらを戦略やビジネス成果に結び付けるなどの慣行に現在取り組んでいると述べている。2019年の第1回調査の 20%から30ポイント近く増加したことは、組織の新たな基準を示唆している。さらに経営幹部の52%は、多様性への取り組みがビジネスの成功に大きく貢献していると述べており、この比率は3年前の22%から増加した。

ハイドリック&ストラグルズのJonathan McBride・DE&I担当グローバル・マネジングパートナーは「これらの調査結果は、われわれすべてに企業のDE&Iの取り組みで得られたモメンタムを熟考する時を与えるはずである。3年前にある企業をリーダーにした慣行は、現在ではテーブルに置く賭け金と見なされている。調査対象のほぼすべての企業幹部がDE&Iの重要性が高まっていることを認めている。これは変化のペースが速いことを明確に示しており、遅れを取った場合のリスクを浮き彫りにしている」と語った。

▽DE&Iへの関与に対する従業員第一主義を理解する

この調査では、経営幹部の43%が従業員をDE&Iに注力する主な理由として挙げて、従業員を顧客よりも優先させ、COVID-19パンデミックを乗り切っている。さらに、経営幹部は、DE&I への取り組みが従業員の関与、企業の評判、およびビジネストランスフォーメーションを強化するため、事業の成果を向上させるとみている。

調査によると、経営幹部は熱心な従業員をこれまで以上に企業文化の中心に据えていると考えており、人材をめぐる永続的な争いとパンデミックによって引き起こされたハイブリッドワークプレイスが従業員の希望の中での最優先事項となっていることを示している。

経営幹部は、DE&Iと実現した事業成功との間の重要なつながりとして従業員を挙げた。優秀な人材を惹きつけて維持するための強力な力としてのDE&Iの取り組みに加え、従業員は、長期にわたって経営幹部や企業が説明責任を負うことで、熱心な支持者として認識されている。その結果、より多くの経営幹部が、包摂的文化が真に生産的な労働力の中心であることを新たな方法で認識している。

McBride氏は「人材争奪戦を反映して職場のダイナミクスがハイブリッドワーク環境に移行するにつれ、DE&Iを適切に行うことはこれまで以上に重要かつ複雑になっている。業界や地域を超えて、最高経営責任者(CEO)はその複雑さを認識している。彼らがDE&Iにコミットしている理由は、従業員にとってさまざまな考え方が奨励され、キャリア開発が促進され、外部的には、会社の顧客と支持者をよりよく反映するからである」と続けた。

▽クラス最高の企業における将来の進歩のための優先事項

ハイドリック&ストラグルズのリポートは、クラス最高の企業がDE&Iの取り組みを強化するために実行できる以下の4つの行動を明らかにしている:

*DE&Iを戦略的必須事項として扱う: 経営幹部がDE&Iをビジネスの成果にとって安全性への取り組みと同じくらい重要なものとして扱い、リソースおよび計画と同じように専念すると、企業は実際に収益に影響を与えることに気付く。大手企業は現在、他の戦略的な取り組みと同じようにDE&Iに取り組んでいることを示している。取締役会を含むエグゼクティブリーダーシップにより、標準を設定し、範囲とビジョンを明確に定義し、DE&Iをビジネス戦略と目標に結び付け、進捗状況を追跡し、組織全体のプロセスと運用を調整している。

*経営幹部に説明責任を持たせる: 多様性と包摂性の進歩は、たとえば、すべてのレベルで人材目標に結びつける必要があり、マネジャーと上級管理職はロールモデルとなり、進歩の責任を負う必要がある。

*意図的に従業員を関与させる: 組織の40%が、ビジネスの成功への主要な貢献として、DE&Iへの取り組みによる従業員エンゲージメントの増加を挙げている。組織が責任を負うことを確実にするために、従業員は取り組みの中心にいて、DE&Iに関する認識について会社のリーダーシップと継続的な対話に参加する必要がある。

*取締役会の参加を活用する: 取締役会がDE&Iへのコミットメントを示す機会がある場合は、それを活用する。この調査は、最も進歩的な企業が取締役会に目を向け、それらのリーダーを活用して、組織の DE&Iの取り組みについて従業員と効果的にコミュニケーションを取っていることを独自に明らかにした。

このリポートの調査結果は、オーストラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、メキシコ、英国、米国の経営幹部を対象とした調査に基づいている。

▽ハイドリック&ストラグルズ(Heidrick & Struggles)について

ハイドリック&ストラグルズ(Nasdaq:HSII)は、グローバル・リーダーシップ・アドバイザリーとオンデマンド人材ソリューションの最高位のプロバイダーで、世界トップクラスの組織の上級レベル人材とコンサルティングのニーズに応えている。信頼されるリーダーシップ・アドバイザーとして、クライアントと提携して将来に備えたリーダーと組織を開発し、エグゼクティブ・サーチ、多様性と包摂性、リーダーシップの評価と開発、組織とチームの加速、カルチャーシェーピング、オンデマンドの独立系人材ソリューションにサービスやオファリングを集中している。ハイドリック&ストラグルズは65年以上前にエグゼクティブ・サーチという職務を開拓した。当社は今日、統合された人材・人的資源ソリューションを提供し、クライアントが世界と1つの経営陣を同時に変える手助けをしている。(R) www.heidrick.com 

▽Heidrick & Strugglesメディア関係問い合わせ先 
Molly Coughlin
mcoughlin@heidrick.com 

 

ソース: Heidrick & Struggles International, Inc.
Related Stocks:
NASDAQ:HSII