omniture

Xinhua Silk Road:雲崗文化をテーマにした観光シーズンが中国北部の大同で18日開始

Xinhua Silk Road
2022-07-22 11:44 756

【北京2022年7月22日PR Newswire=共同通信JBN】2022年の雲崗文化観光シーズンは、中国北部に位置する大同を古代の文化の中心地、涼しい避暑地、美食の都として特徴づけられる都市にすることに専心する文化の饗宴で、山西省の大同で7月18日開幕した。

2022年雲崗文化観光シーズンの開幕式
2022年雲崗文化観光シーズンの開幕式

最初の雲崗文化観光シーズンが始まった2000年以来、季節的な観光活動は、大同市の誰もが知る文化観光ブランドおよび「文化観光のメッセンジャー」になった。

このブランドの下で大同は、古都灯会、ジャッキー・チェン(Jackie Chan)国際アクション映画ウィークなど、定番の文化観光イベントを多数開拓した。これらすべてにより、大同は評判の高い国際文化観光デスティネーションを構築するための道をさらに進んでいる。

中国共産党(CPC)大同市委員会常任委員会メンバーで宣伝部長のWang Jianjiang氏は、長年の努力の結果、雲崗文化観光シーズンが育てた「涼しい避暑地」と「文化大同」の観光ブランドは、同市が夏季観光ブランドの完結したシステムを形成するのを一層支援し、同時に観光客の間で人気と評判を向上させることが期待されていると述べた。

近年、大同市の文化観光産業は、より質の高い開発を特徴とする段階に踏み出した。

2017年以降、新華社が運営する中国経済情報社(China Economic Information Service)と大同人民政府が発表したChina Datong Tourism Development Index(中国大同観光開発指数)は一時、基準期間から50%近く上昇して1438.97ポイントに達し、市場の大きな注目と消費の活力を示している。

他のことはともかく、大同の観光ブランドの人気は、総合的に機能するブランド効果とともに著しく上昇した。今年、市内の文化観光産業は十分な発展回復力を示し、旅行者に広く支持されている農村観光と屋外キャンプ、そして、ディープなツアーが観光客の主流の選択肢となり、現在、旅行者の大同での平均滞在日数は、これまでの1.5日から3日になった。

今年は、中国文化観光メタバース開発会議、中国青年彫刻展、大同文化観光潮玩創作シーズンなど、6つのサブテーマで38もの活動が大同への旅行者を歓迎している。

雲崗の飛天楽舞ショー
雲崗の飛天楽舞ショー

ソース: Xinhua Silk Road