omniture

Huawei OceanProtect Backup StorageがInterop Tokyo 2022でBest of Show Awardを受賞

Huawei
2022-06-20 15:32 1581

【深セン(中国)2022年6月20日PR Newswire=共同通信JBN】日本最大のICT展示会であるInterop Tokyo 2022で、Huawei OceanProtect Backup Storageがサーバー&ストレージ部門でBest of Show Awardの特別賞を受賞した。これは、Huawei OceanProtect Backup Storageが初めて獲得した世界レベルの賞であり、同製品のハイエンド性と競争力の高さを実証した。


受賞レビュー:比類ないバックアップストレージの性能。迅速なバックアップ速度と高いデータ削減比率を有するこのシステムは、アプリケーションとシステム設計に革命をもたらし、未来に向けて新しいバックアップストレージモデルを推進するだろう。

Interop Tokyoは、日本で最大かつ最も影響力のあるICT展示会だ。毎年、世界中のトップテクノロジー企業が自社の最有力ソリューションと優れた技術力を披露し、Interopから好評価を得ようと競い合っている。Huawei OceanProtect Backup Storageは、業界をリードするユニークなソリューションと完璧なオンサイトデモンストレーションにより、IT専門家や評論家から賞賛を得た。

データ保護のための従来のDisk-to-Disk-to-Tape(D2D2T)モデルは、長いバックアップウインドウと回復時間などの問題に直面している。一方、Flash-to-Flash-to-Anything(F2F2X)の新しい時代は、バックアップソリューションがフラッシュ化し、さらにデータの価値を解放しており、モデルを再定義している。Huawei OceanProtect Backup Storageは、次世代のインテリジェントなオールフラッシュベンチマーク製品としてF2F2X時代向けに構築され、迅速なバックアップとリカバリー、効率的な削減、高い信頼性を特徴としている。

▽Huawei OceanProtect Backup Storageが受賞した理由

第一の優位性は、迅速なバックアップとリカバリーだ。フロントエンドでは、OceanProtectはDTOEインテリジェント・ネットワークインターフェースカード(NIC)を使用して、プロトコル計算を最適化し、CPU計算リソースを解放し、従来のNICと比較して配列帯域幅を2倍に増やす。さらに、OceanProtectはバックエンドで高性能SSDをサポートしている。エンドツーエンドのフルアクセラレーション機能により、それぞれバックアップ帯域は最大155TB/時、リカバリー帯域は最大172TB/時を実現している。

効率的な削減に関しては、マルチレイヤーインライン可変長重複排除、フィーチャーベース圧縮、バイトレベルコンパクションにより、最大72:1のデータ削減率を達成し、大幅なTCO削減に寄与している。

さらに、99.9999%の高い信頼性は、アクティブ・アクティブ冗長ハードウエアアーキテクチャーとRAID-TP技術によって構築されており、3つのディスク故障を許容し、1つのコントローラーに障害が発生しても数秒以内にフェールオーバーを実行できる、高い可用性と信頼性を達成している。

F2F2X時代には、データ保護は新たなエコシステムと課題を受け入れている。Huawei OceanProtect Backup Storageは、多様な業界やアプリケーション環境における高速バックアップモデルに適応し、インテリジェントな世界におけるデータ資産を保護するためのプレミアムバックアップとリカバリーを提供する。

Huawei OceanProtectソリューションの詳細な情報は、https://e.huawei.com/en/products/storage/oceanprotect/oceanprotect-x8000-x9000 を参照。

ソース: Huawei