omniture

Midea V8をドバイで世界発表-テクノロジーを通じてVRF革命をリード

Midea Group
2022-06-04 04:39 1507

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2022年6月4日PR Newswire=共同通信JBN】Midea Building Technologiesは、ドバイでV8 Series VRFを発表した。この傑出した製品は、ShieldBox、SuperSense、HyperLinkのテクノロジーによって、業界の多数のペインポイントに対処することができる。


低カーボンのインテリジェントソリューションの流れと、従来のVRF業界のペインポイントの制約によって、業界の変革が促進されている。Midea KONG Intelligent Building LtdのGene Sunゼネラルマネジャーは、iBuildingソリューションのコンセプトを紹介した。ビッグデータ、IoT、5Gをはじめとするテクノロジーを通じて、iBuildingソリューションはそのライフサイクル全体で、人間、設備、空間の相互運用性を実現できる。


業界コンサルタントは、ビルディングおよびVRF業界のペインポイントを詳しく説明した。従来のVRFの電気制御ボックス通気口は、砂、粉塵、雪、昆虫による内部装置の損傷につながるが、これは、中東、アフリカなどのさまざまな環境における顕著な問題である。また、従来のVRF設備は、建造の難しさが深まり、修理過程も時間がかかり、費用がかさむ。

Midea DX Product CompanyのPeter Wuチーフ研究開発エンジニアはMidea V8 Series VRFの画期的な開発について、品質、設計、低カーボンの観点から詳しく説明した。Mideaは、厳しい環境によって生じる内部コンポーネントの損傷を回避するために、業界初の密封型電気制御ボックス(ShieldBox)を発表した。設置の観点からMideaが自社設計した通信チップ(HyperLink)は、従来の方法を超えた任意トポロジーを実現し、設置費用を軽減し、設置効率を向上させた。運用のために、V8 Series VRFは業界最大の数となる19のセンサー(SuperSense)を搭載し、最新のシステム冷却量を即座に診断することを可能にする。

設計面で、Midea V8 Series VRFは、その屋外ユニットに横排気型シリーズを導入し、設置スペースを軽減し、輸送を容易にする。複雑さを増す屋内スペースの要望に応えるために多様な屋内ユニットがあり、製品が高さ制限から解放される。エネルギー節約では、Midea V8 Series VRFは、すべての屋内および屋外ユニットで直流の実現を主導しており、ゾーン形式のエネルギー管理のためのエネルギー配分を採用してきた。

Midea V8 Series VRFは、インターテックから数件の認証を獲得しており、V8もInventions Geneva 2022で同社のエネルギーソリューションに対して金賞を受賞した。Mideaはゼロエミッション・ビルにおけるVRFの世界基準を開発し、持続可能な未来を目指している。

ソース: Midea Group
Related Stocks:
Shenzhen:000333