omniture

FII研究所が新たな「Inclusive ESG(TM)Framework and Scoring Methodology」を公開し、主導的グリーンテック企業への戦略的投資を発表

FII Institute
2022-05-24 22:03 726

リヤド(サウジアラビア), 2022年5月24日 /PRNewswire/ -- Future Investment Initiative Institute(FII Institute、未来投資戦略研究所)は、ロンドンで「ESG in Emerging Markets(新興市場でのESG)」に関するサミットを開催した。サミットには世界の指導者、世界的な最高経営責任者(CEO)、国際的な投資家、ソートリーダー、持続可能性の責任者らが参加した。サミットでの主な結果は次の通り:

*新興経済国でのESG投資を啓発、加速するため、新たな「Inclusive ESG(TM)Framework(包摂的ESG(TM)枠組み)」ならびに「Scoring Methodology(評価方法)」を公開。

*新興市場における投資家、政府、企業に関与の向上を要請するESGホワイトペーパーを発刊。

*グリーンテックの主導的企業であるTimbeterへの50万ユーロの投資を発表。

新たなInclusive ESG(TM)FrameworkおよびScoring Methodologyは、新興市場における企業への公平な格付けを提供することを目的としている。新興市場は現在、世界の人口の約90%、世界のGDPのほぼ半分を占めているにもかかわらず、ESGフローの10%以下しか受けていない。ESG格付け機関は新興市場(EM)での投資拡大への主な障壁の1つとなっている。主流を成す格付け機関は現在、EMに関連しない主要業績評価指標(KPI)を採用している。これまでの枠組みはディスクロージャー(情報開示)に重点を置きすぎ、対前年比の実績改善度を無視している。アーンスト・アンド・ヤング(EY、Ernst & Young)の支援を得て開発した新たな枠組みは、ディスクロージャーの広がりよりも時間をかけて進行した実績の向上状況を評価し、カントリーリスクよりも分野ごとの課題を強調して新興市場と先進国市場の両方における企業間の公平な競争を保証している。

FII Instituteは、木材測定を専門とするグリーンテックの主導的企業であるTimbeterに50万ユーロを投資することで、口で言うだけでなく行動で証明している。TimbeterはESGのプロセスに従ってサプライチェーンの透明性、持続可能性、証明を向上させるために、一定の地域で伐採された丸太の量を精密な長さと直径によって正確に確定する人工知能(AI)を活用した写真光学アプリケーションを提供している。この技術はより積極的な森林管理と持続可能な分野にとって極めて重要である。

ESG白書は新興市場におけるESG投資の拡大を促すことを目的にしている。白書は以下のことを要請している:

*投資家は、新興市場(EM)に振り向ける資金の比率を現在の10%以下から、2030年までに、コミットして投資する資金の少なくとも30%にまで引き上げることを公約すること。

*政府は、新興市場に本社を構える企業に対し、それぞれの通常の報告経路を通じた関連情報の開示により積極的になるよう奨励すること。

*新興市場に本社を構える企業は、いかにしてESGの行動が現地の実情に合致し、あらゆる利害関係者にとっての価値向上を推進するかについて、投資家にとってのリスク管理を含め、分かりやすい説明にもっと力を入れること。

FII Institute のRichard Attias最高経営責任者(CEO)は次のように述べた。

「FII Instituteの取り組みで中核を成しているのは、現在のESG基準の弱点と世界の持続可能性への展望への影響についての認識を高めることと、世界の主要な企業による実際の行動を推し進めることにより、包摂的かつ公平なESGの適用を主導することである」

「ESGは過去数年間で最も急速に成長した投資戦略となり、すべての運用資産の3分の1を占めてきた。しかしこの成長は均一ではない。EYのパートナーと協力してわれわれは、しばしば見過ごされている新興市場におけるESG投資にとっての障壁を明らかにし、取り除いた。Inclusive ESG(TM)FrameworkとScoring Methodologyを打ち出し、世界の持続可能なソリューション企業に投資し、新たにESG白書を刊行することにより、われわれは人類にとってより良き未来を作り出すための具体的な行動を起こしている。さらにわれわれは世界中のパートナーが、われわれがこうした行動をさらに進めていくことを支援してくれることを確信している」

編集者注

「ESG in Emerging Markets」サミットは、40人を超える世界の指導者や専門家らが中心となって開催され、参加者はESGの未来と持続可能性の未来に関する知見をもたらした。主な講演者は以下の各氏:

*H.E. Yasir Al-Rumayyan:FII Institute会長兼PIF(Public Investment Fund、公共投資基金)総裁兼サウジアラムコ会長

*ヤスミーン・フアド(H.E. Dr. Yasmine Fouad):エジプト環境相

*Larry Fink:ブラックロック(Blackrock)CEO

*マッテオ・レンツィ(Matteo Renzi):イタリア上院議員(元首相)

*ジェリー・グリムストン(Lord Gerry Grimstone of Boscobel Kt):英国投資担当相

*David Schwimmer:ロンドン証券取引所グループCEO

FII Instituteは2019年に創設された世界的な非営利組織で、「人類への影響」という1つのアジェンダを推進している。FII Instituteは創設以来、包摂的なESGの原則を作り出し、ESGの実績を向上させ、人類のためにより明るい、より持続可能な未来を作り出すためのいくつかのイニシアチブを打ち出してきた。

▽問い合わせ先:

Reem Alsaud;

reem.alsaud@fii-institute.org 

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1822531/FII_Institute_Logo.jpg?p=medium600 

 

 

 

ソース: FII Institute