omniture

「広州交易会、Global Share」:第131回広州交易会が数々の記録を樹立

広州交易会
2022-05-10 15:47 694

【広州(中国)2022年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】バーチャルな展示会として開催された第131回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))は、成功裏に終了し、ビジター、視聴、展示、見本市に登録した海外バイヤーの総数の点で数々の記録を樹立した。


広州交易会の広報担当者でChina Foreign Trade Centre(中国対外貿易センター)の副主任であるXu Bing氏は「『広州交易会、Global Share(グローバルで共有)』という任務を負い、第131回広州交易会は中国の発展と機会を世界市場やオーディエンスと結び付けて共有し、世界中からゲストを集めるため、雲の中に橋を架けた」と述べた。

▽効率的な貿易プラットフォーム

第131回広州交易会は、フルタイムのボーダレスで極めて高効率な貿易プラットフォームを構築した。計2万5500社が今回の展示会に参加し、305万2100点の展示品をアップロードし、見本市の公式ウェブサイトには1009万人のビジターと3390万のウェブサイトランディングがあった。

今年の広州交易会が提供した貿易サービスは、さまざまなフォーラム、新サービスやビジネスモデル、国境を越えたeコマースゾーン、金融ゾーン、インテリジェント・カスタマーサービス・システムを通して、サプライヤーやバイヤーが事業ネットワークを拡大できるよう支援し、手助けした。

▽貿易パートナーシップネットワークの拡大

第131回広州交易会には、228カ国・地域から53万6000人の海外バイヤーの参加があり、対前年比48%、対前月比41.8%の増加となった。

一方、広州交易会は14の海外商工組織と協力協定も締結し、見本市のグローバルパートナー総数を170に到達させ、さらに外国の貿易ネットワークを拡大させた。

▽低開発地域の地域的産業クラスター推進

第131回広州交易会は、地域開発を進めるためのクリエーティブ支援モジュールも策定した。低開発地域の計975社は、農村産業の改善を推し進める農村活性化ゾーンの呼び物となった。

▽正確な供給と調達仲介

サプライヤーとバイヤーの間に正確な仲介を促進することを目標に、第131回広州交易会は、呼び物のロゴやより便利なeカードを利用することで、貿易仲介の正確さや効率性を改善した。

さらに、広州交易会はあらゆる市場や業界を対象に多数の貿易仲介やプロモーションイベントを開催した。その中でも、50の「Trade Bridge(貿易の橋)」バーチャルプロモーションは57カ国・地域の4000人近いバイヤーを引き寄せ、8回の「Discover Canton Fair with Bee and Honey(ハチと蜂蜜で広州交易会を発見する)」ライブストリームは140万を超える視聴回数を獲得した。

ソース: 広州交易会