omniture

第131回広州交易会:RCEP加盟国向け家庭用家具をプロモーション

広州交易会
2022-04-25 14:23 743

【広州(中国)2022年4月25日PR Newswire=共同通信JBN】第131回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))は4月19日、包括的経済連携(RCEP)諸国向けの「Trade Bridge」仮想プロモーションと家庭用家具マッチメーキングイベントを開催した。14のRCEP加盟国をターゲットにし、家庭用家具業界に焦点を当てたものだ。

トップの多国籍企業、バイヤー、貿易メディアからの代表者が、安渓(福建省)と順徳(広東省)にある中国の2つの国家レベル家具産業クラスターを結び付けたイベントに参加した。中国対外貿易センター(CFTC)はまた、ASEAN Furniture Industries Council(AFIC、ASEAN家具産業協議会)との戦略的協力協定に調印し、AFICを家具業界におけるCFTCの最初のパートナーとした。

第131回広州交易会:RCEP加盟国向け家庭用家具をプロモーション
第131回広州交易会:RCEP加盟国向け家庭用家具をプロモーション

広州交易会副会長兼秘書長でCFTC会長のChu Shijia氏は仮想プロモーションイベントで、広州交易会は、中国が世界中の他の国・地域と経済・貿易協力を実施するための重要なプラットフォームであると指摘した。

Chu氏は「家具は広州交易会の主要部門である。今春はRCEP市場のトップブランドを含む3166の家具会社が交易会に参加している。このプロモーションイベントは特定の市場と業界向けに調整されており、国際家具業界のメディアや協会とのパートナーシップを通じ、すべてのRCEP加盟諸国をカバーし、バイヤーと優れたサプライヤーを結び付けている」と語った。

AFICのErnie Koh会長は、ASEANという巨大市場では購買力が着実に成長しており、グローバルな家具業界は貿易数量の上昇傾向により確実に発展しつつあると指摘した。広州交易会とのパートナーシップ確立により、両組織はさまざまな分野で双方にとり有利な協力と相互利益を達成し、対外貿易投資を強化するための活気のあるビジネス環境を共同で創出する。

CFTCは、Kawan Lama、Eurosa Furniture、Luluなどの国際的大手企業を中国側サプライヤーと結びつけるための特定のソーシングニーズに応じ、11のマッチメーキンググループをアレンジした。Kawan Lamaの調達責任者、Zhu Zhiwei氏は、同グループの年間購入金額は約1億8000万米ドルで、マッチメーキングイベントは同社の調達レイアウトを支援しており、同社はより多くの高品質中国製品を追加注文する。

Zhu氏は「広州交易会はグローバル調達のためのKawan Lamaの最も重要なプラットフォームである。このイベントは、中国家具産業のクラスター利点も反映するより多くの優れた企業や新製品を当社に紹介してきた。これは市場動向に対応するだけでなく、Kawan Lamaの新たな調達ニーズと歩調を合わせている」と語った。

CFTCは、AFICとのパートナーシップに加え、ラオスとベトナムの産業および商業機関との戦略的協力協定にも調印し、それまでにRCEP加盟国を完全にカバーする予定である。

広州交易会は、開放政策の包括的プラットフォームとして、RCEPのメカニズム確立に積極的に取り組んでおり、さまざまな分野での協定の実施と地域的経済・貿易協力の開発を促進している。

 

ソース: 広州交易会