omniture

ファーウェイがGreen Intelligent OptiX Networkを発表し、産業のデジタル化を強化する5つのソリューションを解き放つ

Huawei
2022-03-04 14:21 1014

【バルセロナ(スペイン)2022年3月4日 PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、為華技術)のRichard Jin副社長兼Optical Business Product Line社長は、Mobile World Congress 2022(MWC 2022)で、企業向けのGreen Intelligent OptiX Networkを発表した。これは、産業のデジタル化の強化を目的として、FTTO(Fiber To The Office)、FTTM(Fiber To The Machine)、Single OptiX、DC OptiX、Sensing OptiXの5つの革新なシナリオベースのソリューションを提供する。

ファーウェイがGreen Intelligent OptiX Networkを発表
ファーウェイがGreen Intelligent OptiX Networkを発表

FTTOソリューション:ファーウェイは、IPと光製品の技術的優位性を統合して、環境に優しく、簡素化されたキャンパスネットワークの構築に向けてFiber To The Office(FTTO)ソリューションの提供を開始した。このソリューションは、ネットワークのアーキテクチャーを3層から2層に簡素化して、特別低電圧(ELV)室の必要をなくした。さらに、独自のP2MPアーキテクチャーの採用によって、光モジュールへの投資額を50%削減した。加えて、光端末はプラグアンドプレイとスワップアンドプレイをサポートし、O&M効率性を50%向上させている。さらにファーウェイは、業界初のパネル型ONUで、10Gbpsの帯域をサポートするOptiXstar P871Eと業界で最小の10G ONUのOptiXstar S890Hを発売した。

FTTMソリューション:このソリューションは、工場、地下鉄、炭鉱、港湾、高速道路などのシナリオに適用され、決定的に低いレイテンシーと高い信頼性を提供して、産業のネットワーク要件に応える。港湾の場合、Fiber To The Machine(FTTM)ネットワークが、決定的に低いレイテンシーを提供するために、運用者は100キロ離れた場所からも機械を遠隔操作することができ、コンテナのオペレーション効率の大幅な改善が可能である。FTTMはまた、地下ネットワーク(炭鉱の地下ネットワークなど)に固有の安全性を確保し、電気火花による安全性へのリスクを排除する。交差点では、革新的な FTTMの分散型アーキテクチャーは、従来のソリューションで必要とされた数百本の光ケーブルを置き換えるのに、わずか1本の光ケーブルと1本の電気ケーブルしか必要とせず、エンジニアリング効率を80%向上させる。

Single OptiXソリューション:ファーウェイは、Native Hard Pipe(NHP)ネットワークソリューションをリリースした。このソリューションは、Optical Service Unit(OSU)として知られる第5世代のハードパイプ技術をサポートし、Pulse Code Modulation(PCM)、Synchronous Digital Hierarchy(SDH)、Optical Transport Network(OTN)などの、ハードパイプ技術に対応している。NHPネットワークは、伝送とアクセスの両ネットワークを初めて統合し、OSUパススルー技術によってE2Eの物理的隔離とサービスの高い信頼性を確保している。この技術は、電力や地下鉄のシナリオへの幅広い応用の可能性を持つ。ハードパイプをアクセスネットワークに下方拡大すれば、配電自動化とスマート検査、あるいは地下鉄乗客情報と自動運賃徴収システムを1つのネットワークに融合でき、信頼性と効率性の改善が可能となる。

DC OptiXのソリューション:ファーウェイはストレージと光通信製品の長所を結合して、Storage-Optical Connection Coordination(SOCC)ソリューションをリリースした。このソリューションは、光ネットワークを使ってリンク障害を探知し、5ミリセカンド以内にファイバー経路の切り替えを可能とし、さらに、ファイバーネットワークのジッターをリアルタイムで監視してストレージ機器に通知することもできる。このソリューションは、1秒以内に I/Oチャンネルの切り替えを可能とし、データロスをゼロにして、ネットワークの信頼性を大幅に向上する。さらに、ファーウェイはData Center Interconnect(DCI)システムの能力をファイバー1本当たり88Tbps から96Tbpsへとアップグレードし、ファイバーのリース費用の削減と顧客の運用効率の改善を実現する。

Sensing OptiX ソリューション:30年にわたる光技術の革新とアプリケーションの経験を持つファーウェイは、インテリジェントセンシングアルゴリズムの研究結果に基づいて、初めての光センシング製品であるOptiXsense EF3000を発売した。この製品は、主として石油とガスのパイプラインのシナリオで使用され、企業が新たな無人検査モードを構築するのを支援する。その結果、パイプラインに脅威を及ぼす事象の特定率は97%に達する。Shandong Jihua GasのXu Xiaoliang光ファイバー事業部長は「Jihuaは、ファーウェイの光センシング製品を使って、フィールド技術テストを行った。テストでは、レポートの精度が業界の他の製品よりも大幅に向上していることが証明された。この共同プロジェクトを発展させるために、われわれは現場でサンプルの収集・更新を継続し、可能なだけ多くの種類のインシデントのより正確な認識を可能とするより精度の高い認識アルゴリズムを研究して、石油・ガス産業の安全管理でのより効率的な技術を確保する」と語った。

MWC Barcelona 2022は2月28日から3月3日までスペインのバルセロナで開催され、ファーウェイは、Fira Gran Via Hall 1のスタンド1H50で、その製品とソリューションを展示している。詳細はhttps://e.huawei.com/en/events/huawei-enterprise-mwc-2022 を参照。

ソース: Huawei