omniture

Sinopecが中国初のメガトン級炭素回収プロジェクトを完成

SINOPEC
2022-01-31 15:22 906

【北京2022年1月31日PR Newswire=共同通信JBN】

*Qilu-Shengli Oilfield CCUSは炭素排出量を年間100万トン削減へ

China Petroleum & Chemical Corporation(HKG: 0386、「Sinopec」)は1月29日、中国初のメガトン級炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)プロジェクトであるSinopec Qilu-Shengli Oilfield CCUS(「プロジェクト」)の建設を完了した。このプロジェクトにより炭素排出量が年間100万トン削減され、これは約900万本の植樹と大衆車60万台の運行停止に相当する。

Sinopecが中国初のメガトン級炭素回収プロジェクトを完成
Sinopecが中国初のメガトン級炭素回収プロジェクトを完成

同プロジェクトは中国最大の総合産業チェーンCCUS実証基地および業界ベンチマークとして、今後15年間に石油生産を29億6500万トン増加させると推定される。中国が2030年までにカーボンピークに到達し、2060年までにカーボンニュートラルを達成するという「デュアルカーボン」目標に向け前進する中で、CCUSを大規模に開発し、「人工炭素循環」モデルを構築して、中国の炭素排出削減能力を高めることは非常に重要である。

プロジェクトの建設は2021年7月に開始され、Sinopec Qiluの二酸化炭素回収と、Shengli油田の二酸化炭素の置換・貯留の2つの部分で構成されている。Sinopec Qiluによって回収された二酸化炭素は、グリーン輸送モードを介してさらなる置換と貯蔵のためにShengli油田に輸送され、炭素の回収・置換・貯留という統合利用を実現して二酸化炭素を地下に密封し、石油を駆逐、廃棄物を財宝に変える。

Sinopec Qiluは、圧縮ユニット、冷凍ユニット、液化精製ユニット、および精製率99%超の石炭水素化プラントのテールガスから二酸化炭素を回収するためのサポート施設を含む、年間100万トンの処理能力を持つ液体二酸化炭素回収・利用ユニットを新たに建設した。

一方、Shengli油田は、超臨界二酸化炭素と原油との容易な混和性の原則を適用して、Zhenglizhuang油田に10の無人ガス注入ステーションを建設し、近くの73の油井に二酸化炭素を注入して原油の流動性を高め、石油回収を改善する一方で、石油・ガスの閉鎖型パイプライン輸送を採用し二酸化炭素隔離率をさらに高めている。

SinopecはCCUSの研究開発と建設を早期に開始し、独自のCCUS技術システムを開発して、原油回収の改善と炭素排出量の削減に優れた成果を上げた。一部の回収技術は、国内で主導的な地位にあり、世界でも高度なレベルにある。

Sinopecの低分圧二酸化炭素回収技術は、中国の16の省・市の50超ユニットのデバイスに成功裏に適用されており、毎年20万トン以上の二酸化炭素を回収している。同社は複数の重要な技術的問題に取り組んできた。Sinopecは、中国東部とShengli油田で積極的に採掘物現地テストを実施し、二酸化炭素の高圧混和性圧入の開発モードを調査することにより、超低浸透率の貯留層での困難な水注入と油井生産の問題を効果的に解決し、密閉された小さなブロック貯留層の効率的な開発を実行するための革新的な「スループット置換調整」二酸化炭素注入開発モードを提案した。Sinopecはまた、Sinopec Zhongyuan油田に中国初の高水位石油貯留層産業精製所の排気ガス置換・循環利用・貯留基地を建設した。

Sinopecは中国の大規模二酸化炭素排出源の体系的調査に支えられ、CCUSの潜在的評価方法を研究および起草し、Sinopecのソース&シンク・データベースを確立した。これまでに、Sinopecは36の二酸化炭素圧入プロジェクトを実施した。

Sinopecは建設を進め、CCUSの工業化開発を実現することを目指している。SinopecはCCUS R&Dセンターを建設し、CCUSの新エネルギー、水素エネルギー、バイオマスエネルギーとの統合などの最先端の技術革新に注力する。同社は、高価値化学物質の二酸化炭素生産や二酸化炭素の鉱化・利用などの技術利用を前進させ、コア技術を飛躍的に向上させ、炭素の回収、輸送、利用、貯留における装置の障壁を解決する。

Sinopecは、「技術開発・建設プロジェクトの実証と工業化」という二酸化炭素技術革新システムの構築を目標に、クリーンな炭素隔離産業チェーンを拡大し、炭素排出削減技術イノベーションの基盤を構築する。

Sinopecは2021年から2025年の間に、Sinopec Nanjing Chemical Industries Co., Ltd.と提携して同社傘下のSinopec East China 石油・ガス田およびSinopec Jiangsu Oilfieldで新たなメガトン級CCUS実証基地を建設し、中国がカーボンピーク到達とカーボンニュートラル達成を目指す中で、CCUSの工業化された開発を達成してその展望を広げる。

詳細な情報はSinopec (http://www.sinopec.com/listco/en/ )を参照。

ソース: SINOPEC
Related Stocks:
HongKong:0386 NYSE:SNP