omniture

HEADWOLFがD500ポータブル電源装置を発売-アウトドアキャンプのファーストチョイス

HEADWOLF
2022-01-12 11:31 999

【東京2022年1月12日】葛飾区の最近の天気はこのところ晴れが続いている。つまり、区民は家族や友人を誘ってアウトドアキャンプに出掛け、長い間触れることができなかった自然を体験することができる。基本的なキャンプ用具に加え、彼らは最近発売されて豊富なインターフェースを備えるHEADWOLF D500ポータブル電源装置を選んだ。16万2000mAhのバッテリー容量を持ち、PD100Wの急速充電に対応、AC/USB/DC/PDのマルチ出力ポートを装備してさまざまな再充電デバイスに対応する。これら全ての構成は、ユーザーにとって素晴らしいものである。

 

HEADWOLF D500の表面は酸素電極の酸化処理が施され、コーナー部はアーク形状のデザインで、汚れに強くて美しいダークグレー色である。また、オオカミの頭のシルエットを用いたロゴは見栄えが良く、アウトドア探検家の忍耐と勇気を表現している。

D500は4つのLEDランプビーズで構成されたLEDライトを装備し、SOSのフラッシュ機能もサポートしており、アウトドアを旅行するユーザーの生命を救うことができる。取扱説明書によると、D500はデュアルファンの放熱設計で、LIFEPO4バッテリーを使用している。動作温度を大幅に下げることができることに加え、爆発の可能性はゼロであり、個人の安全保護に大きく寄与する。HEADWOLF D500は大型サイズのLCDパネルを採用しており、DC、USB、タイプCマーク、AC正弦波マーク、充電、バッテリーと不具合のインジケーター、高温インジケーター、動作状況などの全ての情報をひと目で見られるので効率的な利用ができる。また、電気毛布、低電力炊飯器、プロジェクターなどの電源も測定し、いずれも非常に大きな効果をあげている。HEADWOLF D500は、全ての種類のデジタル製品を極めて容易に充電できる。本機をテストするため、ニコンのカメラ、DJIのドローン、Macbook、iPhone 12 Pro、iqoo3携帯電話といった全てのデジタル所持品を使って試したところ、いずれも十分に充電できた。D500は最大100WのAC電力出力を供給でき、ほとんどのノート型パソコンのニーズを適切に満たす。人々は通常、外付けモバイルバッテリーを使用してノートパソコンと連携する際に、あえてノートパソコンの明るさを最大にしない。しかし本機は安定した電源を供給できるため、今回テストしたDellとMacbookでは、ユーザーが安心して作業状態を維持できた。HEADWOLF D500があれば、自動車で旅行し、アウトドア活動を展開し、自然を探求することが極めて便利になる。

購入リンクhttps://www.amazon.co.jp/dp/B09NX7WB4Y?ref=myi_title_dp

(日本語リリース:クライアント提供)

ソース: HEADWOLF