omniture

project44が、Thoma Bravo、TPG、ゴールドマン・サックスの主導により22億ドルのプレマネー事業評価を受け、4億2000万ドルの投資を受ける

project44
2022-01-12 01:29 849

*1億ドル以上のARR達成、1000人以上のチームメンバーと1000以上の顧客、年間で10億個以上の荷物追跡、アナリストリポートでの最優秀企業評価 --- project44はサプライチェーン可視化市場を主導

【米国シカゴ2022年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】

大手サプライチェーン可視化プラットフォームのproject44(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=3063818572&u=https%3A%2F%2Fproject44.com%2F&a=project44 )は1月11日、総額4億2000万ドルの投資を受けたことを発表しました。Thoma Bravo、TPG、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(「ゴールドマン・サックス」)が主導し、Emergence Capital、Insight Partners、Chicago Ventures、Generation Investment Management、Sapphire Ventures、Sozo Venturesが参加した投資家連合は22億ドルのプレマネー評価で持分を取得し、Sixth Streetはproject44の戦略的買収プログラムと製品開発活動を支援するために、追加資金の利用を可能にすることを約束しました。2021年5月に調達した2億200万ドルのエクイティとあわせると、project44は物流テック・エンタープライズSaaS企業における資金調達の記録を達成しました。これらの投資により、project44は大手ブランドがサプライチェーン全体で製品の動きを最適化することを助け、大手ブランド企業が顧客に対してより優れた回復力、持続可能性、価値を提供するという同社の使命を加速することができます。

project44が、Thoma Bravo、TPG、ゴールドマン・サックスの主導により22億ドルのプレマネー事業評価を受け、4億2000万ドルの投資を受ける
project44が、Thoma Bravo、TPG、ゴールドマン・サックスの主導により22億ドルのプレマネー事業評価を受け、4億2000万ドルの投資を受ける

project44の創設者兼最高経営責任者(CEO)であるジェット・マッカンドレスは「現在、project44はインフレ圧力やロックダウン、予測不可能な天候や港湾でのボトルネックなど、さまざまなサプライチェーンの課題を企業が解決する支援をしています。過去1年間の当社の成長は、こうしたマクロ経済的な追い風と、当社が顧客に提供できる競争力の高さを物語っています。投資家から当社が今回受ける支援により、われわれはさらなる価値を顧客に提供し、サプライチェーンの将来を推進するグローバルネットワークとしての地位を確固としたものになるよう努力してまいります」と述べました。

サプライチェーン可視化のナンバーワン

project44は2021年を通し、全ての輸送モードにわたり港から玄関までの世界的なカバレッジを持つサプライチェーン可視化のナンバーワン企業としての地位を固めました。現在、同社の年間経常収益(ARR)は1億ドル以上に達し、世界最大の第2世代物流テックになりました。

物流業界の最も影響力のあるアナリストも、project44を競合他社より上位に位置付けています。同社を1位に評価しているのはFreightTech 25(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=1429907296&u=https%3A%2F%2Fwww.project44.com%2Fpress-releases%2Fproject44-named-1-on-2022-freighttech-25-list&a=FreightTech+25 )、Gartner Voice of the Customer(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=2310166534&u=https%3A%2F%2Fwww.project44.com%2Fpress-releases%2Fproject44-named-a-2021-customers-choice-in-gartner-peer-insights-voice-of-the-customer&a=Voice+of+the+Customer )、G2(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=1199188976&u=https%3A%2F%2Fwww.project44.com%2Fpress-releases%2Fproject44-named-a-leader-in-g2s-fall-2021-grid-report-for-supply-chain-visibility-software&a=G2 )で、それぞれがproject44に最高の評価を与えています。さらにChicago Innoは、project44を同市内での就労先のベスト100の1つに選びました。

Thoma Bravoのパートナーであるロバート(Tre)セイル氏は「不足や遅滞、障壁が増えるにつれ、サプライチェーン可視化の重要性がますます高まっています。こうした問題で最も複雑なものさえ解決できるproject44の潜在力には比肩するものがありません。project44は絶えず顧客のニーズを満たすよう進歩してきたことで、世界全体のサプライチェーンに大きな価値を付与する革命的なプラットフォームを開発しています」と述べた。

TPGのパートナーで欧州を拠点とするマルテ・ジャンザリク氏は「project44は素晴らしいスピードで拡大しており、世界的なエンド・ツー・エンドのサプライチェーン可視化プラットフォームのビジョンを、決意をもって実行しています。サプライチェーン可視化は、今日の世界の大きな問題を解決する重要な技術になりました。そしてproject44は世界的な市場リーダーとして台頭してきました。project44が提供するデータの幅広さ、そして荷主、ロジスティクス・プロバイダ、キャリアにとっての利用のしやすさは他に類を見ないものです。project44の次世代プラットフォームと極めて価値のあるネットワークは、今後も驚異的な成長を推進すると信じています」と述べました。

TPGは、テクノロジー業界向けの柔軟な資本ソリューションに重点を置いた投資主体であるTPG Tech Adjacencies(TTAD)を通してproject44に投資しています。

全世界の企業の重要ニーズを満たす

project44はサプライチェーンの結合組織として、14万2732以上のマルチモーダル輸送会社ネットワークとの統合や270万台のトラック接続により、サプライチェーン可視化プロバイダの中で最大のキャリアネットワークを実現しています。project44を利用することで、荷主とロジスティクス・プロバイダはますます複雑化する今日のサプライチェーンで適切に事業展開し、持続可能性を高め、輸送における回復力を構築し、彼らの顧客の進化する需要に対応する支援を受けることができます。project44はAmazon、ベーカーヒューズ、生活協同組合、CNHI、ダノン、Dollar General、フェデックス、General Mills、グッドイヤー、キューネ・アンド・ナーゲル、レノボ、McKesson、モンデリーズ、ネスレ、The Home Depot、ユニリーバといった大手ブランドを含む、全ての業界にわたる1000以上の組織をサポートしています。

記録破りの成長

project44の勢いは、サプライチェーンの可視化分野における差別化と圧倒的な優位性を物語っています。並外れた業績を収めた2021年第3四半期に続き、project44は第4四半期に1270万ドルの年間経常収益(ARR)を新規に計上しました。同社はその間に117の新規顧客を獲得し、ブッキングは前年比で170%増加、顧客は前年比で216%増加しました。

新規顧客の獲得に加え、2021年のネットリテンションは133%で、年率換算のグロスリテンションは96%でした。project44のARRは1億ドル以上に到達し、サブスクリプションの粗利益率は70%で、前年比で3%増です。こうした成功を足掛かりに、project44は2022年に製品とエンジニアリングへの投資をほぼ倍増させ、さらに多くの地域のより多くのモードにわたって向上したリアルタイムの可視化を提供してまいります。

チームのグローバル拡大

project44は国際的な事業展開を継続的に拡大しており、166カ国でサプライチェーン可視化を提供しています。1000人以上のチームメンバーがproject44の17のグローバルオフィスで勤務しています。同社は今後1年間で、中国、欧州、中南米、北米、日本において数百人の新たな人材を採用する計画です。

また、project44は多様性、公平性、包括と文化を担当する初のディレクターとしてイヴァナ・サヴィッチ・グルバイセックを採用しました。project44は、同社が事業を行う地域社会の豊かな多様性を反映するチームメンバーを採用することに尽力しています。

上級管理職の採用

2021年、project44は同社の成長する事業展開を管理するため、5人の経営幹部をチームに迎えました。2月に最高マーケティング責任者としてチャーリー・アンガシックが、そして3月にはグローバル顧客サクセス担当上級副社長としてダイアン・ゴードンが入社しました。11月には最高人材活用責任者としてエリオット・ロジャーズが入社し、相談役としてジェニファー・コインが任命され、最高ブランド責任者としてアンディ・グルジールが復帰しました。こうした経験豊かな幹部が、project44の成長を加速するために独自のインサイトをもたらします。

M&Aによる大きな利益

project44は2021年を通し、補完的ソリューションを提供する市場の有力企業を買収することにより、荷主とロジスティクス・プロバイダへの同社の価値を高めてきました。9月にConveyを買収したことにより、project44は小包、宅配便、玄関先への優待配送、返品に関する可視化などについて、リアルタイムの可視化と例外管理をラストマイル領域まで拡張できるようになりました。3月にOcean Insights(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=1296523951&u=https%3A%2F%2Fwww.project44.com%2Fpress-releases%2Fproject44-acquires-ocean-insights&a=Ocean+Insights )を買収したことで、待望されていた海上貨物への可視化を実現しました。5月にClearMetal(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3406223-1&h=2186749101&u=https%3A%2F%2Fwww.project44.com%2Fpress-releases%2Fproject44-acquires-clearmetal&a=ClearMetal )を買収したことにより、project44はサプライチェーン全体のコストを削減する自動化を備えた人工知能と機械学習のリーダーとして確固とした地位を得ました。

顧客の声

「project44のおかげで、当社は予測が困難な年にお客様への約束を果たすことができました。商品がどこにあるか分かるので、われわれは障害になっていることに対処し、販売業社が確実に在庫を蓄えておくよう先を見越した決定ができます。サプライチェーン可視化は困難な経済状況の中で成長を推進するわれわれの能力、そして忍耐の経験を強化するわれわれの能力を根底から変えるものです」

(AbbVieグローバル配送・物流担当副社長 パット・ケネフィック氏)

「HARIBOはわれわれの愛する製品を時間通りに、当社ブランドが知られている通りの高い品質で届けることに対してコミットメントしています。これは当社の事業を成功に導いた、核となる部分です。当社は分散型の製造構造を備えたグローバル企業であることのメリットを享受しています。完璧に協調的なグローバルサプライチェーンはわれわれに不可欠であり、当社がそれに継続的な投資を行う理由でもあります。当社はリアルタイムの輸送可視化におけるリーダーのproject44を選び、連携しています。そのインサイトはわれわれのサプライチェーンの回復力を向上させ、Hariboの製品を顧客のもとに届ける上でより迅速・スマートな決定を下すことに役立つでしょう」

(HariboのHaribo Logistics Companyグローバル物流責任者兼マネジングディレクター ステファン・ソース氏)

「この2年におよぶ現下の出来事は消費者製品メーカーのサプライチェーンにとって前例のない試練であり、それによって危機を緩和してサプライチェーンの回復力を高めるという極めて重要なニーズが浮き彫りになりました。Project44と提携したことで、Beiersdorfは輸送フローと出荷に関する可視化が向上しました。これにより、当社は将来のいかなるサプライチェーンの中断に対してもより良く対処し、消費者のニーズに対応する助けになると思います」

(Beiersdorf AGのグローバル物流・顧客サービス責任者、アレッサンドロ・ボナンノ氏)

「当社のチームがproject44を導入したのは、輸入と輸出の到着と出発についてグローバルに可視化できるためです。マルチモーダル輸送を追跡する広範なネットワークはわれわれのビジネスに一層の予測可能性をもたらし、顧客とのより良いコミュニケーションに役立っています」

(日本最大の運送会社であるヤマト運輸株式会社の常務執行役員(グローバルSCM事業本部長)恵谷洋氏)

project44について

project44は荷主およびロジスティクス・サービス・プロバイダ向けの世界をリードする先進的な可視化プラットフォームです。顧客数、キャリア数、ARR、リテンション、1日あたりの出荷追跡、成長率、粗利益はトップクラスの実績を持っています。project44は主要な物流プロセスを接続・自動化・可視化して洞察力を高め、その洞察を行動に移すまでの時間を短縮します。project44のクラウドベース・プラットフォームの力を活用することで、組織は業務効率を高め、コストを削減し、出荷実績を改善して顧客に比類のない体験を提供することが可能になります。project44は世界中の数千ものキャリアとつながり、市場のあらゆるELDおよびテレマティク機器に包括的に対応して、空輸、小包、ラストマイル、LTL、Volume LTL、混載輸送、TL、鉄道、インターモーダル、海運など、全ての輸送モードと出荷の種類をサポートしています。project44は2021年、ガートナーのマジック・クアドラントのリアルタイム輸送可視化プロバイダー部門でリーダーに選出されました。より詳しい情報はwww.project44.com をご参照ください。

▽問い合わせ先
project44@nextpr.com

写真 - https://mma.prnasia.com/media2/1724235/project44_Japanese.jpg?p=medium600  
ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/1686509/project_44_Logo.jpg?p=medium600

ソース: project44