omniture

Sinopecのシェールオイル探査の主要な戦略的ブレークスルー:蘇北盆地の有望な3油井で高度のオイルフローを記録、推定埋蔵量は3億5000万トン

SINOPEC
2021-12-17 12:16 1014

【北京2021年12月17日PR Newswire=共同通信JBN】China Petroleum & Chemical Corporation(HKG:0386、「Sinopec」)はシェールオイル探査の新たな1つの戦略的ブレークスルーを報告した。今回、その子会社であるSinopec East China Petroleum Bureauは、蘇北盆地(Subei Basin)の3カ所の試掘井で、高生産量のシェールオイルのフローを記録した。その中で、Qinye 1HF井の試験掘削では日量55トン、師頁(Shuaiye)3-7HF井の試験掘削では日量20トンが生産され、それ以前に配備された沙ドゥオ(Shaduo)1井は392日間の連続生産で累積生産量は1万1000トンに上った。

Sinopecのシェールオイル探査の主な戦略的ブレークスルー:蘇北盆地の有望な3油井で高度のオイルフローを記録、推定埋蔵量は3億5000万トン
Sinopecのシェールオイル探査の主な戦略的ブレークスルー:蘇北盆地の有望な3油井で高度のオイルフローを記録、推定埋蔵量は3億5000万トン

予備的な評価によると、SinopecがQintong sagに面積420平方キロメートル、シェールオイル資源量3億5000万トンの有利地域を構築したことは、この地域の探査と開発に良好な見通しを示しており、中国の蘇北盆地での原油資源戦略の引継ぎを開始する。

蘇北盆地のシェールオイルは、埋蔵深度が3000メートルを超え、圧力が高く、毛髪よりも細い貯蔵空間にあることから開発が難しく、掘削や破砕などの処理技術に大きな課題を呈している。Sinopec East China Petroleum Bureauは、蘇北盆地の実際の探査事実を組み合わせ、大陸シェールオイルの形成条件と濃縮パターンに関する研究を強化することで、シェールオイル探査における今回の画期的な前進を達成した。

Sinopecはシェールオイル探査の取り組みを拡大し、推し進め続けている。2021年1月、Sinopec Exploration Branchは泰頁(Taiye)1井のシェールオイルとガスのテスト生産を実施した。概算見積もりでは、シェールガスの埋蔵量は2000億立方メートル、凝縮液は2億8000万トンだった。

2021年11月、Sinopec勝利油田(Shengli Oilfield)(https://gesweb.prnewswire.com//USES/WebForms/TemporaryFolder/3392207-1-17%20(ID-d9b2c2825fba)_Proof.html )は、東部試掘区(East Exploratory Area)でシェールオイル探査の大きな前進を達成し、現在の予測では、シェールオイルの地質埋蔵量の第1群は4億5800万トンに達した。この地域のシェールオイル資源の当初見積もりは40億トンに上り、中国東部における埋蔵量と生産の拡大にとって新たなフロンティアとなっている。

シェールガスの探査と開発において、Sinopecは中国初の100億立方メートルの主要なシェールガス田(https://en.prnasia.com/releases/apac/sinopec-fuling-shale-gas-field-sets-new-cumulative-production-record-of-40-billion-cubic-meters-335734.shtml )であるフ陵(Fuling)シェールガス田を構築し、累計で400億立方メートルのシェールガスを生産した。現時点で、シェールガス田は1048億8300万立方メートルの新たな埋蔵量が確認されており、累計で9000億立方メートルに達し、中国のシェールガス確認埋蔵量の34%を占めている。

さらに、Sinopecは中国初の深度シェールガス田であるウェイロン(Weirong)シェールガス田を発見し、その第1段階では、2020年に10億立方メートルの生産能力が構築された。

詳しい情報はSinopec(http://www.sinopec.com/listco/en/ )を参照。

ソース:SINOPEC

ソース: SINOPEC
Related Stocks:
HongKong:0386 NYSE:SNP