omniture

ズームライオンが16の新エネルギー製品を発表、グリーン製造を全面的に打ち出し、世界の持続可能な成長を促す

Zoomlion
2021-12-02 12:59 703

【長沙(中国)2021年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】ズームライオン(Zoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.)(「ズームライオン」; 1157.HK)は11月26日、中国・長沙にある麓谷工業園で8つの主要カテゴリーにまたがる16の新エネルギー製品を発表した。

ズームライオンが16の新エネルギー製品を発表、グリーン製造を全面的に打ち出し、世界の持続可能な成長を促す
ズームライオンが16の新エネルギー製品を発表、グリーン製造を全面的に打ち出し、世界の持続可能な成長を促す

ズームライオンの最新の新エネルギー製品群には、幅広い評価を受けている世界初の完全電動トラック・クレーン「ZTC250N-EV」だけでなく、世界初の完全電動ポンプ車、世界初の60mのハイブリッド・ポンプ車、世界最大の118トン・オフロード・完全電動・ワイドボディ・ダンプカー「ZT118EV」など、グランドデビューを果たしたいくつかの世界記録製品も含まれている。この16製品は、クレーン、ポンプ車、ミキサー車、高所作業車(AWP)、緊急用機器、掘削機、採掘機器、重荷重シャーシという、ズームライオンの8つの主要製品カテゴリーにまたがっており、電気のみ、水素燃料電池、ハイブリッドの新エネルギーの組み合わせが採用されている。

同社の新エネルギー機器は、高い性能に加えて、省エネと排ガス削減に大きな優位性がある。例えば、2020年に発売された25トンのトラック・クレーン「ZTC250N-EV」は、最高速度90km/h、航続距離200km以上、登坂能力最大50%を実現する一方、全体のエネルギー消費コストは同クラスのディーゼルモデルのわずか35%にまで削減され、使用時の排ガスはゼロである。

ズームライオンの新エネルギー技術の利用が進んでいることは、市場で広く認められている。ズームライオンは2019年4月、リチウム電池を搭載した新エネルギーAWP製品を真っ先に発売、大量生産を実現した。その後、同社は20を超える新エネルギー製品を発売、複数の市場で広く販売されている。11月26日には、40mのストレートアームの世界初の完全電動AWP「ZT40JE-V」も、ズームライオンの組立ラインを離れた。現在、ズームライオンの新エネルギーAWP製品は、AWPの収益の60%を占めている。

ズームライオンのFu Lingチーフエンジニア兼副社長は「ズームライオンは、環境への影響や人の健康や社会への被害を最小限に抑えながら、製品のライフサイクル全体の『グリーン化』を実現するとともに、最高の資源利用率を確保し、当社の顧客と手を携えて調和のとれた持続可能な発展を実現、最終的に社会と環境に付加価値を生み出すグリーン開発戦略を提案してきた」と語った。

ズームライオンは現在、グリーン設計、グリーン製造、グリーン管理を統合した包括的なグリーン開発戦略を確立、重機産業の排ガス削減と持続可能性を推進している。

ソース:Zoomlion

ソース: Zoomlion
Related Stocks:
HongKong:1157 OTC:ZLIOY