omniture

第130回広州交易会が閉幕、中国メーカーのイノベーション進展に注目

広州交易会
2021-10-28 08:59 743

【広州2021年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】第130回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair、Canton Fair)は10月19日、閉幕した。広州交易会スポークスマンのXu Bing中国対外貿易センター(China Foreign Trade Centre)副所長は「広州交易会、Global Share(グローバルシェア)」を指針に掲げた今回の広州交易会は、世界からのバイヤーに門戸をより広く開け、世界の注目を集めて、ウインウインの発展に寄与したと述べた。

双方向のマルチチャンネル・ニュースリリースの体験はこのウェブサイトから:https://www.multivu.com/players/English/8973351-130th-canton-fair-china/

第130回広州交易会は盛大な開会式を開催した。第1回珠江国際貿易フォーラム(Pearl River International Trade Forum)が成功裏に開催された。10月14日午後の開会式は、珠江国際貿易フォーラムのメインフォーラムともなった。メインフォーラムのテーマは「China's New Development Provides New Opportunities for the World(中国の新たな発展が世界に新たな機会をもたらす)」で、自由貿易の開放と振興への中国のコミットメントを強調した。これはより明るい未来とするために中国が発展の機会を世界と分かち合うしるしである。

オンラインとオフラインの統合で目覚ましい成果が達成された。国内外約2万6000の企業がオンラインで参加して287万点以上の商品をアップロードした。前回に比べて11万3600点の増加である。オンラインプラットフォームには延べ3273万回の訪問があった。出展者は延べ4万3000回のライブストリーミングを行い、35万人以上がオンラインで視聴した。オフライン展示エリアは約40万平方メートルで、7795の出展者が参加した。広州交易会総合施設には延べ60万件の訪問があった。

パンデミックやその他の要素があったにもかかわらず、外国からのバイヤーと買い付け代理店がこれまで通り、積極的に参加した。American Chamber of Commerce in South China(中国南部米国商業会議所)や Korea Trade-Investment Promotion Agency(大韓貿易投資振興公社)など、計18の産業・商業機関が500以上の会員企業を組織してオフライン交易会に参加した。またウォルマート(Walmart)、Staples、Auchanといった18の国際的著名企業もバイヤーを組織して交易会で商品を調達した。228の国と地域からのバイヤーがオンライン参加を登録し、広州交易会の多様性とグローバリゼーションのレベルを一段と拡大した。

Xu Bing氏は「第130回広州交易会はより多くのビジネスモデルと機能を伴って円滑に運営された。安全で秩序よく、高効率な手法を強調しながら革新的な交易会を提供するという目標達成任務を成功裏に完了し、質の高い国際貿易の発展と世界経済の回復の促進に貢献した」と付け加えた。

ソース: 広州交易会