omniture

スロベニア 2021年のミシュラン星を発表

Slovenian Tourist Board
2021-09-27 21:13 656

スロベニア、リュブリャナ、2021年9月27日/PRNewswire/ -- 名高いレストランガイドが、精選したレストランを掲載した2021年度の最新版を公開しました。 ミシュランガイドの調査員は、2度目の審査で、2つ星をレストラン1店に、1つ星をスロベニアのレストラン6店に授与しました。 レストラン「Gostišče Grič」がミシュランの星付きレストランのリストに加わりました。 ビブグルマンのカテゴリーには7店のレストランが含まれ、39店のレストランがミシュランプレートを獲得しました。 スロベニアのガストロノミーは、サステナブルのカテゴリーでも評価され、6店のレストランがミシュラン・グリーンスターを獲得しました。 ミシュランガイド・スロベニアの第2版には、合計53のレストランが掲載されています。

今回の受賞は、スロベニアのガストロノミーが、高いクオリティを提供し、困難な時代に高い評判を維持するためのさらなる努力を裏付けるものであり、2021年のミシュランガイドは、スロベニアの観光促進において重要な栄誉となるでしょう。

有名な星、「スロベニアグリーンキュイジーヌ」ラベル、そして2021年の欧州ガストロノミー地域の称号で飾られたスロベニアは、食にまつわる非常に多様な体験ができ、環境に優しく、活動的で、安心安全な旅先として国内外の旅行客が頻繁に訪れてもらうことを期待しています。今回のミシュラン星によりその知名度をさらに高めることになるでしょう。 

理学修士そしてスロベニア観光局長であるマヤ・パック氏は次のようにコメントしました。 「今年もスロベニアにいただいた星がガストロノミーの世界地図の上で輝いていることを誇りに思いますし、世界は私たちのシェフの高いクオリティ、サステナブル、独創性、クリエイティブ、先進性へのコミットメントを認めました。 ホスピタリティ業界は厳しい時代に直面していますが、だからこそ、楽観主義を貫き、新たなストーリーを生み出す今年のスターは、より重要な意味を持つのです。」

スロベニアは、ヨーロッパの中でも最もホットな新しい食の旅行先として評判を確立しています。 この国の多様な影響力は、ガーデン・トゥ・テーブルの哲学、最近追加された「グリーンキュイジーヌ」認証プログラム、ミシュランの星付きレストランの増加などと相まって、スロベニアを世界の食の舞台に欠かせない存在にしています。

ヨーロッパの中心に位置するスロベニアの料理シーンは特別なものです。 アルプス、地中海、カルスト、パノニアという地理的に大きく異なる4つの地域が組み合わさることで、国中で豊かで多様な料理が提供されています。 シェフと地元の生産者との関係は特に強く、この哲学に沿って、地元の食材を手に入れることができるという独自の利点を活用するよう、シェフやレストランの経営者に絶えず奨励しています。

スロベニアのミシュラン星についてはこちらをご覧ください。プレスリリース

 

 

ソース: Slovenian Tourist Board