omniture

GWMが新型クーペSUVのHAVAL H6Sを初披露し、多くの優れた特徴を紹介

GWM
2021-09-16 14:57 740

【保定(中国)2021年9月16日PR Newswire=共同通信JBN】GWM(長城汽車)は2021年8月27日、HAVAL H6の10周年を祝う世界的な式典の場で、素晴らしい新車種のHAVAL H6Sを初めて発表した。その2日後、HAVAL H6Sは成都モーターショーでもデビューした。

HAVAL H6Sが第24回成都モーターショーに再び登場
HAVAL H6Sが第24回成都モーターショーに再び登場

長期にわたる中国最高のベストセラーSUVであるHAVAL H6の進化バージョンとして、HAVAL H6Sの性能は大きな注目を集めた。GWMは顧客の新たなニーズを重視し、L.E.M.O.N.プラットフォームとCoffee Intelligenceプラットフォームをベースに、HAVAL H6シリーズで初のクーペSUVを開発した。

過去10年のHAVAL H6の技術的蓄積、そしてGWMの「顧客中心」の哲学に基づいたHAVAL H6SはインテリアとエクステリアのデザインでGWMのイノベーションを継承しただけでなく、スマートコックピット、パワー性能、制御システムにもアップグレードが施された。

HAVAL H6SはCoffee IntelligentのコックピットシステムGC-OSを搭載している。高級車取り付けチップのスーパーコンピューティングの力により人工知能(AI)、インタラクションとエコシステムで画期的な全方向性を実現し、ユーザーにオールシナリオに対応するインテリジェントドライビングの新体験をもたらす。同時に、パワー性能の面では2.0TガソリンエンジンとL.E.M.O.N. DHTシステムを選べるようになっている。L.E.M.O.N. DHTシステムでHAVAL H6Sは最高出力179kW、最大トルク530N·mを発生し、時速100キロまで7.5秒で加速、4.9Lの総合燃料消費という優れた性能を達成している。これにより、HAVALブランドはハイブリッドパワーの新時代に入ることになった。

制御システムの面では、HAVAL H6Sはレース場、スポーツ、エコノミカル、雪、砂、オフロード、スタンダードの7つの運転モードを備えている。これにより、高級車としてのコントロールと運転する楽しみが増し、異なる運転の習慣や状況下におけるユーザーのニーズを満たすことができる。

それに加え、HAVAL H6Sにはインテリアとエクステリアの両方のデザインで数多くの優れた特徴がある。そのインテリアはブラック基調で、炭素繊維の装飾パネルと明るいイエローのスティッチ、大型サスペンデッドスクリーン、パドルシフト付きの多機能ハンドル、シフトノブなどで構成されており、テクノロジーと動きを十分に感じることができる。こうした設計により、ユーザーの多岐にわたるニーズに応えることが可能になっている。エクステリアデザインについて、HAVAL H6Sはブラックシャークの美というデザインコンセプトを採用した。このデザインはサメの胸ビレ型フロントフェースとサメの目のような自動LEDヘッドライトを備え、サメのように強い視覚効果を生み出している。ファストバック型の車体とサスペンデッドリアウイング・デザインのリアエンドも、このSUVを若々しくスポーティーに見せている。

将来的にHAVAL H6Sは世界のさまざまな市場で発売されると予想されている。国際市場でのHAVALの製品ラインアップを増やし、世界のユーザーに向けて並外れた高強度性、インテリジェンス、新エネルギーを備えた製品で、高品質かつ多様なテクノロジーによる旅行体験を提供していく。

ソース: GWM