omniture

CGTN:中国と英国、気候変動と生物多様性に関する協力を強化

CGTN
2021-09-10 14:39 802

【北京2021年9月10日PR Newswire=共同通信JBN】中国と英国は、地球規模の気候変動への取り組みにおいて対話と協力を強化し、来たる国連(UN)気候変動枠組条約締約国会議および世界生物多様性サミットで前向きな成果を達成する意欲を表明した。

中国と英国は気候変動への取り組みで良好な協力関係を維持してきた
中国と英国は気候変動への取り組みで良好な協力関係を維持してきた

韓正(Han Zheng)中国国務院副総理と2021年国連気候変動会議(COP26)のアロック・シャーマ(Alok Sharma)議長は、7日のビデオ会議の中で約束した。

COP26は11月にスコットランドのグラスゴーで開催され、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)は、2021年10月にオンラインで、2022年10月にオフラインで中国南部の昆明市で開催される。

韓氏は、気候変動に取り組むためには世界的な連帯と協力が必要であると強調した。

韓氏はCOP26への期待を表明し、気候変動会議が多国間主義を堅持し、多国間ルールを尊重し、行動を促進するための強力な政治的シグナルを送ることを期待する。同氏はまた、COP26の代表団が積極的に気候目標を具体的な政策と行動に転換し、パリ協定の取り決めを守るための交渉を完了させることを期待している。

韓氏は、気候変動への取り組みにおいて両国は良好な協力関係を維持し、カーボンニュートラルを達成するためにより強力な炭素排出削減目標を設定したと述べ、また、双方がその利点を活用し、気候変動に関連する対話を強化するよう呼び掛けた。

韓氏は、COP15の議長国である中国は、英国と協力し2つの会議の成功を促進する用意があると述べた。

シャーマ氏は、気候変動への取り組みにおける中国の努力を称賛し、英国は、気候金融、エネルギーおよび炭素取引などの分野で交流と協力を拡大することを期待しており、COP26とCOP15で前向きな結果を達成するために中国との対話と調整を強化する用意があると述べた。

ソース:CGTN

ソース: CGTN
Related Links: