omniture

Xinhua Silk Road:中国の国際サービス貿易交易会が世界経済に希望と自信をもたらす

Xinhua Silk Road
2021-09-08 10:53 3284

【北京2021年9月8日PR Newswire=共同通信JBN】開催中の2021年中国国際サービス貿易交易会(2021 China International Fair for Trade in Services、CIFTIS)(https://en.imsilkroad.com/trade/index.html )は、より高いレベルで開放を進める中国の決意と行動を浮き彫りにし、世界経済に希望と自信をもたらした。

2021年8月31日、中国の首都北京にある中国国家会議センターで開催の中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)の会場を訪れる報道陣。Xinhua / LuPeng氏撮影
2021年8月31日、中国の首都北京にある中国国家会議センターで開催の中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)の会場を訪れる報道陣。Xinhua / LuPeng氏撮影

中国は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(https://en.imsilkroad.com/z/200318-1/index.shtml )のパンデミックの中、今年予定通りに交易会を開催することで、開放を拡大し、成長機会を国際社会と共有するという同国の姿勢を明確に示した。

9月2日から7日までオンラインとオフラインで開催された今年の交易会は「Towards Digital Future and Service Driven Development(デジタルの未来とサービス主導の発展に向けて)」をテーマに、全面的な開放と協力を特徴とし、グローバル市場のプレーヤーが最新のサービスを紹介するための重要なプラットフォームを提供した。

交易会はその領域を拡大し、昨年より5カ国多い153の国と地域から1万社を超す企業を引き付け、より多くのフォーチュン500企業が参加した。

実際、その集客効果は、中国の巨大な市場とビジネス環境の改善によるものである。中国はこれまでの7年間、サービス貿易で世界第2位の国であり、約240の国および地域とサービス貿易関係を築いている。

中国は、外国投資のネガティブリスト(https://en.imsilkroad.com/p/323587.html )を4年連続で縮小し、さらに22のサービス分野で開放を約束するなど、サービス部門の開放を深化させるためのさまざまな措置を講じてきた。

中国は、クロスボーダーサービス取引のネガティブリストを全国的に実施し、デジタル貿易試験区を実証区にアップグレードし、New Third Board(新三板、店頭株式市場)(National Equities Exchange and Quotations(全国中小企業株式譲渡システム))の改革を促進し、Beijing Stock Exchange(北京証券取引所)を設立することにより、より高いレベルの開放を進める。

中国は平和、開発、互恵協力を「黄金の鍵」として活用し、他国と協力してサービス貿易と世界経済を押し上げる。

原文へのリンク:https://en.imsilkroad.com/p/323656.html 

ソース: Xinhua Silk Road