omniture

スロベニアのブレッド戦略フォーラムの観光パネルディスカッションで、欧州ツーリズムにおける重要課題を指摘

Slovenian Tourist Board
2021-09-06 18:10 692

スロベニア、ブレッド, 2021年9月6日 /PRNewswire/ -- ブレッド戦略フォーラムは、中央・東南ヨーロッパにおける主要な国際会議へと進化している。16回目となる今回は、831日から92日まで、ハイブリッド型で開催された。92日に行われた観光パネルディスカッションでは、スロベニアの専門家や、EC(ヨーロッパ共同体)、UNWTO(国連世界観光機関)、WTTC(世界旅行ツーリズム協議会)、OECD(経済協力開発機構)、ETC(ヨーロッパ旅行委員会)、HOTREC(ヨーロッパ連合およびヨーロッパ経済地域のホテル、レストラン、カフェおよび同様の施設の全国協会の連合)、ECM(ヨーロッパ共同市場)などの著名な機関が集まり、(ヨーロッパ)ツーリズム産業の将来について議論を交わした。

ズドラヴコ・ポチバルシェク経済発展技術省大臣、欧州委員会および域内市場・産業・起業・小規模企業総局のケルスティン・ヨルナ局長、スロベニア政府観光局のマヤ・パク局長、UNWTOヨーロッパ地域局長のアレッサンドラ・プリアンテ教授、ポルトガル政府観光局局長およびETC会長を兼任するルイス・アラウージョ氏によって、国際的に著名なスロベニアの専門家、ゲスト、パネリスト、スロベニアのツーリズム業界の代表者らが招集された。国際的に著名なスロベニアの専門家、ゲスト、パネリスト、スロベニアのツーリズム業界の代表者らが招集された。

パンデミックはツーリズム産業に多くの問題を投げかけていますが、その中でも最も差し迫った問題は、生き残りと回復、そしてツーリズム産業をより持続可能で回復力のあるものに変えていくことである。困難な状況にもかかわらず、ツーリズム分野における主導的な国際機関からは楽観的な見通しが多く見受けられる。今年の観光パネルディスカッションでは、「ヨーロッパのツーリズム産業の未来はどうなるか」という問題について討論した。

パネリストたちは、パンデミックがツーリズム産業に大きな影響を与え、多くの課題とチャンスをもたらしたことに同意した。今こそ、過去50年間に拡大してきたツーリズム産業の欠点に対処し、より環境に優しく、デジタルで包括的な産業へと変革する時である。パネルディスカッションで確認された主な結論は以下の通り:

  1. 消費者の信頼(旅行に対する容認)の回復が必要である。
  2. 旅行制限、新型コロナウイルス検査、検疫ルールに関する加盟国間のコミュニケーションおよび調整と、旅行・観光に関するプロトコル(手順・基準)の改善が必要である。
  3. 持続可能なトランジションへのロードマップが必要である。
  4. 新しいパフォーマンス指標が必要である。
  5. ツーリズム産業のデジタルトランスフォーメーションの支援・促進が必要である。
  6. ツーリズム産業の持続可能性とデジタル化への投資とEUの資金配分が必要である。
  7. EUレベルでのツーリズム産業の役割の再考が必要である。
  8. グリーン、インクルーシブ、デジタルへのツーリズム産業の移行プロセスを積極的に促進する役割におけるDMOの移行の支援が必要である。

各パネリストのコメントはこちらからご覧いただけます。 

 

ソース: Slovenian Tourist Board