omniture

彭麗媛氏が女性の教育と貧困削減で協力を呼びかけ

CCTV+
2021-07-23 15:56 2865

【北京2021年7月23日PR Newswire=共同通信JBN】

CCTV+の報道より:

中国の習近平(Xi Jinping)国家主席の夫人である彭麗媛(Peng Liyuan)氏は20日、女性の教育と貧困削減の協力を深める協調的かつ持続的な取り組みを呼び掛けた。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の少女・女性教育促進特使を務める彭氏は、中華全国婦女連合会と上海協力機構(SCO)の関連機関が共催した女性の教育と貧困削減に関するフォーラムでのビデオリンクを通じたあいさつでこの発言した。

彭氏は、貧困を撲滅し幸せを享受することは女性に共通の理想であり、教育によって女性が貧困から抜け出す力を得ることに言及し、中国は貧困に対する闘いに全面的に勝利し、中国の数億の女性たちが貧困から脱却したと語った。

彭氏は、中国は女性が教育を受ける権利を公平に享受することを確かなものとし、貧困に対する闘いにおいて彼女たちが受益者、参加者、貢献者になるように一連の措置を講じてきた、と述べた。

女性の手工芸という特産産業を開発する貴州省の地元政府の政策と、貧困に苦しむ山村地域の少女が大学進学の夢を実現するよう手助けする校長Zhang Guimei氏に、同氏は言及した。

彭氏は、教育における男女格差は著しく、世界で4億3500万人の女性が現在も貧困の中で暮らしており、貧困緩和の取り組みはCOVID-19がもたらした新たな試練に直面していると指摘した。

彭氏は、SCOの創設以来20年間にわたる発展の推進における女性の役割を称え、手を組み、持続的に女性の教育と貧困削減の協力を深めるよう呼び掛け、これは教育を通じて女性の希望の道を明るく照らし、女性に人生を豊かにする一層の機会をもたらすだろうと付け加えた。

ソース:CCTV+

ソース: CCTV+