omniture

AdyenがPlanetを立ち上げ、チェックアウト時の気候変動対策を可能に

Adyen
2021-05-11 19:28 631

【アムステルダム2021年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】世界の多くの大手企業に最適の決済プラットフォームであるADYEN(AMS: ADYEN)は11日、同社のImpact製品スイートへの最新の追加であるPlanetの立ち上げを発表した(注1)。Planetを使用すると、Adyenの加盟店は、チェックアウトプロセスの最後に買い物客に、購入の二酸化炭素排出量を相殺する機会を提供することができる。このオプション機能は、加盟店に追加費用なしで実装することができ、気候変動対策プロジェクト(森林再生や再生可能エネルギーなど)を直接サポートする。Planetは、加盟店にとって統合が容易であり、二酸化炭素排出量のバランスを取るオプションがチェックアウト後に発生するため、決済プロセスに追加的摩擦を引き起こさない。

計算された購入あたりの排出量のデータ品質を確保するため、AdyenはSouth Poleと提携し、独自の温室効果ガス排出量(注2)計算機を構築した。気候変動対策プロジェクトの選択において、South Poleとの提携は引き続き重要な役割を果たし続け、環境にプラスの影響を与える上で10年以上の経験に値するものを提供する。

Planetを活性化した最初の加盟店の1つは、健康に基づく使命を持ったオンライン・スーパーマーケットチェーンのKazidomiである。

Kazidomiの技術部門責任者、Olivier Vangest氏は「当社は持続可能な消費主義の最前線にあるため、持続可能性への前向きなアプローチを維持する企業と提携することを選択している。Planetを統合している時にしたように、共有された信念を革新することは、われわれがどのように働きたいかを示している。Adyenの単一プラットフォームを介して買い物客にすでに提供していた摩擦のない決済体験にPlanetを加えることができたことをうれしく思う」と語った。

AdyenのIngo Uytdehaage最高財務責任者(CFO)は「当社の環境フットプリントに責任を持つことは、今日の社会で活動するための当社のライセンスの一部である。当社はこれをさらに推進するために、Planetを構築した。これは、当社のテクノロジーを活用して、加盟店が環境の持続可能性プロジェクトをサポートすることを支援する機能である。加盟店と力を合わせることで、大規模な環境へのプラスの影響を生み出すことができる」と語った。 

▽Adyenについて

Adyen(AMS: ADYEN)は世界の多くの大手企業に最適の決済プラットフォームであり、Visa、Mastercard、および世界の消費者に好まれている決済手段に直接つながる最新のエンドツーエンドのインフラストラクチャーを提供している。Adyenはオンライン、モバイル、店舗の各チャネルで円滑な決済を実現する。世界各地にオフィスを持つAdyenはFacebook、Uber、Spotify、Casper、Bonobos、ロレアルなどの顧客にサービスを提供している。新製品および新機能は、同社のWebサイトのプレスリリースおよび製品アップデートを通じて発表されている。

Adyenの社会的責任に関する詳細な情報はhere を参照。

▽Kazidomiについて

Kazidomiは、ヘルシーでナチュラルな製品のeショップだけではなく、革新的な方法でより持続可能な消費パターンへの移行を加速することで違いを生み出したいと考えている企業である。Kazidomiの約束は何か?メンバーシップシステムにより、公正な価格であなたの健康と地球に良い製品の啓発された選択である。Kazidomiメンバーは、健康専門家の委員会と協力して慎重に選ばれた3500を超える参照資料の独占割引の恩恵を受けている。Kazidomiはこのカタログで、すべての人の価値観と消費習慣に適合した100%クリーンで革新的な製品を見つけるよう努めている。認定されたB-Corpは、2019年以来、社会、環境、透明性、ガバナンスの要件が最も高いラベルであり、Kazidomiは「善の力としての事業」を使用できることを確認しており、そこに止まるつもりはない。「これが、KazidomiがAdyenと提携し、顧客に注文の(際の)二酸化炭素排出量を相殺するよう提供することを決定した理由である」 

Kazidomiの社会的責任に関する詳細な情報はhere を参照。

▽South Poleについて

South Poleは、気候変動に対処するために民間部門の気候変動に関する行動が不可欠であると認識している。South Poleはこの可能性を活用するために、大企業と協力して環境フットプリントを削減すると同時に、気候変動対策プロジェクトの直接開発を通じて大気からのCO2の除去に具体的な影響を与えることに重点を置いている。2006年に設立されたSouth Poleは、現在、世界中の18のオフィスに約500人のスタッフを擁し、これまでに1億トンを超えるCO2eの除去、削減、ないし回避を担当する約1000のプロジェクトを開発してきた。South Poleは1000を超える企業や組織と気候変動の旅に取り組んできた。 

(注1)www.adyen.com/social-responsibility/impact 

(注2)製品の特徴は、二酸化炭素換算トン(tCO2e)で温室効果ガス排出量-国連気候変動枠組条約によって京都議定書で定義された6つの温室効果ガス-を測定することである。これらの6つのガスは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、ペルフルオロカーボン(PFC)、および六フッ化硫黄(SF6)である。

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1490851/Logo__Adyen_green_RGB_Logo.jpg?p=medium600

ソース: Adyen
Related Links: