omniture

カナダ造幣局が2020年の利益と業績を発表

Royal Canadian Mint (RCM)
2021-05-04 01:17 1174

【オタワ(カナダ・オンタリオ州)2021年5月4日PRNewswire =共同通信JBN】カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)は、同局の活動とその事業にかかわる市場、今後12カ月の展望への洞察を盛り込んだ2020年決算を発表した。

 

Royal Canadian Mint (RCM)
Royal Canadian Mint (RCM)

カナダ造幣局のMarie Lemay社長兼最高経営責任者(CEO)は「2020年に造幣局職員は厳しい事業環境で変革力を発揮し、優れた製品を生み出した。彼らの勤勉な仕事が造幣局の成功に貢献した。職員は創造的破壊の面で迅速に対応し、造幣局の堅調な利益の計上につながった」と語った。

「造幣局は引き続き、職員の健康と安全を優先する前向きな方法でコロナ禍の未曽有の状況に対処する。作業環境の安全を確保する厳格な新方式を順守しつつ、鉱業と金融というエッセンシャルセクターを支援するのに不可欠なサービスを提供できるよう生産を適合させている」と指摘した。

さらに「2020年の特別イニシアチブの一つは、Breakfast Club of Canada(カナダ朝食クラブ)のCOVID-19 Emergency Fund(コロナ禍緊急基金)の資金集めをしつつ、第一線従事者を感謝するためにつくったRecognition Medalだった。職員はこのプロジェクトに時間を割き、カナダの数千人の善意と貢献のおかげで、造幣局は2020年にBreakfast Clubへ40万ドルの寄付ができた」と付け加えた。

決算はwww.mint.ca で入手できる造幣局の年次報告書と合わせて読み解くことを勧める。すべての金額は、指定のない限りカナダドル建てで表記されている。

▽財務および事業ハイライト

  • 造幣局は世界市場の地金に対する非常に強い需要の結果、2020年に売上高を74%増やし、所得税などを除外した連結利益は2750万ドルになった(2019年は4330万ドル)。2020年は金地金の販売増が売上高を伸ばし、それに応じて販売コストを押し上げたが、その他の事業の減収と、それに伴うコスト減がなかったことで、2020年の利益率は落ち込んだ。特にパンデミックの結果としての操業停止や操業変更の期間中でも従業員への給与を支払い、固定コストを引き下げなかったため、造幣局の利益率は約600万ドル打撃を受けた。
  • 2020年の連結売上高は25億2760万ドルに増加した(2019年14億5340万ドル)。
    • 金地金の量は前年比100%以上増加して98万2800オンス(2019年48万3000オンス)で、銀地金は2950万オンス(2019年2280万オンス)。
    • 2020年の貨幣類の販売は、主にコロナ禍による一時的な生産停止のため9190万ドルに減少した(2019年1億1680万ドル)。
    • 海外流通事業の売上高は2%減少の6420万ドル(2019年6540万ドル)だった。2020年のコインとブランクの生産と(もしくは)出荷は8億3800万枚で。2019年のコインとブランクは13億0800万枚だった。
    • 2020年のカナダ財務省在庫向けの流通コインの生産と販売は2億2900万枚(2019年3億8500万枚)。金融機関の需要に応じて販売したコインは前年比で8%減少した。
  • 全体としての事業経費は前年比4%増の9850万ドル(2019年9450万ドル)。2020年に造幣局は組織的回復力を強め、長期戦略ビジョンの改定と将来の事業転換戦略の策定に力を入れた。
  • 現金と現金等価物は6730万ドルに増えた(2019年12月31日時点6550万ドル)。2020年には株主であるカナダ政府に2000万ドルの配当を宣言して支払った。現金と現金等価物は造幣局の営業を支える水準を維持している。

▽連結決算と財務業績
(単位は100万カナダドル。2020年と2019年のそれぞれ12月31日までの1年)

 




Year ended


December 31,
2020

December 31,
2019


Change

%
Change

Revenue

$

2,527.6

$

1,453.4

$

1,074.2

74

Profit before income tax and other items1

$

27.5

$

42.3

$

(14.8)

(35)

Profit before income tax and other items margin


1.1%


2.9%




Profit for the period

$

37.7

$

34.8




(1)   A reconciliation from profit for the period to profit before income tax and other items is included on page 35 of the Mint's 2020 annual report.




As at


December 31,

2020

December 31,

 2019

$

Change

%

Change

Cash and cash equivalents

$

67.3

$

65.5

$

1.8

3

Inventories

$

57.6

$

94.9

$

(37.3)

(39)

Capital assets

$

161.1

$

173.9

$

(12.8)

(7)

Total assets

$

379.4

$

429.9

$

(50.5)

(12)

Working capital

$

112.9

$

102.5

$

10.4

10
















造幣局は事業継続計画の中で、業務存続を支える国際サプライチェーンと物流ネットワークを克明に注視していく。最善の努力を続けるが、コロナ禍は2021年の業績に引き続き影響を及ぼすと予想している。

2020年の造幣局年次報告書の詳細はwww.mint.ca を参照。

▽カナダ造幣局について

カナダ造幣局(Royal Canadian Mint)はカナダで流通するコインの鋳造、流通に責任を持つ国営企業である。造幣局は世界最大で最も多様な造幣局の1つであり、幅広い特殊な高品質コイン鋳造商品とそれに関連するサービスを国際規模で提供している。造幣局とその商品、サービスの詳細はwww.mint.ca を参照。また、Twitter(Twitter )、Facebook(Facebook )、Instagram(Instagram )で造幣局のフォローを。

▽問い合わせ先
Alex Reeves
Senior Manager 
Public Affairs 
Tel: +1-(613) 884-6370 
reeves@mint.ca

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1500959/royal_canadian_mint_royal_canadian_mint_reports_profits_and_perf.jpg?p=medium600

ソース: Royal Canadian Mint (RCM)
Related Stocks:
Toronto:MNT
Related Links:
キーワード: 銀行/金融サービス