omniture

Shanghai Electricが2020年企業の社会的責任リポートをリリース

Shanghai Electric
2021-05-03 14:14 756

【上海2021年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする発電・産業設備のメーカー兼サプライヤーであるShanghai Electric(SEHK: 02727, SSE: 601727)はこのほど、2020年企業の社会的責任(CSR)リポート(以下、「同リポート」)をリリースした。Shanghai Electricの第12回CSRリポート兼第5回ESG(環境・社会・企業統治)リポートである同リポートは、Shanghai Electricの本社、内部組織、支店、完全子会社、持ち株会社から開示されたデータの詳細である。

このリポートは、MSCI Environmental, Social, and Corporate Governance(ESG格付けとHang Seng Corporate Sustainability Indexに焦点を当て、企業統治と製品パフォーマンスに対する同グループのコミットメントを示している。これは、スマートエネルギー、インテリジェント製造、インテリジェント都市におけるこれまでのShanghai Electricの卓越したパフォーマンスと、革新的なインテリジェントテクノロジーを使用していくつかの主要事業分野を変革する道筋を強調している。リポートはまた、COVID-19との闘いにおいてShanghai Electricが行った主要な取り組みを概説している。

Shanghai Electric GroupのZheng Jianhua取締役会会長兼最高経営責任者(CEO)は「2020年は、特にパンデミックの甚大な影響に照らして、発展への複雑な展望を提示した。Shanghai Electricはこの困難な環境に直面し、グリーンでスマートな相互接続された包括的ソリューションを支持するという当社の使命に引き続きコミットしている。当社は世界をリードする発電機器メーカーの1つとして、株主、顧客、パートナー、従業員、環境、そしてより広範なコミュニティーに対する責任を果たすための新しい方法を模索し続けている」と語った。

▽企業統治:持続可能性をShanghai Electricの長期戦略目標に統合する包括的ESGガバナンスシステム

Shanghai Electricは、持続可能な開発が同グループの戦略的レイアウトに組み込まれることを保証するため、特別なESGガバナンス構造を確立した。このトップダウン構造は、取締役会、ESG専門家委員会を含むESG管理委員会、および取締役会と3つのサブグループを含むESGタスクフォースで構成されている。

▽製品開発:インテリジェンスとイノベーションを一体化

Shanghai Electricは、機器製造業界における優位性を利用して、スマート機器、産業用インターネット、インテリジェントサプライチェーンで構成される「産業用トライアングルエコシステム」の構築に努めてきた。社内では、同社はデジタルトランスフォーメーションを活用し、インテリジェント製造、スマートエネルギー、インテリジェント輸送の開発をサポートしている。一方、同社の外部のエンパワーメントプログラムは、包括的かつ多次元のスマートシティー開発をサポートしている。

Shanghai Electricはイノベーションの面では、ハイテク工業化と戦略的新興産業に焦点を移した。同社は引き続き主要分野の技術研究と製品開発を支援し、新しい産業と技術を積極的に探求・育成した。報告期間中、Shanghai Electricは研究開発に47億5000万人民元を確約した。これは、前年比8.55%増で、年間総営業利益の3.47%を占めた。

▽環境への責任:エネルギーの節約、効率の向上、排出量の削減

Shanghai Electricは長年にわたり、環境保全は持続可能な開発にとり極めて重要であるという信念を堅持しており、同社は産業チェーン内のすべてのリンクに環境への配慮を盛り込んでいる。リポートは、Shanghai Electricがグリーン管理、省エネ、効率向上、排出削減のための環境に優しい運用モデルを継続的に模索していることを示している。

同社は、Shanghai Electric Golmud Meiman Minhang 32MW/64MWhエネルギー貯蔵ステーション、毎年20万トン以上の標準石炭を節約する世界初の1000MW超々臨界圧蒸気タービン、広東華夏陽西発電所フェーズ2プロジェクトの5号機と6号機(2×1240MW)-5号機の熱消費量は過小評価された稼働条件ですでに1.65%削減されている-など高効率の省エネプロジェクト開発を積極的に推進してきた。

Shanghai Electricはまた、107社の汚染物質排出許可の申請と登録を完了し、これらの許可を活用してコンプライアンスを強化し、政府部門と提携して6社のグリーン生産監査を実施した。同グループは2020年、86の生産企業、6つの工場、5つの区画で徹底的な排出量調査を実施し、そこから改善のための多くの機会とガイドラインが提案された。

▽社会的責任:COVID-19パンデミック期間中に支援を提供

パンデミックの結果として、Shanghai Electricの内外ともに多くの重大案件が表面化し、COVID-19との戦いで自らの役割を果たすという会社の決意を強化した。

Shanghai Electricが最近、Thar Coal Block-1 2x660MW Power Plant Project(タール石炭Block-1 2x660MW発電所プロジェクト)を完了したパキスタンでは、Thar Coal Block-1 Power Generation Companyが同グループを代表してパキスタン軍に物資を寄付した。同社はまた、プロジェクトの現場に600万ルピーを寄付し、進行を加速するためにパキスタンに追加スタッフを派遣した。

Shanghai Electricはまた、パンデミックとの闘いを支援するため、自発的に社内の党員と団体を動員し、880万人民元を寄付した。さらに、同社は全国に300台以上のマスクマシンを出荷し、自動マスク生産ラインの開発を加速した。うち621台以上が全国に送られ、10万以上のマスクと個人用保護具を海外のパートナーに寄付した。 

ソース:Shanghai Electric

ソース: Shanghai Electric